塗膜劣化によるチョーキングの原因とこれを抑制するハルス効果外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

塗膜劣化によるチョーキングの原因とこれを抑制するハルス効果2015/05/25

外壁の塗り替え時期を示す「チョーキング現象」の原因や、これを抑制する最新技術ハルス効果について、塗料の専門家であります富山e-リフォームの代表松田様に詳しくお話をお伺いしました。

 

チョーキングの原因とハルス効果とは?

チョーキング現象

チョーキング(白亜化)酸化チタンは白の顔料の中に含まれています。

 

塗膜のチョーキングは「ラジカル」が外枠を破って、酸化チタンが表面に顔を出す現象の事を指します。

 

故に濃色系の色でもチョーキングした塗膜の表面を手でこすると、手に付くのは白っぽい粉なのです。

 

塗膜表面のチョーキング(白亜化)は、塗膜の劣化因子である「ラジカル」の発生が原因となっています。

 

「ハルス」効果技術によって、塗膜性能はこれまで以上に耐候性・耐久性・長期低汚染性が向上するよう、外壁塗料・屋根塗料は年々進化しています。

 

外壁・屋根の塗替えを考える時、業者さんの選択は、塗料にも塗装にもより専門性の高い業者さんの話しを聞き、現況建物に一番適した塗料の選択をすることをお勧めします

 

富山e-リフォーム 代表 松田猛久

 

外壁塗装の達人外壁塗装時期の見極めポイントのひとつチョーキング現象の解説でしたが難しいですね。どちらにしても貯金グ現象が起きているという事は、外壁自体にダメージが及んでいる可能性を考えなければいけません。「外壁塗装の達人」では、無料で複数の優良塗装店からご提案を受けることが出来ます。ご自宅近くの複数の「外壁塗装の達人」を比較してみましょう!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved