サイディング塗装におけるメリットとデメリット外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

サイディング塗装におけるメリットとデメリット2016/08/08

サイディング塗装サイディングの表面は工場で焼き付け加工してありますので、表面塗膜の劣化はしにくく半永久的に持つと言われてきました。

しかし、サイディングの種類によっては表面加工が万度ではなく、経年劣化にてサイディングの塗膜がダメになってしまう事も多く見受けられるようになりました。

サイディグは、定期的に塗装のメンテナンスを行わなければいけないという事になります。

 

しかし、安い工事ではありませんので、なかなか思い切る事が出来ないのも現状です。

サイディングに塗装を行うメリットやデメリットなど、サイディングの塗装に関する重要なポイント等も詳しくご紹介致します。

 

サイディング塗装を行うべきメリット

サイディング塗装の提案サイディングを塗装する事で、このような大きなメリットを得る事が出来ます。

 

長持ちする建物へと導く

サイディングの塗膜がしっかりしている事で建物内部雨水等が侵入しにくいので、構造体の腐食を防止する事が出来ます。

その為、何十年経ってもしっかりとした構造体で居続ける事が出来るので、長持ちする建物へとつなげる事が出来ます。

外壁をしっかりさせる事で、50年、70年と長持ちする建物へと導く事が出来ます。

 

サイディング材劣化の防止

サイディングの塗膜が劣化してしまう事で、サイディング自体の材料が劣化してしまいます。

サイディング塗装をする事でサイディングの素材を守る事が出来ますので、サイディング素材の劣化を防ぐ事が出来ます。

 

サイディングの塗膜劣化を放っておくと、サイディングの素材自体が腐食してしまいますので、サイディング自体も取り替えないといけなくなり、莫大なメンテナンス費用となってしまいます。

 

省エネ効果が万度に効く快適な建物に

古い建物に省エネ効果が無くなってしまう理由は、外壁や天井などから水分が断熱材に浸透してしまう事で断熱材としての効果が低くなってしまい、省エネ効果が低くなってしまいます。

 

サイディングの塗膜をしっかりさせる事で雨水が壁や天井に浸透しにくくなりますので、 長期間省エネ効果を発揮させる事が出来る理想の家とする事ができます。

 

汚れにくい塗膜を維持できる

サイディングの塗膜表面がしっかりしていると、外壁に付着しようとする汚れを浮かせて雨などで洗い流す事が出来るセルフクリーニング効果を発揮させる事が出来ます。

塗膜が古くなると汚れが塗膜に刺さるようになり、汚れやすい塗膜となってしまいます。

 

また、 塗り替えに光触媒塗料やフッ素塗料などのセルフクリーニング効果がある塗料を採用すると、より一層汚れにくい塗膜とする事が出来ます。

 

雨漏り防止

サイディングの塗膜が劣化してしまうと、サイディング素材から雨水が浸透しやすくなってしまい、雨漏りにつなげてしまいます。

室内の窓廻りに雨染みがある場合は、外壁から雨漏りが起きている証拠となります。

サイディングの塗膜をしっかりさせる事で、外壁から雨漏りが起きない建物にする事が出来ます。

 

美観を保つ事が出来る

サイディングを塗装する事で、ピカピカで綺麗な美観を保つ事が出来ます。

外観がまるで新築のようになりますので、綺麗なお宅に見せる事が出来ます。

 

過ごしやすい空間にする事が出来る

サイディングの塗膜がしっかりしていると、紫外線等の影響を少なくさせる事が出来ます。

その為、建物内部に省エネ効果を発揮させ、過ごしやすい建物空間とする事が出来ます。

 

また、断熱塗装や遮熱塗装を使う事で、更に省エネ効果を高める事が出来ます。

選ぶ塗料によって、光熱費を減らす事も可能となります。

 

病気になりにくい空間を作る

サイディングの塗膜がしっかりしていないと外壁から雨漏りを起こしてしまい、建物に水分な侵入する事でカビが生えてしまいます。

 

カビ菌発生によりアレルギー体質となってしまい、体の弱い家族となってしまいます。

また、外壁に鶏のフンが付着していると病気の原因となってしまいますので、 綺麗な塗膜を保つ事は健康管理の基本となります。

 

サイディング塗装を行う事でのデメリット

()

サイディングを塗装すると、このようなデメリットを受けてしまう事があります。

 

2色以上のサイディングの場合単色になってしまう事もある

2色以上のカラーになっているサイディングは、2色以上に塗り直しする事は難しく、1色になってしまう事があります。

せっかくのデザイン的なカッコいいサイディングも、1色の単色の色合いとなってしまいカッコ悪くなってしまいます。

 

この場合、 2色程度で塗り分けが可能なら塗り分けをして、元のサイディングのデザインに近くしてもらう事をオススメします。

また、クリヤー塗装で透明な塗膜をサイディングに張る方法もあります。

 

知識がある塗装屋さんじゃないと塗膜の劣化が短期間になってしまう場合もある

サイディングは工場で焼き付け塗装をしているので、その上に塗装をする事は簡単な事ではありません。

その為、高圧洗浄やシーラー等の下処理をきちんとしなければいけません。

 

焼き付け塗装をしているサイディングにも塗装をする事はもちろん可能ですが、下処理に詳しくない塗装屋さんの場合は、たった数年で剥がれてしまう事があります。

特に訪問販売等の悪徳業者には、サイディング塗装は絶対に依頼してはいけません。

 

100万円程度の費用がかかる

35坪程度の住宅の外壁塗装工事を行うと、おおよそ100万円程度かかってしまいます。

大きな費用が掛かってしまう工事ですので、なかなか踏み込めない部分がデメリットといえます。

 

サイディングの塗装工事は必要不可欠な工事

paint can with paintbrush on white wooden background with copyspace 

サイディング塗装工事のメリットとデメリットをピックアップしましたが、比較しても断然メリットの方が大きいくあります。

 

外壁サイディングといえば、サイディングメーカーでメンテナンスフリーとうたっているメーカーもあります。

しかし、現状としては塗り替えが必要です。

とあるサイディングメーカーでは、8~10年程度で塗り替えを推奨しているところもあります。

 

また、建物の立地条件や環境によりサイディング表面の劣化は進んでしまいますので、立地条件によってはもっと早く塗膜の劣化が進んでしまう事があります。

サイディングは、表面加工している塗膜によって防水効果を発揮しているので、塗膜が劣化してしまう事で防水効果が下がってしまい、サイディングの素材自体が劣化してしまいます。

 

サイディングの素材自体を守る為には、サイディングの塗膜を頑丈にしておく事がとても大事となります。

 

確かに1回のサイディング塗装工事に100万円程かかってしまう負担は大変ではありますが、建物の寿命を長くして使い続ける為には必要な費用と言えます。

サイディングの塗装工事を贅沢な工事と思える方もいるようですが、贅沢な工事ではなく必要不可欠なメンテナンス工事となります。

 

このようなサイディング状態は塗り替えが必要

White brick background 

外壁サイディングは、このような状態が見受けられましたら塗装をしないといけないサインとなります。

 

コーキングの劣化

コーキングが劣化して隙間が出来てしまうと、サイディングの隙間から雨が侵入してしまい雨漏りとなってしまいます。

コーキングは露出仕上げにすると耐候性が良くありませんので、コーキングの打ち直しをした際は外壁塗装工事も一緒に行うようにする事を強くオススメします。

 

サイディングにクラックが生じている

サイディング自体にクラックが生じている場合は、クラックからサイディングの素材に雨水が浸透してしまいサイディング自体が劣化してしまい、しまいには雨漏りにつなげてしまいます。

 

放っておくとサイディング自体の張替も必要となりますので、初期段階のクラックで塗装工事を行うようにしなければいけません。

クラック部分にはコーキングを充填し、平らにした状態の上に塗装工事を行う様にしなければいけません。

 

サイディング表面のチョーキング

サイディングの塗膜劣化してしまうと、白い粉のような状態に劣化してしまいます。

サイディングの表面を手で触れるとチョークの粉のような白い物が付着するので、すぐにわかります。

 

サイディングに触れて白くなる場合は、チョーキングのサインとなります。

チョーキングが起きているという事は、外壁塗膜の劣化が始まっているサインとなりますので、雨水が外壁に浸透しやすくなり外壁素材自体に悪影響を与えてしまいます。

綺麗に洗浄をして、塗装工事が必要となります。

 

サイディングの塗り替えは、10年後を目安に行う様にしましょう。

それ以前に、上記のような症状が起きている場合は、前倒しで塗装工事を行わなければいけません。

 

サイディングが販売された頃の窒素系サイディングは要注意

Fotolia_110134216_Subscription_XXL 

今は販売されていない、窒素系サイディングが販売された頃の12㎜の平板と言われているサイディングは、表面加工が非常に良くありません。

当時の窒素系サイディングの表面加工は、サイディングの表面に工業用のインクジェットプリンターでデザイン着色した物が多くありました。

 

しかも、そのようなサイディングを当時は大量生産したために、サイディングの表面加工は非常に良くない状態で世の中に出回りました。

模様があまりついていない平板のオーソドックスなサイディングの場合、環境によっては5年程度で表面劣化してしまう事があります。

 

サイディングが販売したての頃の12㎜のサイディングの場合は、早めの塗装のメンテナンスが必要となります。

見た目に違いを感じなくても、ほとんどの場合表面に触れるとチョーキングが見られる事が多くありますので、実際に触れてみて点検してみましょう。

平成の1桁台の時代に平板の12㎜のサイディングを張っている場合は、要注意です。

 

アルミサイディングはサビが起きている状態をチェック

 

金属系サイディングの場合は、ほとんどがアルミ材を使用しており、アルミサイディングでチェックしてほしい部分としてはサビです。

アルミ製なのにサビが出るの?と思われるかもしれませんが、アルミには純度という物があり、工業系のアルミの場合は純度100%じゃない物がとても多く出回っています。

アルミサイディングもその1つで、アルミサイディングは純度100%のアルミ製ではありません。

 

その為、必ずサビが来ます。

 

一般的なお馴染みの赤いサビが発生するとお客様でも理解できますが、アルミサイディングに出るサビというのはポツポツとした斑点状の物です。

経年したアルミサイディングの表面を確認すると、ポツポツと斑点があるのがわかります。

 

赤色の独特なサビではありませんが、この状態はアルミがサビに向かっている証拠となります。

金属系サイディングにこのような状態が見受けられましたら、綺麗にケレンして落とさなくてはいけません。

 

研磨紙刷りやサンダーを使って綺麗に取り除き、防錆塗装を塗布した上で塗装工事を行わなければいけません。

一見、赤色のサビが見受けられないので大丈夫だと思われる方も多いようですが、立派なサビの発生ですのですぐに対処するようにしましょう。

放っておくと、アルミサイディングン自体が腐って外壁から崩れ落ちて大変な事になってしまいます。

 

サイディング塗装に外部足場を組むことにメリットはあるのか

Fotolia_94143151_Subscription_XXLサイディングの塗装工事を行う際には、外部足場を組む事は当たり前です。

しかし、費用が膨大にかかるのでお客様の中には不要と思われる方もいらっしゃるようです。

そこで、サイディング塗装の際の外部足場を組むメリットとデメリットを、まとめてみました。

 

外部足場を組むメリット

サイディング塗装の際は、下から上まで、また右から左へ移動しながら作業を行いますので、外部足場を組む事で作業の効率化となります。

また、工事の安全性を高めるので、安全で安定した作業とする事が出来ます。

 

建築基準法では、2m以上の高所作業の場合足場を組まなくてはいけないとうたっております。

隅から隅まで外部足場を組む事で、サイディングの端まで綺麗に塗装を行う事が出来ます。

サイディング自体の塗装の精度も、上げる事が出来ます。

 

外部足場を組む事のデメリット

外部足場を組まなければ、外部足場費用の削減と組み立て解体時の工期の短縮とする事が出来ます。

 

この様に比較すると、確かに使わない事で費用と工期短縮にはなりますが、工事の精度としては格段に下がってしまう事間違いありません。

費用と工期も大事ですが、サイディング塗装工に大事な事はサイディングの塗膜を万度にする事です。

 

はしごや高所作業車で外壁塗装工事を行う業者もいるようですが、そのような足場が不安定な状態で外壁塗装工事を行ってしまうと、外壁全ての部位に万度に塗装工事を行う事が出来なくなってしまいます。

塗膜にムラが出来てしまい、部分的に劣化が始まってしまいます。

 

比較すると、外部足場を設立する事は無駄な事ではないという事とが、よくわかると思います。

外部足場は仮設ですので最後には無くなってしまう工事の為、無駄と見受けられてしまう方もいらっしゃるようですが、全く無駄ではなくむしろ必要不可欠という事を覚えておきましょう。

 

サイディグと建物の寿命を高める為に定期的な塗装工事を

Fotolia_114494838_Subscription_XXLサイディングを長く居続ける為には、外的刺激から守ってくれる外壁塗膜はとても必要となります。

サイディングの表面の塗膜は工場で焼き付け加工をしている為、劣化しにくいとも言われています。

しかし、10年経つとその効力も弱まってしまいますので、定期的に点検をし外壁塗装を行う様にしましょう。

 

サイディングの塗装工事を行いたいけれどどの業者に依頼していいのかわからない場合は、当サイトの外壁塗装の達人をご利用してみませんか。

お客様のお近くの優良な業者をピックアップし、丁寧にご紹介致します。

塗装に詳しく腕の良い業者ですので、安心してサイディングの塗装をお任せする事が出来ます。

 

ご利用はもちろん無料ですので、お気軽にご利用してみてはどうでしょうか。

サイディングの塗装といっても、サイディングの状態や塗料の種類など様々な部分を考えなければいけませんので、お客様だけで決める事は簡単な事ではありません。

 

外壁塗装は頻繁に行う工事でもありませんので、快適な塗装サイディング塗装工事にする為には、専門家に相談して1番最適なサイディング塗装にするようにしましょう。

腕が良く信頼できる業者に依頼すると、古くなったサイディング表面をピッカピカにし、まるで新築のような外観にしてくれますよ。

 

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved