空家の外壁塗装をしないと固定資産税が6倍に??外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

空家の外壁塗装をしないと固定資産税が6倍に??2016/04/04

空き家
近年、空き家は物凄く増えてきて深刻な問題になっています。

なんと、全体の13%程の空き家があると言われており、空き家の多さはいわば社会現象ともなっております。

空き家は放っておけばよいようなイメージがあるかもしれませんが、きちんとケアしなければ「空き家対策特別措置法」で固定資産税が今の6倍になる可能性もあります。

ケアの中でも1番の重要なケアは、外壁塗装です。

何故空き家に外壁塗装が必要なのか、解りやすく解説していきます。

空き家は一気に劣化してしまうとても厄介な建物

空き家の劣化実際に住んで使っている建物と人が住んでいなく空き家状態の建物、どちらが先に劣化していくと思いますか。

正解は、空き家状態の建物です。

その理由は、大きく分けてこれらの3つが挙げられます。

 

建物内部の空気の流通が無い

建物を使っていない事で空気の流通がなされず、建物を腐食に導いてしまいます。

人の行き来がありませんので、全く空気の流通がしなくなってしまいます。

そのため湿気が滞留してしまい、結果的に建物の劣化へとつなげてしまいます。

 

水廻りの劣化

水廻りは使っていないと乾燥してしまうので、一気に劣化してしまいます。

排水管の腐食や破損、給水管の腐食などを起こしてしまいます。

 

外壁塗装の劣化

建物を使っていないと外部の空気も滞留してしまうので、湿気の影響で外壁のあちこちに弊害が起きてしまい、塗膜の劣化を加速してしまいます。

内部の空気の入れ替えや水廻りはご自分でケアを行う事が出来ますが、外壁塗装はプロの業者に依頼した方が綺麗で万度な塗膜を作る事が出来ます。

しかし、空き家なので誰も住んでいない建物にはお金を掛けたくない、と思われる方も多いようです。

売買したり取り壊さずに空き家として建物を残していくのでしたら、それなりのメンテナンスが必要となっていきます。

空き家として維持したいのであれば、外壁塗装のメンテナンスを検討しましょう。

⇒外壁塗装の達人へ無料相談はこちら

 

空き家の外壁塗装をしなければどうなってしまうのか

空き家の外壁塗装を行わなければ、このような弊害を受けてしまいます。

 外壁の劣化状況

  外壁の症状
1 外壁の美しさが無くなる
2 外壁にカビや藻が発生し不衛生になってしまう
3 外壁の塗膜が剥がれたり不具合を起こし雨漏りを発生させる
4 雨漏りに気づかずに建物の中で劣化が始まり構造体に大きな影響を与えてしまう

 

このように、外壁塗装をせず放っておく事で様々な弊害を受けてしまいます。

ただ外壁の美観が損ねる程度なら我慢も出来ますが、それを超えてしまうと建物自体に弊害が起きてしまいます。

空き家として維持していきたいのであれば、このような状態になってしまったら困ってしまいます。

いつまでも使える空き家として維持させる為に、外壁塗装のメンテナンスを都度行っていくようにしましょう。

 

空き家の劣化による大きな負担「空き家対策特別措置法」

空家空き家を劣化したまま放置すると受けてしまう1番の大打撃は「空き家対策特別措置法」に該当してしまう事です。

空き家対策特別措置法で「特定空き家」に該当されてしまうと、大変大きな負担を強いられてしまいます。

特定空き家とは、建物の劣化が激しすぎる空き家の建物に対して該当する規約であり、国に特定空き家と該当されてしまうと、固定資産税の軽減を受ける事が出来なくなってしまいます。

土地は建物がある事で固定資産税の軽減を受ける事が出来、200㎡まで1/6の固定資産税に該当します。

特定空き家に該当してしまうと固定資産税の軽減を受ける事が出来なくなるので、固定資産税が6倍に跳ね上がってしまいます。

建っている空き家の劣化次第で固定資産税が6倍に跳ね上がってしまうなんて、こんな大きな損はありません。

外壁塗装を維持せずに建物がどんどん劣化に進み、挙句の果てには特定空き家に該当になっている建物はたくさんあります。

このような大きな負担を受けない為にも、空き家の外壁塗装はとても必要だという事が理解できます。

 

空き家におすすめな塗料

空き家は住んでいない建物ですので、手間がかかりにくくメンテナンスフリー的な外壁塗装でコートする事がオススメです。

外壁というのは、紫外線や雨風などの外的刺激を直に受けてしまう大変負担が激しい部分です。

そのため、それらのダメージから外壁や建物を守る事が出来る頼れる塗料が理想となります。

そこでオススメなのが、機能的塗装です。

空き家の外壁塗装には、これらの機能的塗装を採用しましょう。

 

光触媒塗装

光が当たる事で汚れを分解させ浮かせて雨水で洗い流し、親水性を発揮する塗料です。

自然のパワーで汚れを洗い流す事が出来る塗料であり、空気浄化機能も発揮してくれるので、清潔な外壁を維持する事が出来ます。

また、防カビ防藻効果がありますので、様々な意味でクリーンな外壁を維持する事が出来ます。

耐用年数が20年程ありますので、長期に渡り空き家にする建物にオススメです。

参考㎡当たりの単価は、3,500~4,000円程度です。

 

フッ素塗料

フライパンのフッ素コーティングのような効果を塗膜に発揮し、汚れが付きにくい塗膜にする事が出来る塗料です。

汚れにくく耐久年数が高い部分が、大きなオススメです。

耐用年数は15~20年と長く、長期に空き家を守ってくれるので最適です。

参考㎡当たりの単価は、3,500~4,500円程度です。

 

遮熱塗料

紫外線を跳ね除ける効果を発揮する塗膜で、塗膜の劣化と外壁材の劣化を軽減し建物を守る塗料です。

建物内部の寒暖の差を最小限に留める事が出来るので、余計な湿気の排除にも役立ちます。

空き家ならではの不具合を解決できる、理想的な塗料です。

耐用年数も15~20年と長く持つ塗料ですので、長い間空き家を守ってくれます。

参考㎡当たりの単価は、5,000~5,500円程度です。

 

ラジカル塗料

塗膜を劣化に導く成分ラジカルを発しない塗料であり、劣化しにくい塗膜を作る事が出凝る塗料です。

1番の魅力は、シリコン塗料と同等の単価という事です。

お安い費用で劣化しにくい塗膜を作れると、大変注目されております。

耐用年数も15年と価格と対比すると大変長く持つ塗料ですので、コスパが高い塗料です。

お安い費用で、長い期間空き家を守る事が出来ます。 参考㎡当たりの単価は、1,500~3,500円程度です。

 

弾性塗料

ゴムのように伸びる塗膜であり、建物にヒビなどのクラックが入っても塗膜が追従するのでヒビなどのクラックを表に出しません。

窒素系サイディングとは相性が悪いので、モルタルやコンクリートの外壁に適しています。

素材が柔らかいので汚れが付きやすいのが難点ですので、クラック防止を優先するのかセルフクリーニング効果を優先するのかで選択すると良いでしょう。

塗料の種類により単価が変わりますが、おおよそ㎡当たり1,500~4,500円程かかります。

耐用年数は8~15年ほどで、選ぶ弾性塗料の種類によってマチマチです。

 

空き家の外壁塗装のタイミング

空き家の外壁塗装の目安は、どれくらいのタイミングで行うと良いのでしょうか。

目安としては、このようなポイントが挙げられます。

 

前回の塗装から7~15年の間

既存の外壁塗装に使った塗料に種類にもよりますが、塗装をしてから7~15年が目安となります。

一昔前のアクリル系の塗料であれば、7年程度で塗膜が劣化します。

ここ20年位の外壁塗装の場合はシリコン系の塗料が主流ですので、10年程度で塗膜が劣化します。

窒素系サイディングの場合は、8~15年ほどが目安となります。

 

見た目的に劣化が見受けられる状態

塗膜のチョーキング(白い粉が出ている状態)や塗膜の浮きや膨れ、ヒビ等の著しい破損が見受けられる場合は、即外壁塗装工事を行わなければなりません。

空き家の外壁塗装がこのような状態になると、一気に劣化が進んでしまいますので厄介な状態に陥ってしまいます。

 

カビや藻が激しい状態

外壁にカビや藻の付着が酷い場合は、カビや藻により外壁塗装に大きな負担を掛けている事が多く、塗膜劣化へとつなげてしまいます。

空き家の北側の外壁等は、カビや藻が付着している場合が多くあります。

空き家ですので特に目につきにくく、思いの他塗膜の劣化が進んでしまう事がありますので、とても危険です。

 

空き家の外壁塗装は無駄ではなく必要なメンテナンス

外壁塗装後の住宅住んでいない建物に塗装の費用をかけるなんて損だと思われるかもしれませんが、このように必要な工事だという事が理解できたと思います。

空き家として長い期間維持する事が決まっているのであれば、まずは外壁塗装のメンテナンスを考えるようにしましょう。

機能的塗装を使えば塗膜の寿命が長いので、メンテナンスフリーで手間がかかりません。

外壁を細かく点検しなくても快適な外壁塗膜を維持でき、長持ちできる建物の構造体にする事が出来ます。

空き家を残そうと思う方の大半は、思い出がある建物なので処分したくないと思われる方が大半だと思います。

誰にも貸したり譲る事無く空き家を維持していきたい場合は、適切な外壁塗装のメンテナンスを行うようにしましょう。

空き家の外壁塗装のメンテナンスをしたくてもどこの業者に依頼したらよいのか解らず困っている方は、当サイトの外壁塗装の達人にご相談をしてみませんか。

外壁塗装の達人では、全国の腕の良い頼れる塗装屋さんからお近くの塗装屋さんをピックアップし、最適な塗装屋さんをご紹介してくれます。

地元の塗装屋さんに空き家の外壁塗装のメンテナンスを行ってもらえるなんて、こんな心強い事は無いですよね。

もちろんご利用は無料ですので、お気軽にご相談してみませんか。

しっかりとした外壁塗装で、思い出の空き家維持に繋げましょう。

⇒外壁塗装の達人へ一括見積もりはこちら

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved