外壁塗装の色見本、失敗しない「見方のコツ」3つのポイント外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の色見本、失敗しない「見方のコツ」3つのポイント2015/10/05

色見本 外壁せっかく家を購入して外壁塗装を行っても、「思っていた色イメージとは違う」「こんな色になるとは思わなかった」「後悔するかもしれない」と不安に感じる方も多いでしょう。

 

このような失敗をしないためには、外壁塗装を行う前に閲覧する色見本に注意しないといけません。

 

色見本の見方を3つのポイントでわかりやすく解説しました。

 

まずは使用したい色が暖色系なのか、寒色系なのかを確認してみましょう。

 

その1:色の寒暖を知りましょう!

色の寒暖暖色系というのは赤系や黄色系の色で、寒色系というのは青系の色を指します。

 

暖色系の特徴は、建物全体が大きめに見えることで、寒色系の特徴は、逆に建物全体が小さめに見えるという事を抑えておきましょう。

 

これだけ知っておくだけでも、ある程度外壁塗装を選ぶときに失敗を防ぐことができるのですが、人によっては大きく見えた方がよい場合もあれば、小さく見えた方がよい場合もあるので、その人の感性によっても選び方は異なります。

 

その2:サンプルの色と実際の色が異なる

色見本の見方のコツサンプルではよさそうに見えた色でも、実際に外壁塗装を行ってみたらあまりよい色ではなかったと後悔することもあるでしょう。

 

実は外壁塗装選びで最も多い事例が、サンプルの色と実際の色が異なっているという点なのです。

 

業者が色を間違えているのかと感じる人もいるでしょうが、大半の業者は色の間違いなど行わず、依頼者の指示通りの色を使用しています。

 

では、なぜこのような色の違いが発生してしまうのかというと、実は全く同じ色を使用したとしても、使用する色の面積によって見え方が変わってしまうのです。

 

通常色を選ぶときには、小さな色のサンプルを使用して選ぶので、面積にはかなり大きな差が生じるため、このように色が違って見えてしまうことを覚えておきましょう。

 

その3:背景の色や光によっても見え方が違う

明度対比 外壁塗装外壁塗装の見え方というのは、面積によっても異なるのですが、さらに隣接している家の色や光の加減によっても見え方というのは異なります。

 

このような現象を「明度対比」「彩度対比」と言います。

 

右の2つの画像の真ん中の緑を比べた時に、右の方が鮮やかに見えませんか?

 

例えば隣に建っている家が明るい感じの色を使用していたとしますが、この場合には少しくすんだ感じに見えることがあります。

 

また、快晴で太陽の光がたくさん当たっている場合と、曇っていて全く日が差していない場合とでも多少見え方が異なるのです。

 

つまり、周りの家や風景が暗ければ明るく見え、逆に周りの家や風景が明るければ暗く見えるのです。

 

まずは寒色系と暖色系の特徴を覚え、次にサンプルの色と実際の色が異なる原因となる面積の違い、周りの環境についての3点を覚えておきましょう。

 

対策方法その1:ワントーン違う色を選ぶ

外壁塗装で失敗しないコツの3点をしっかりと理解したら、次はどのような対策を行うのかが重要になります。

 

もし暖色系や白系などの明るい感じの色を選ぶ場合には、ワントーン暗めの色を選ぶようにしましょう。

 

逆に寒色系や黒系などの暗い感じの色を選ぶ場合には、ワントーン明るめの色を選ぶと失敗する確率が下がります。

 

ワントーン逆の色を選ぶことがポイントになるのですが、このような説明を行ってくれる業者を選ぶようにしましょう。

 

こちらから尋ねればもちろん答えてくれますが、初めて家を建てて外壁塗装を依頼する人も多いので、あらかじめ知っておくことも大切です。

 

対策方法その2:シミュレーションをしてみる

ワントーン色を変えてもやはり心配だという人も多いと思います。

 

そのような場合にはパソコンなどでシミュレーションしてみるとよいでしょう。

 

どのようにシミュレーションを行うのかというと、インターネット上にはカラーシミュレーションというサイトがあります。

 

このサイトを利用すれば、実際に写真を使ってどのように見えるのかを確認することができます。

 

自宅の写真をパソコンにアップロードして、配色をしてみることも可能です。

 

ただ色を確かめたいだけであれば、ペイントなどのソフトを利用し、塗りつぶしツールで画面全体に色を付けて確認するという方法でもよいでしょう。

 

ただし、パソコンの画面で見るのと実際に見るのとではやはり違いが出てくる事も念頭においておく必要があります。

 

対策方法その3:それでも心配な場合は、実際に外壁に色を塗ってもらいましょう。

最終的には、塗装業者に外壁の一部分に塗ってもらうことが可能です。

 

ただし、「色決めの最終段階」という事が条件になる事を覚えておきましょう。

 

まだその外壁塗装業者に決めるのか分からない段階、または、色を白か黒のどちらにするのか迷っている様な初期の段階では、いくら優良塗装店でも実際に塗料を塗ってくれる事は難しいと思います。

 

外壁塗装業者さんも、塗装後にお客様とトラブルになる事だけは避けたいので、色選びは徹底的にお付き合いする業者さんが多いです。

 

満足して頂き、ご近所さんや、ご友人に自社をPRして頂きたいのですから。

 

外壁塗装業者さんを選ぶ基準に、「最終的に外壁に塗料をサンプルで塗ってくれるか?」という条件を出してみると良いでしょう。

 

外壁塗装の達人色のトラブルが多いと言われる外壁塗装ですが、実際に外壁塗装業者さんにお聞きすると、「悩む人はとことん悩むが、この色と決めた後でトラブルになる事はない」という会社さんがほとんどです。つまり、契約を急かしたり、工期を外壁塗装会社の都合で動くような会社だと、色も適当になりがちですが、自分の家の様に親身に考えてくれる業者さんと色選びをする事でこの様なトラブルは回避できると言えます。「外壁塗装の達人」では、無料で複数の優良塗装店からご提案を受けることが出来ます。ご自宅近くの複数の「外壁塗装の達人」を比較してみましょう!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved