外壁塗装の費用と各作業工程の単価一覧外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の費用と各作業工程の単価一覧2016/08/10

塗装は単価

塗装工事の見積書には㎡あたりの単価が記載されており、この単価により塗装工事の全体の費用が決まります。

一般的な業者さんの塗装単価は、同じ材料を採用する際はほぼ誤差がありません。

そのため、どの業者も似たような単価となります。

しかし、中には悪徳な業者もおり、平気で法外な単価で見積もりを作ってくる業者もいます。

 

塗装の一般的な平均単価を把握しておくだけで、塗装の見積もりをしてもらった際に正確な単価をチェックする事が出来ます。

塗装の単価や見積もりをチェックする際のポイントなど、まとめてみました。

 

外壁塗装各工程の費用単価一覧

塗料別単価
 外壁塗装にかかる単価の平均は、このような数字となります。

 

作業工程 単価/㎡
外部ビデ足場 2階建て以下の場合 600~800円
高圧洗浄費用(薬品を使う場合は薬品費用をプラス) 200~300円
シート養生 200~300円
養生 300~500円
シーリング打ち直し 900~1500円
既存外壁下地補修  1式30,000~50,000円
下塗り シーラー又はフィラー 500円~1,000円
外壁塗装工程 アクリル系塗料  1,000~1,500円
外壁塗装工程 ウレタン系塗料 1,800~2,000円
外壁塗装工程 シリコン系塗料  2,500~3,500円
外壁塗装工程 フッソ系塗料    3,500~5,500円
外壁塗装工程 光触媒塗塗料 5,000~5,500円
外壁塗装工程 無機塗料 5,000~5,500円
外壁塗装工程 遮熱塗料  5,000~5,500円
外壁塗装工程 断熱塗料 5,000~5,500円

 

外壁塗装工事の単価のポイントは、これらが挙げられます。

 

外壁の㎡数が広いので足場の費用が膨大

外壁塗装の場合、塗装工程と同様の膨大な費用が掛かるのが、外壁足場です。

外壁足場には、枠組足場と単管足場があります。

2m以上の高所作業の場合は、足場をしっかり確保できる枠組足場を使う事が基本です。

隣地境界線との後退距離が無く枠組み足場が設立できない場合に限り、単管足場や高所作業車を採用します。

 

シート養生は必ず行わなければいけない工程

足場に白いシートを貼り付けるシート養生は、外壁塗装工事の際に塗布している塗料が余計な部分に付着させないよう、行う養生となります。

シート養生を行わない事で、隣地に塗料を付着させてしまう事があります。

必要な工程ですので、必ず計上しなければいけない見積もり項目です。

 

塗り直しの場合下地処理が大事となる

また、高圧洗浄や既存外壁下地補修は、外壁塗装の塗り直しにはとても大事な工程となります。

下地処理の項目をきちんと記載して外壁塗装工事を行う業者は、万度な外壁塗装工事が出来る業者と言えます。

 

外壁塗料の普及品はシリコン塗料

外壁の塗料の中で、1番の普及品の塗料はシリコン塗料です。

アクリル塗料やウレタン塗料は、耐候性が低いので近年外壁塗装には使わなくなった塗料です。

 

また、フッ素系塗料以降の機能性塗料は、シリコン塗料に機能を加えた塗料と捉えるとわかりやすいです。

新築の際にはなかなか採用しにくい効果な塗料ですが、塗り替えの際に採用する事で快適な外壁塗装とする事が出来ますので、予算によって検討してみると良いでしょう。

 

シーリングの打ち増しはしてはいけない

業者によっては、既存の古いシーリングを撤去せずにその上から新しいシーリングを打ち増しする場合がありますが、これは絶対に行ってはいけません。

古いシーリングと新しいシーリングは馴染みませんので、早い段階で剥離してしまい意味がなくなってしまいます。

 

古いシーリングは必ずカッターやペンチで綺麗に取り除き、新しいシーリングを充填しなければいけません。

 

外壁塗装付帯塗装工事の費用単価一覧

外壁塗装工事外壁塗装を行う際は、これらの付帯塗装工事も一緒にやる事で外観全体を綺麗に導く事が出来ます。

外壁塗装付帯塗装工事にかかる単価の平均は、このような数字となります。

 

雨どい塗装

作業工程 単価/㎡
アクリル塗料 1,000~1,200円
ウレタン塗料 1,000~1,200円
シリコン塗料 1,300~1,800円
フッ素塗料 2,500~3,500円

 

軒天塗装 

作業工程 単価/㎡
既存軒天下地処理 研磨紙刷りなど 500~600円
下塗り シーラー 600~800円
軒天塗装工程 アクリル系塗料 1,000~1,500円
軒天塗装工程 ウレタン系塗料 1,800~2,000円
軒天塗装工程 シリコン系塗料 2,500~3,500円
軒天塗装工程 フッソ系塗料 3,500~5,500円
軒天塗装工程 光触媒塗塗料 5,000~5,500円
軒天塗装工程 無機塗料 5,000~5,500円
軒天塗装工程 遮熱塗料 5,000~5,500円
軒天塗装工程 断熱塗料 5,000~5,500円

 

雨戸塗装

1枚あたり 2,000~3,000円

 

外壁塗装付帯塗装工事の単価のポイントは、これらが挙げられます。

 

外壁塗装工事を行う際は付帯部分にも目を向けよう

外壁だけを綺麗に塗装しても、雨樋や軒天などを綺麗にしないと古臭さが残ってしまいます。

付帯部分も一緒に塗装する事で外壁全体が綺麗に見えますので、必ず行わなくてはいけません。

 

付帯部分の塗装のグレードを下げる事はしてはいけない

外壁の付帯部分の塗装を行う際、ついつい行ってしまう事と言えば付帯部分の塗料のグレードを下げてしまう事です。

外壁と付帯部分は同じように紫外線に当たり劣化してしまうので、同じ時期に塗膜が劣化してしまいます。

 

付帯部分はオマケの部分だからと塗料のグレードを低くしてしまうと、付帯部分の塗膜のみ先に劣化してしまいますので見た目が悪くなってしまいます。

外壁も付帯部分も、同じグレードの塗料を採用しなければいけません。

 

屋根塗装工事工程の費用単価一覧

外壁塗装工事

屋根塗装にかかる単価の平均は、このような数字となります。

 

作業工程 単価/㎡
屋根足場(5寸勾配以上の場合)  800~1,000円
外部足場(屋根まで上っていく為の足場) 1式50,000円程度
高圧洗浄費用(薬品を使う場合は薬品費用をプラス) 200~300円
既存屋根下地処理 ケレンなど 500~600円
下塗り 錆止め(鋼板屋根の場合) 600~800円
下塗り シーラー(スレート屋根の場合) 600~800円
下塗り シーラー(断熱、遮熱塗装の場合) 1,800~2,000円
屋根塗装工程 鋼板屋根 アクリル系塗料 1,000~1,500円
屋根塗装工程 鋼板屋根 ウレタン系塗料 1,500~2,000円
屋根塗装工程 鋼板屋根 シリコン系塗料  1,800~2,000円
屋根塗装工程 鋼板屋根 フッ素系塗料  3,500~4,500円
屋根塗装工程 鋼板屋根 断熱塗料 3,500~4,500円
屋根塗装工程 コロニアル屋根 アクリル系塗料 700~1,000円
屋根塗装工程 コロニアル屋根 ウレタン系塗料 1,500~1,700円
屋根塗装工程 コロニアル屋根 シリコン系塗料 1,800~2,000円
屋根塗装工程 コロニアル屋根 フッ素塗料 3,500~4,500円
屋根塗装工程 コロニアル屋根 断熱塗料 3,500~4,500円
屋根塗装工程 瓦屋根 アクリル系塗料 1,000~1,200円
屋根塗装工程 瓦屋根 ウレタン系塗料 1,800~2,000円
屋根塗装工程 瓦屋根 シリコン系塗料  2,500~3,500円
屋根塗装工程 瓦屋根 フッ素塗料 3,500~4,500円
屋根塗装工程 瓦屋根 断熱塗料 4,000~5,000円
縁切り(スレート屋根 タスペーサー) 300~500円
既存破風淀下地処理 ケレンなど 500~600円
下塗り 錆止め(鋼板屋根の場合) 500~800円
破風淀塗装工程 鋼板屋根 アクリル系塗料 1,000~1,500円
破風淀塗装工程 鋼板屋根 ウレタン系塗料 1,500~2,000円
破風淀塗装工程 鋼板屋根 シリコン系塗料 1,800~2,000円
破風淀塗装工程 鋼板屋根 フッ素系塗料 3,500~4,500円
破風淀塗装工程 鋼板屋根 断熱塗料 3,500~4,500円

 

屋根塗装工事の単価のポイントは、これらが挙げられます。

 

屋根足場は5寸勾配以上の場合必要

屋根足場は、屋根に井桁に組む足場です。

屋根の勾配がきつい場合に設置し、屋根塗装の際の安全確保に繋げます。

5寸勾配の屋根の場合には必要となり、それ以下の屋根勾配の場合でも必要な場合は設置します。

 

屋根に上がるまでの昇降の為の足場も必要であり、2コマ程度の足場を外壁部分に設立します。

業者によってははしごで屋根までよじ登ろうとする業者がいますが、建築基準法では2m以上の高所作業の場合足場が必要とうたっていますので、はしごで登るのは違反となります。

 

屋根の材料により単価が違う

屋根の種類によって、同じ種類の塗料でも単価に差があります。

その理由は、素材に対して塗料の内容が変わるので、単価も若干ですが変わります。

 

屋根には少しグレードアップした塗料を採用しよう

屋根塗装を行う時は足場等の仮設費用の関係上、外壁塗装工事と一緒に行う事が多くあります。

その際、外壁と屋根と同じ種類の塗料を採用する場合がありますが、屋根は外壁と比べると耐候性に乏しいので、同じ材料を使ってしまうと屋根の塗膜の方が早く劣化してしまいます。

 

屋根と外壁との塗装頻度を合わせる為には、屋根にはグレードの良い塗料を使う事が必要となります。

外壁塗装のシリコン塗料を採用する場合は、屋根にはフッ素系以上のグレードの高い塗料を使うと同じ頻度で同時に塗装の塗り替えを行う事が可能となります。

 

スレート屋根の塗装にはタスペーサーが必要

スレート屋根は、屋根を流れる雨水が1度屋根材の内側に入ってしまう性質がありますので、それを流してあげる隙間が屋根には必要となります。

スレート屋根の上にそのまま塗装を塗布してしまうと、塗膜がしっかり張ってしまいますので、雨水が入ってしまった場合に出口が無くなってしまい雨漏りしてしまいます。

 

その為、スレート屋根の塗装の際は、タスペーサーという隙間を保つ材料をスレート屋根に設置しなければいけません。

スレート屋根の性質をわかっている業者は必ず見積もりに記載してきますが、わかっていない業者は記載してきませんので、見積もりの際には注意が必要です。

 

外内部木部鉄部塗装の費用単価一覧

外壁塗装職人

外内部木部鉄部塗装にかかる単価の平均は、このような数字となります。

 

作業工程 単価/㎡
既存下地処理 ケレンや研磨紙ずり 500~600円
下塗り 錆止め 鉄部の場合 600~800円
素地  
アクリル系塗料 1,000~1,200円
ウレタン系塗料 1,800~2,000円
シリコン系塗料 2,500~3,500円
フッ素系塗料 3,500円~4,500円

 

外内部木部鉄部塗装工事の単価のポイントは、これらが挙げられます。

 

ケレンや研磨紙刷りは必ず行う

塗装の塗り直しは、既存のケレンや研磨紙刷りを丁寧に行う事で仕上げの塗装を綺麗に仕上げる事が出来ます。

見積もりチェックの際は、鉄部の場合はケレン、木部の場合は研磨紙刷りの項目があるかどうかチェックするようにしましょう。

 

外部の場合はシリコン塗料以上、内部の場合はウレタン塗料以上

外部は雨などの外的刺激が多いのでシリコン塗料以上を、内部の場合は外的刺激を受ける事がほとんど無いのでウレタン塗料程度の塗料でもOKです。

 

相場の単価を把握した上で見積もりを依頼しよう

外壁塗装見積もり単価

塗装の単価の平均はこのようになりましたが、物件というのは1つ1つ違いますので、平均単価より多少の誤差が発生する事もあります。

塗装工事を行う時は、お近くに信頼できる業者に依頼をして検討するようにしましょう。

 

間違っても、訪問販売のような悪徳業者に塗装工事を依頼しては絶対にいけません。

お近くの優秀な業者がわからない場合は、当サイトの外壁塗装の達人をご利用してみませんか。

外壁塗装の達人は、全国から厳選された腕の良い地元にある業者を紹介してくれます。

紹介してもらえる業者は厳選された中の優良業者のみですので、安心してお任せ出来ますよ。

 

もちろん、ご利用は無料です。

外壁塗装の達人から頼れる業者を紹介してもらい、満足できる塗装工事で建物を綺麗にしましょう。

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved