塗装乾燥時における欠陥の種類と対策方法外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

塗装乾燥時における欠陥の種類と対策方法2017/03/22

塗装

塗装工事は、塗布後、塗料が乾燥して液体から固体へと変化して塗膜の完成となります。

液体から固体へと変化するという特殊な流れの中で、何らかの影響によって塗膜に欠陥を発生させてしまう場合があります。

 

どのような要因により欠陥を発生させてしまうのか、発生原因や対策について詳しくご紹介致します。

 

ぶつが発生する

ぶつというのは、誤って塗料や塗膜にゴミなどの不純物が混入してしまうことにより、そのまま硬化し凹凸ある塗膜となってしまう現象です。

これは不純物の混入を防ぐことで回避できる欠陥となります。

 

塗料使用前に十分な確認を行う

塗料に不純物が混入することで発生するので、塗装前に十分に塗料を確認することが大切です。

間違いなく不純物の混入を避ける為には、開封した塗料を使わないことです。

また、開封した塗料を使う場合は、不純物が混入しないように保管し、再度使用する際に中身を十分に確かめることが重要です。

 

塗装被着体の掃除を行う

塗装被着体に不純物が付着している場合も、塗膜に凹凸を作ってしまいます。

塗装被着体は、塗布前に必ず刷毛やウエスなどで清掃をし、綺麗な塗装被着体の上に塗装しましょう。

 

塗膜の変形が発生する

塗装 

塗膜は、塗装乾燥時に塗膜が変形することで、しわやたるみなどが発生してしまうことがあります。

塗膜が変形してしまう原因は、施工上のミスや施工の際の温度や湿度の影響です。

 

塗料塗布を丁寧に行う

塗料は液体ですので、塗布の仕方次第では凹凸のある塗膜を作ってしまいます。

1度の塗布量を薄くする、刷毛やローラーの引き方を丁寧にするなど、塗布の際に施工を丁寧に行うことで塗膜の変形を防げます。

塗装技量が不十分な職人さんは塗料を多めに塗布しようとする傾向があり、塗膜に凹凸を作ってしまうケースが多く見受けられます。

 

希釈の仕方を改める

塗料の粘度が高い場合、塗膜に凹凸ができやすくなってしまうので、適切な粘度にすることが大切です。

塗料を確認し粘度が高いと判断された場合は、希釈剤を加えて適度な粘度にすると良いでしょう。

逆に塗料を規定を超えて過剰に希釈してしまうと、適切な塗膜ができなくなってしまう場合がありますので注意しましょう。

 

塗装対象物に適した刷毛やローラーを使用する

塗装対象物に適していない刷毛やローラーを使用すると、どうしても刷毛目などのムラが発生してしまい、塗膜に凹凸ができてしまいます。

塗装対象物に合った刷毛やローラーを使うことで、余計な凹凸のないフラットな塗膜を作ることが出来ます。

 

温度や湿度をチェックする

温度が高過ぎる場合や雨や霧などによって湿度が高い場合も塗膜にシワなどの変形が生じてしまいます。

気温が高過ぎる時や、降雨や霧などの明らかに湿度が高い時には塗装工事を避けましょう。

塗装工事に適した気温と湿度は、気温10~30℃、湿度45~80%と言われています。

 

強風の日には塗装を行わない

強い風で塗布した塗料が飛び散り、塗膜に凹凸を作ってしまうことがあります。

強風の際は塗装工事を行わないようにします。どうしても行わなければならない場合は、施工場所を囲って風が当たらないようにしてから塗装工事を行うようにしましょう。

 

塗膜が剥離する

塗膜 

塗膜の剥離は、通常、経年劣化により生じてしまう現象です。

しかし、塗装を行った後すぐに剥離が発生し、短期間のうちに次々と剥離してしまう場合があります。

原因は、塩分の多い周辺環境や、不適切な下地工程です。

塗料が硬化する際に周辺環境の塩分が塗料に混ざることで、塗膜が脆弱となって剥離を発生させてしまいます。

また、下地工程が不十分だと塗膜の被着体への付着力が悪く、塗膜が浮いて剥離してしまいます。

 

塗装の前に被着体の水洗いを行う

塗布塗料に塩分が混ざらないよう、塗装の前に塗膜被着体を水で洗いましょう。

そしてしっかりと乾燥させた後に塗料を塗布します。

 

油性の塗料を使用する

水性の塗料は塩分の影響を受けやすいので、潮風が当たるような多くの塩分が想定される場所では、油性の塗料を使用することをオススメします。

 

養生をして塗装工事を行う

潮風が当たるような建物を塗装する場合、養生シートで建物をグルっと囲って潮風が当たらないようにして塗装すると良いでしょう。

 

プライマーなどの下地工程をきちんと行う

環境に問題がないのに塗膜が短期間で剥がれてしまうケースの多くは、下塗りやプライマーなどの下地に問題があります。

下塗りやプライマーをムラなく塗布し、塗料の密着度を高めることで剥離しにくい塗膜とすることが出来ます。

 

被着体に合っている塗料の選択

環境も下塗りやプライマーにも問題がない場合は、塗料自体が被着体に合っていない可能性があります。

被着体に合った塗料を使用しなければ密着せず、すぐに剥がれてしまいます。

 

金属塗装で付着不足が発生する

 

金属素材に塗装工事を行う場合、被膜の付着が良くなく、剥離等の不具合が発生してしまうことがあります。

原因は、金属ならではの熱伝導率の高さと付着性の悪さです。

 

温かい環境で塗装する

金属は熱伝導率が高いので、表面上に結露や霜を発生させやすく、その水分で塗料が遮断され付着しにくい傾向があります。

結露や霜が発生しない気温が高い日に塗装工事を行いましょう

 

表面の拭き取り

金属は表面に不純物が付着しやすく、不純物が塗料をはじいて上手く付着しないことがあります。

金属の塗装の場合、事前にきちんと不純物の拭き取りを行い、不純物が表面にない状態で塗装工事をするようにしなければなりません。

 

油性塗料の選択

金属は塗料が付着しにくい被着体であり、水性塗料ではきちんと付着しないことがあります。

通常、拭き取りをきちんと行えば水性塗料でもしっかりと付着しますが、何らかの影響で付着しにくい場合は、油性塗料を使用することで強固な塗膜を作ることが出来ます。

 

塗装乾燥時に欠陥を発生させない為には

 業者

このような塗装乾燥時の欠陥を発生させないためには、次のようなしっかりした業者に塗装工事をお願いしましょう。

 

一級塗装技能士を持っている職人さんが居る業者

一級塗装技能士を持っている業者の場合、様々な塗料や塗装に対する知識を持っていますので、塗装乾燥時の欠陥トラブルを起こすことはありませんので、安心してお願い出来ます。

 

大きな工事の経験がある業者

大きな工事には高い技量を求められるので、大きな工事の経験がある業者は塗装工事に関する知識が豊富なため、失敗がない傾向があります。

 

地元の信頼できる業者

地元の信頼できる業者に塗装工事を依頼することです。

塗料というのは想像以上に扱いが難しく、高い技量を必要とするものです。技量の高い業者にお願いしないと、理想通りの塗膜を作ることは出来ません。

地元の業者であれば腕などの評判も知ることが出来ますので、安心してお願いすることが出来ます。

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved