ツートン(2色)カラーの配色例や施工例を紹介!外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

ツートン(2色)カラーの配色例や施工例を紹介!2015/10/06

ツートンカラー外壁家によっては外壁塗装に2色使用したツートンカラーにすることもよくあると思いますが、やはり2色使用する場合であっても、人気の色の組み合わせが存在しています

 

もちろん人によって感性は異なるので、自分ではこの組み合わせがよいと思っていても、他人から見たらいまいちと感じることもあるでしょう。

 

そんな中でも都市部でダントツの人気の組み合わせは、白と茶色の組み合わせです。

 

1位:定番である白と茶色の組み合わせ

茶色と白のツートンカラー外壁新築や塗装中の家を見た時、白と茶色の組み合わせが多いと感じる事は多いと思います。

 

地方では緑と白の組み合わせが人気になっていますが、都会では白と茶色の組み合わせが人気になっています。

 

全体的に清潔感を感じることができることや、存在感を出すことができるという点でもこの組み合わせは人気なのでしょう。

 

しかも茶色を加えることで、汚れやすい白をカバーする効果もあります。

 

新築を建てるときだけではなく、リフォームするときにも白と茶色の組み合わせは人気となってるのです。

 

しかし、新築時点でこの配色のお家も多く、外壁塗装で気分を変えたいという方は、別の配色を希望される方が多いそうです。

 

2:緑と白の組み合わせ

緑と白のツートンカラー都心ではあまり見かけることがありませんが、地方では緑色と白を組み合わせた外壁が人気の組み合わせとして多くのお家を飾っています。

 

なぜ緑と白の組み合わせが人気かという理由について外壁塗装業者さんは、「白は清潔感がある」「緑は自然と一体化できるイメージ」の2つが多いと言います。

 

よって自然がまだたくさん残っている地域では、緑を取り入れて自然と一体化させるような色使いが人気なのですが、特に窓や扉、ベランダなど、一部を緑色にするパターンが多いそうです。

 

青と赤を加えて濃くしたグレーの組み合わせ

青と赤のツートンカラー外壁1位2位と明るい色合いが並びましたが、3位は濃い色の組み合わせでした。

 

青と赤系の色を加えて濃い目のグレーにした色の組み合わせが人気です。

 

青はスッキリとした感じの色なのですが、グレーは一般的な灰色という感じではなく、少し赤茶色を加えて濃くした感じの色になります。

 

とても色の表現が難しいのですが、灰色に少し赤系の色を加えて濃い目の色にすることで、汚れが目立ちにくくなるというメリットがあります。

 

しかも青と一緒に使用することで、涼しい感じを出すことができるのもメリットの1つだと言えるでしょう。

 

ツートンカラーの外壁塗装にすると料金はどうなるのか

ツートンカラーの塗装を行った場合、気になるのは料金でしょう。

 

ちなみに50坪前後の家にツートンカラーの塗装を行った場合、期間は10日前後が一般的で、料金は100万円前後となることが多くなっています。

 

では、一般的な1色のみの塗装と比べて料金はどう変わるのでしょうか。

 

実は1色のみであっても、ツートンカラーにしたとしても、料金はほとんど変わらないのが現状です。

 

料金が変わるのは、面積の広さと塗料の種類、塗装回数によって変わるので、ツートンカラーだから、3色使うからなどは関係ありません。

 

逆に高い種類の塗料で広い家に外壁塗装を行う場合には、100万円以上になることも珍しくはありません。

 

一色で家全体を塗装するのもインパクトがありますが、2色で鮮やかに家を塗装する方も大変多くいらっしゃいます。

 

色の組み合わせを誤ると大変な事になるのはご想像の通りです。

 

長年の経験を持った外壁塗装業者に色を相談しながら決める様にしましょう。 

外壁塗装の達人ツートンも1色も費用は変わらないんですね。人気のツートンは、想像通り茶色と白でした。しかし、現在では白と茶色の住宅も増えてきました。周りの家とひと味外壁にしたいという理由で外壁塗装をされる方も多くなっています。「外壁塗装の達人」では、無料で複数の優良塗装店からご提案を受けることが出来ます。ご自宅近くの複数の「外壁塗装の達人」を比較してみましょう!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved