外壁塗り替えの際の塗装のポイント|理想通りの外壁塗装に外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗り替えの際の塗装のポイント|理想通りの外壁塗装に2017/03/22

外壁塗装

外壁の塗り替えをする際に1番重要なことは、その建物の外壁に最適な仕様の塗装材料を選ぶことです。

最適な塗料を選ぶことで、安定した長持ちする建物にできるのです。

 

最適な仕様の塗料とは何なのか、外壁塗り替え時の塗装仕様のポイントなどを詳しくまとめてみました。

 

外壁の塗り替えの際に注目してほしい塗料の種類

 

塗料は色を付けるだけの材料というイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、塗料には様々な仕様があります。

塗料が持つ機能的な仕様で、建物に機能を付加してより一層住みやすい建物へとしてくれるのです。

大きな費用を掛けて塗り替えを行うのであれば、より良い住まいになるような塗料を選択しましょう。

建物に対する悩み別に、適した塗料をご紹介致します。

 

雨漏りが起きている

建物に対する悩みの中での1番よくあるものとしては、雨漏りが挙げられると思います。

雨漏りは屋根からのイメージが強いと思われますが、実は外壁からの雨漏りも非常に多いのです。

外壁からの雨漏りは、適した塗料によって防ぐことができます。

それでは適した塗料を見ていきましょう。

 

防水塗料

防水塗料は塗料自体に防水機能が付加されており、外壁を防水の塗膜で覆うことで雨漏りが起きないようにすることができます。

透明な防水塗料もありますので、サイディングやタイル外壁でも今の雰囲気を損なうことなく塗布できます。

 

弾性塗料

弾性塗料は文字通り弾性に富んでおり、塗膜がゴムのように伸びる塗料です。

建物に動きがあっても、塗膜がゴムのように伸びてヒビが入らないため、雨漏りしにくいのです。

既にクラックが多く発生している外壁も、弾性塗料を塗布すればクラックに水分が浸透しにくくなり、尚且つ新しいクラックが発生しても弾性塗膜により表面上にクラックを出さずに済みます。

クラックが発生している建物には最適な塗料であり、モルタル外壁に適しています。

ただし、窯業系サイディングとは相性が良くないためオススメできません。

 

寒い建物で冬場が苦痛

昔の建物は断熱がしっかりしていないせいか、寒くて苦痛を感じていらっしゃる方が多いようです。

建物が寒い場合は、断熱材を取り付けたり取り替えたりすれば良いのですが、大掛かりな工事となってしまいます。そこで、ここでは断熱性に富んだ塗料での外壁塗装をオススメします。

断熱効果が高まることで夏の暑さも建物内に響きませんので、寒さだけではなく暑さにも対応してくれます。

 

断熱塗料

断熱塗料は塗料の中に中空ビーズという断熱材の粒が配合されている塗料であり、中空ビーズが断熱効果を発揮することで建物を断熱してくれます。

柱と柱の間に充填されている断熱材とは違い、建物を断熱塗膜で途切れなくグルっと覆うことができますので、想像以上に高い断熱効果を発揮します。

外壁の熱伝導率が低くなるため、夏は涼しく冬は暖かい建物にすることができます。

 

夏の暑さをどうにかしたい

暑い地域にお住まいの方は、特に夏場の暑さが大変です。

直射日光が建物に当たることで、建物の中が暑くなります。

夏の暑さで酷い体調不良になり、倒れ込んでしまう方もいらっしゃるほどです。

夏の暑さは塗料によって防ぐことができます。

 

遮熱塗料

太陽光を跳ね除ける効果がある樹脂が配合されており、太陽光を反射して建物に熱を浸透させません。

断熱塗料と違うところは、断熱塗料は熱伝導率の低い塗膜とするのですが、遮熱塗料は光が熱として浸透する前に塗膜の表面で反射させて跳ね除ける機能があります。

熱の浸透をなくすことで、暑くならない建物にできるのです。

光の反射効果ですので、冬場の寒さを解消することはできません。

夏場暑い地域の建物にはとてもオススメな塗料です。

 

外壁の汚れが気になる

白などの薄い色合いの外壁は、汚れが付着するとすぐに綺麗な外壁ではなくなるのが難点です。

そこで、汚れが目立たないグレーやブラウン系の色を選択することになりますが、白などの薄い色合いが好きな方は我慢するしかないのでしょうか?

薄い色合いが好きな方には、汚れを付着させにくい塗料が最適で、次のような塗料があります。

 

フッ素系塗料

フッ素系塗料は、フッ素加工のフライパンを思い浮かべるとわかりやすいかと思います。

フッ素加工は汚れを付きにくくさせる効果があり、表面に汚れが付着しても固着しません。

浮いたように付着した汚れは、洗い流すことで簡単に落とすことができます。

外壁の場合は雨で汚れが綺麗に洗い流されます。

 

光触媒塗料

光触媒塗料は、塗膜に光が当たることで汚れを塗膜から浮かせ、雨で洗い流すことができる塗料です。

光が当たらないと光触媒効果は発揮されませんので、光が当たりにくい日陰や北面などでは効果が発揮されにくいというデメリットがあります。

光が当たる部分に光触媒塗料を塗布し、当たらない部分には他の塗料を使用する場合が多いようです。

 

無機塗料

無機塗料はセラミックなどの無機質材料が配合されている塗料であり、汚れが付着しにくいという特徴があるため汚れは簡単に雨で流されます。

 

外壁にカビが生えやすい

日陰だったり様々な原因により、外壁にカビが生えやすいお宅があります。

カビが生えてしまうと外壁素材も劣化しやすく、建物自体にも重篤な悪影響を与えてしまいます。

外壁にカビは禁物ですので、外壁はカビが生えにくい塗料で塗装しましょう。

 

防カビ剤

防カビ剤は、使用する塗料に混ぜることで、防カビ効果を発揮する塗料とすることができます。

様々な防カビ塗料がありますが、対応している菌やカビに対しての効果は素晴らしく、500種類以上の菌やカビに対応している防カビ塗料もあります。

長期間効果を発揮し、カビの心配がない外壁にすることができます

 

結露が酷い

結露が酷い建物はカビが発生してしまい、内装材や断熱材もダメにしてしまいます。

結露を抑えるためには、断熱性能を高めることです。

 

断熱塗料

断熱塗料の中に含まれている中空ビーズが断熱効果を高めることで、結露が起きにくい建物にすることができます。

 

外の音が建物の中に響いて不快

大きな幹線道路が近かったり公園が近い場合は、家の中まで外の音が響いてきて不快です。

そのような不快な音は、音が伝わりにくい塗料を使うことで解決できます。

 

断熱塗料

断熱塗料は中空ビーズが含まれていることにより、防音効果を発揮してくれます。

断熱塗料でグルッと建物を囲うことで、音が伝わりにくい建物になります。

 

寿命の長い塗膜にしたい

塗り替えても塗膜がすぐ劣化してしまう場合は、寿命の短い塗料を使っている場合がほとんどです。

安い塗料だと塗膜の寿命が短く、早いもので5年ほどで塗膜が劣化してしまいます。

安くて得だと思われる塗料は、実は寿命がとても短いことが良くあるのです。

塗膜の寿命を長くしてメンテナンスの手間がかからないようにするには、耐久性の高い塗料を使用することをオススメします。

15年以上の耐久年数がある塗料には、フッ素系塗料、光触媒塗料、無機塗料、断熱塗料、遮熱塗料などがあります。

どれも安くはない塗料ではありますが、その分、高寿命で手間がかからないのでオススメです。

 

外壁の塗り替えの際に重要な素地の状態

外壁

外壁の塗り替えの際に重要なことは、塗料の選定だけではありません。

素地の状態は非常に重要であり、塗装前にも欠かせない大切な工程があります。

 

クラックの補修

クラックの補修はとても重要で、しっかり補修しなければ雨漏りする建物になってしまいます。

ヘアクラックであれば塗膜だけでもまかないきれますが、酷いクラックであればUカットした上にコーキング充填が必要になります。

 

外壁の水洗い

塗装に先立ち表面の汚れを綺麗に取り除かなければ、新しい塗膜の付着が悪くなり万全な塗装にはなりません。

高圧洗浄やブラシを使っての水洗いなど、外壁の仕様により水洗いの方法も異なります。

 

金属外壁の防錆処理

金属外壁の場合、塗装に先立ち防錆処理をすることはとても重要です。

綺麗に錆をグラインダーなどで取り除き、念入りに防錆塗料を塗布します。

金属外壁の場合、防錆処理の仕方で新しい塗膜の寿命が決まります

 

金属外壁の目あらし

金属外壁は塗料が乗りにくいので、事前に目あらしを行う必要があります。

想像以上にしつこく目あらしを行う必要があり、防錆処理と並ぶ重要事項です。

 

コーキングの打ち直し

外壁にコーキングが施されている場合は、コーキングの打ち直しも行わなければなりません。

この場合、コーキングは打ち増しするのではなく、打ち直しをすることがとても重要です。

古い既存のコーキングが中に残ったままで上から新しいコーキングを充填しても、古いコーキングと新しいコーキングは密着しないため、すぐに剥がれてしまいます。

コーキングは、既存のコーキングを綺麗に除去した上での打ち直しが必要です。

 

いかがでしたでしょうか。

外壁塗装工事は単純な工事に思われがちですが、このように適した塗料というものがあります。

また、塗料の種類以外にも目を向けなければならないこともあり、それらをきちんと把握しておきましょう。

外壁塗装工事には大きな費用がかかってしまいますので、悔いのない理想的な外壁塗装工事をしましょう。

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved