梅雨に外壁塗装を行ってはいけない3つのワケ外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

梅雨に外壁塗装を行ってはいけない3つのワケ2016/03/02

「梅雨の時期には外壁塗装工事を行ってはいけない」と言われますが、それには大きな根拠があります。

それは、塗装の性質が持つ特徴にそぐわないからです。

しかし、

どうしても梅雨記事や、湿度の高い状態で塗装しなければいけない場合もあると思います。

何故梅雨の時期には外壁塗装工事は不向きなのか?

梅雨時期に塗装工事を決行する方法など、詳しくご紹介していきます。

 

梅雨時期の塗装工事はダメ!!

梅雨

塗装工事の施工は、これらの場合は行ってはいけないと公共建築工事標準仕様書にうたっています。

 

塗装工事を行っていはいけない状況
・気温5度以下
・湿度85%以上
・換気が不適切な場合
・結露する等の塗装の乾燥に不適当な場合
・降雨の恐れがある場合

上記の場合は、塗装工事を行ってはいけないとされています。

その為、どうしても梅雨時期は塗装工事を敬遠する傾向にあります。

実際に「外壁塗装が不向きだと思う時期」を一般の方にアンケートした結果、圧倒的に梅雨時期と思う回答が半分以上を占めました。

梅雨記事は外壁塗装が不向きと言うアンケート

 

塗装に詳しくない素人さんでも、梅雨時期は外壁塗装に向かない時期と認識しているようですね。

 

梅雨時期に外壁塗装工事を行ってはいけない3つの理由

梅雨などの雨の日に無理やり塗装工事を行う事は、公共建築工事標準仕様書でもうたっている様にいけない事です。

その理由は、塗装に出てしまう様々な弊害への影響です。

 

塗料に雨水が入ってしまう

塗料に雨水が入り込んでしまうと、塗料が薄まってしまい塗料としての効力が無くなってしまいます。

 

塗布後の塗膜に雨水が付着する

塗布後の塗膜に雨水が付着し、塗膜の仕上がりが悪くなってしまいます。

また、塗膜効果前に雨に当たってしまうと、塗料が雨で流れてしまいます。

 

硬化後の塗膜に大きな弊害が起きる

雨と湿度の高さより塗布した塗膜の硬化に時間がかかるので、十分に乾燥硬化しないうちに次の塗装工程を行ってしまう事から、塗膜としての効果を万度に発揮できなくなってしまいます。

弱い塗膜になってしまうので、塗膜の膨れや剥離、ヒビ割れ、クレーター、白化等が起きてしまいます。

 

それでも梅雨の時期に塗装工事を決行したい方へ

梅雨時期

梅雨の時期に外壁塗装や屋根塗装は、出来ない訳ではありません。

工夫をする事で行う事は可能です。

どのように外壁塗装工事を行うと良いのでしょうか。

この2つのポイントを重視すると、梅雨時期でも外壁塗装が可能です。

 

 

天気予報をチェックして外壁塗装計画を立てる

雨や湿度が高い日にぶつからないように、外壁塗装の計画を立てます。

1工程ずつきちんと硬化した上に雨が降っても問題はありませんので、1工程ずつ終わるまで雨が降ったり湿度が高い時にならないように塗布を行えば梅雨時期でも可能です。

 

硬化しやすい塗料を選択する

塗料が硬化する前に雨に当たってしまうと、塗膜がダメになってしまいます。

その為、硬化が早い塗料を選択し採用します。

硬化剤を混入すると化学反応で硬化を早くさせる事が出来るので、梅雨時期でも塗装出来ます。

 

しかしデメリットが!

梅雨時期に外壁塗装を行う事は可能ですが、様々なデメリットがあります。

外壁塗装期間が長くなる

湿度が高く硬化しにくいので、1工程ずつ余計に時間がかかってしまいます。

酷い場合は、通常の外壁塗装の2倍もの工期がかかる場合もあります。

 

塗料の臭いが抜けるまで時間がかかる

塗料の臭いは、乾燥していればしている程気化するので、梅雨時期等湿度が多い時期は臭いがなかなか抜けきれない傾向があります。

 

窓を開けられない日々が続く

外壁塗装の場合は窓にマスカー等の養生行うので、外壁塗装工事が終わるまでつけっぱなしになります。

その為、窓を開ける事が出来なく窓にずっとビニールが付いた状態になってしまうので、不快な日々が続いてしまいます。

ただでさえ梅雨で気分が良くないのに、マスカー等の養生で窓がふさがれると余計に不快です。

 

 

無理やり決行しようとする塗装業者に注意!!

悪徳業者梅雨時期に外壁塗装を行おうと計画した際、雨が降ってしまったのにも関わらずどうしても強行突破しようとする塗装屋さんがいます。

あらゆる方法で強引に外壁塗装を行い、どうにか納めようとします。

外壁塗装が出来る環境を作る事が出来るのであれば、梅雨時期の雨の日でも外壁塗装が出来ると言えますが、下記の様な状態で外壁塗装を行う事は、絶対にしてはいけません。

 

「少し雨だから問題ない」

多少の降雨があっても塗装工事を行ってしまう塗装屋さんがいます。

軒が出ているから問題ない等と理屈を付けて塗装工事を行おうとしますが、雨が降っているのに雨に当たらない根拠は1つもありません。

また、雨が降っている時点で湿度が高いので、湿度85%以上になっている事は十分に考えられます。

多少の雨だから問題ないと外壁塗装を行い、後で見ると塗料が流れている事はよくある話です。

これでは、せっかく費用を投資した塗装が台無しです。

 

「シートを掛けて外壁塗装を行うから塗れない」

「シート養生しながら塗装を行っているから雨が降っても問題ない」という塗装屋さんがいます。

確かにシート養生を行っているので、塗装部分に雨が当たる事はありません。

しかし、湿度の問題でアウトです。

硬化がきちんとしないうちに塗膜に空気が入り込み、ブツブツした塗膜を作ってしまいます。

シート養生の中で採暖を行っても、暖気にムラがあるので良い塗膜にはなりません。

シート養生は、そういった意味で何の効果も無いと言えます。

 

このように、雨の中での外壁塗装はしてはいけないのに、平気で行おうとする業者がいます。

理由を詳しく理解しておくと、業者の気持ちが手に取るようにわかりますよ。

 

塗装業者の2つの勝手な都合

何故、塗装屋さんは梅雨の雨の日でも強引に塗装工事を進めてしまうのでしょうか。

それには、この2つの理由があります。

 

工期を遅らせたくない

工期が遅れてしまうと他の工事にも影響を与えてしまうので、出来るだけ当初計画していた工期通りに終わらせようとします。

 

職人さんの人工稼ぎ

塗装の職人さんの多くは、日給月給です。

その為、1日休んでしまうとその日の日当が当たりません。

出来ればそれを防ぎたいので、どうにかして塗装工事を行い日給を得ようとします。

塗膜の仕上がりではなく、職人さんの生活の為に意地でも塗装工事を強行突破したいのです。

 

この2つの難点が起きてしまう理由は、きちんと管理してくれる担当者が居るか否かです。

担当者がきちんと現場管理を行っていれば、雨の際の塗装工事を行う判断を適切に行ってくれるので、このような理不尽な強行突破はありません。

きちんと管理してくれる担当者が居るかいないかで、塗膜の精度も大きく左右されます。

梅雨時期に外壁塗装をお願いする場合は、きちんとした担当者が管理してくれる業者に依頼しましょう。

 

外壁塗装の途中で予期せぬ雨が!!

本来は、雨が降る恐れがある日には外壁塗装を行いません。

しかし梅雨の時期は、雨が降らないと思っても急に降ってしまう事があります。

急に雨が降ってしまった場合は、外壁塗装の施工を止めて下さい。

雨が降るだけでも湿度は上がってしまうので、良い塗膜を作る事が出来ません。

中途半端な塗装の作業になってしまった場合は、最初から塗り直しを行わなければいけません。

せっかくの塗料が、無駄になってしまいます。

そのような事にならないように、きちんとした天気の管理をして外壁塗装工事を行わなければいけません。

こういった事情から、梅雨時期の外壁塗装は想像以上に難しいのです。

 

雨が降っていても出来る「塗装の工程」

雨が降っていても可能な外壁塗装工事は、これらの2つの項目がありかす。

 

外壁足場設立及び撤去

外壁足場は鳶さんが雨に濡れるだけで、足場材が濡れても何の問題もありません。

 

既存外壁清掃

外壁足場にシート養生を行えば、その中で外壁塗装前の外壁清掃を行う事は可能です。

 

雨の日でも施工が可能な便利な下地材を紹介

アレスダイナミックフィラー

実は、雨の日でも使う事が出来る下地材があるんです。

それは関西ペイントの「アレスダイナミックフィラー」です。

コンクリートやモルタル下地へのフィラーです。

この下地材は、雨が降っても塗布が可能ですので、雨の中でもフィラー塗布の工程まで進む事が出来ます。

梅雨時期のような雨が頻繁に降って湿度が高い時期が続く場合でも、アレスダイナミックフィラーでしたら外壁塗装工事を進める事が出来ます。

 

雨が塗料に入り込まない仕組み

晴でも雨でも使える設計となっており、晴天の場合は主材を、湿度が高かったり雨の場合は主材と強化剤を撹拌して使用します。

高圧洗浄機を使った後でもすぐに使える程の凄さですので、梅雨時期等の雨模様の塗装に大きく役立ってくれます。

 

梅雨時期でも外壁塗装は可能だけれど注意が必要

梅雨時期でも、様々な配慮を行うと外壁塗装は可能です。

雨が降った場合、湿度が高い場合どのように対処すればよいのか解っていれば、梅雨の時期であっても外壁塗装を行う事が出来ます。

その為には、知識の高い業者に依頼をしなければ正確な外壁塗装工事を行ってもらう事が出来ません。

あらゆる塗装の知識を持った業者に依頼し、梅雨時期でも快適に外壁塗装を行いましょう。

外壁塗装の達人では全国の優良施工店が登録しています。 小さなご相談事でも全て無料で行っておりますので、是非フォームからご入力下さい。

⇒外壁塗装の達人へ相談する

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved