デザイン性の高い外壁塗料|個性的な建物に変身させよう外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

デザイン性の高い外壁塗料|個性的な建物に変身させよう2017/03/27

外壁

近年の外壁塗装のリフォームは、ただ色を付ける一般的な塗装ではなくデザイン性に富んだ塗装が注目されております。

オシャレな外観にすることにこだわった、意匠性の高い塗装に注目が集まっています。

せっかく外壁塗装のリフォームを行うのであれば、見た目にも素晴らしい建物へと変身させてみてはどうでしょうか。

 

デザイン性の高い外壁塗装をするには、どのような塗料があるのか、特徴やポイントなどを詳しくご紹介致します。

 

塗料のデザイン性に注目されるようになった理由

 

近年、外観に個性的な特徴を求めるお宅が多くなってきました。

ただ色を塗るだけの外壁塗装のメンテナンスではなく、個性的な外壁とするための意匠性に富んだ塗料が注目されるようになりました。

南欧風のような塗り壁調が注目されるようになり、塗り壁調の塗料の種類も物凄く増えてきました。

今ではのっぺりとした仕上がりの色付け塗装ではなく、質感があってオシャレな意匠性塗装が注目を集めるようになっています。

典型的な雰囲気の枠にとらわれない外観を作ることが、今1番オシャレで求められている外壁塗装になっているのです。

 

デザイン性に富んだ塗料とは

塗装

近年注目されるようになってきたデザイン性に富んだ塗料には、次のような種類があります。

 

多模様塗料

石目調や刷毛目など、塗膜自体に凹凸を作り意匠性を高めた塗料で、様々な豪華な見た目の塗料があります。

ジョリパットやグラナートSP、水性リペアートなどが注目されております。

厚みがある塗料ですので、モルタルだけではなくサイディング外壁にも利用可能です。

どのような外壁も厚みのある豪華な外壁に見せてくれますので、オススメの塗料です。

 

光沢のある塗料

グロス効果が高い塗料であり、サイディングやタイルの上に塗布することで程よい光沢感を出し、既存のサイディングやタイルを綺麗に見せてくれます。

経年劣化により見た目が衰えてしまったサイディングを、一気に復活させてくれます。

今の外壁の雰囲気を生かしつつデザイン性の高い外壁に仕上げるためには、グロス値の高い塗料を使用してみると想像以上に外壁が美しくなります。

光沢のある塗料には親水性もありますので、汚れにくい理想的な外壁になるでしょう。

 

自然素材塗料

漆喰や珪藻土は自然塗料として注目されており、多模様塗料のように凹凸のある塗膜に仕上げることができます。

自然素材塗料は無機系塗料ですので、経年劣化しにくいのも大きなメリットです。

この塗料は外壁塗膜で呼吸するので、適度な湿度調整により建物を快適な状態にしてくれます。

 

クリア塗装

クリアの塗装は透明なのでデザイン性に欠けるのでは?と思われる方もいらっしゃると思います。

しかし、既存の外壁にクリア塗装を施すことで、既存外壁の見た目や雰囲気を変えることができます。

グロス感を変えることで見た目の雰囲気がガラっと変わるので、今までの外壁と同じとは思えない程です。

さらに、クリア塗装メンテナンスで防水効果を得ることもできます。

お好きな色や形態が思いつかない場合や、現在の外壁をそのまま使っていきたい場合はクリア塗装がオススメです。

 

このように、デザイン性に富んだ塗料は、一般的な色を付ける塗料に比べて個性的でデザイン性の高い外壁にしてくれます。

今までの外壁の雰囲気からガラッと変わりますので、是非目を向けてみてください。

 

外壁の部位によって使用する塗料の種類を変える

 

外壁の色合いは、外壁全てを同じ色にしないといけないということはありません。

外壁の部位ごとに色や質感を変えることで、デザイン性に富んだオシャレな外観にすることができます。

最近の外壁の傾向は、1種類の色合いでまとめるのではなく、2種類以上の色合いの外壁とするパターンが人気です。

外観にアクセントを付けて、個性を表現するお宅は年々増えています。

2種類以上の素材や色合いを使ってオシャレな建物へと蘇らせてみましょう。

例えば次のような部位の色を変えて、建物にメリハリを付けてみましょう。

  • 玄関周りのみ変える
  • 出窓周りのみを変える
  • 1階と2階で色分けをする

このように部分的に色替えを行うことで、建物に凹凸感が出来てオシャレな外観にすることができます。

この際1つ気を付けて欲しいことは、カラー選定を間違えないようにすることです。

色分けのカラーの選定が、センスのあるオシャレな外観にする最重要ポイントです。

色選びを間違えないために、次のようなポイントで色分けを考えていきましょう。

 

実際ある建物を参考にする

書籍や実際ある建物を参考にしながら、考えていくと良いでしょう。

実際ある建物の写真や雑誌の切り抜きを業者に見せれば、そのイメージに合った塗料を提案してくれますので、間違いのない理想通りの外観を作ることができます。

新興住宅地にある建物は特に参考になりますので、是非足を運んでみましょう。

 

街並みに馴染む色合いを採用する

周りの建物や雰囲気に馴染む色合いを採用することは、外壁のカラー選びの大切なポイントになります。

オシャレな外観にするということは、街並みや他のお宅と全く違う色合いを採用するということではありません。

周りと統一感のない色合いを採用するとご自宅のみが浮いてしまいます。

周りに馴染んだセンスの良い外壁を目指しましょう。

 

かけ離れた色合いを採用しない

外壁にメリハリを付けたくて、無理にかけ離れた色合いを採用すると失敗してしまうことがよくあります。

赤と青など、色合いが全く違う色同士を使用してしまうと、オシャレな外観にならない場合が多いのです。

やはり同系色でまとめると間違いがないデザインとなり、オススメです。

 

カラーシミュレーションを作ってもらう

実際の色合いは建物に重ねて見てみないとイメージしにくいので、業者にカラーシミュレーションを作ってもらうようにしましょう。

カラーシミュレーションにより、外壁塗装の大体の雰囲気を把握することができます。

 

一人で色決めをしない

色合いを決める時は、なるべく一人で行わないようにしましょう。

色の選定は想像以上に難しいからです。

ご家族などと相談をしてベストな色合いの選定をするようにしましょう。

デザインに詳しい業者の方に相談をして、一緒に色決めをしていくのもオススメです。

周りの人と相談をしながら、納得のいくデザイン性に富んだ外壁にしましょう。

 

人気のある外壁の色合いとは

 外壁

近年の外壁の人気の色合いは、ホワイトやべージュ、ブラウン系です。

濃い色や鮮やかな色合いよりは、周りに馴染むような淡くて明るい色合いが好まれています。

馴染むような色合いを選び、模様塗装のような意匠性の高い塗料を採用することで、他のお宅とは一味違うオシャレな外観にすることができます。

個性的でありながらもむやみに主張しない、品のある外壁に注目が集まっています。

 

家の雰囲気は外壁で80%決まる

 

建物の雰囲気は外壁で80%決まるとも言われており、これが外壁塗装のメンテナンスの際にデザイン性に富んだ塗料に目を向けて欲しい理由です。

カラーや質感で建物の雰囲気は大きく変わりますので、せっかく大きな費用の掛かる外壁塗装のメンテナンスを行うのであれば、塗料を細かく真剣に選び、素敵な建物にしましょう。

 

近年の外壁メンテナンスは、塗装工事に注目が向けられてきています。

様々な意匠性に富んだ塗料が増えてきていることもあり、サイディングで意匠性を高めるよりも塗装で意匠性を高めることに徐々にシフトしているのです。

塗装といえば平らに塗る仕上げというイメージがありますが、今の意匠性に富んだ塗料は、大掛かりな工事をすることなくオシャレな外壁にできる優れものです。

サイディングのメンテナンスも良いですが、独自のデザイン性を高めたいのであれば塗装での外壁リフォームをオススメします。

 

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved