屋根の下塗り材はフィラーが一番!外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

屋根の下塗り材はフィラーが一番!2015/08/16

屋根塗装を行う場合、一般的に下塗り材は「シーラー」ですが、屋根塗装に大変お詳しい株式会社末広美装 代表取締役の小林雅樹様は違うとおっしゃいます。

 

シーラーは屋根材が劣化していればしている程吸い込み、何度も塗らなければならず、その分費用もかかり、業者によっては塗り回数で手を抜く可能性もあります。

 

そこで、屋根塗装の下塗り材は「フィラー」が一番との理由を詳しくお話頂きました。

 

シーラーを使っている業者は屋根用フィラーを知らないだけ

屋根用フィラー

通常屋根塗装の場合は、下塗り材にシーラーというものを塗ります。

 

屋根材の痛みが激しい場合、シーラーを吸い込みますので、2回3回と塗っていきます。

 

もちろん塗り回数が多いほど費用は高額になり、お客様負担が増える事になります。

 

通常は。

 

私はスズカファイン株式会社のベスコロフィラーという下塗り材を使っています。

 

ビルドアート塗装風景コロニアル屋根で、塗膜が剥がれて、繊維まで剥き出しになっている屋根などは、シーラーを何回塗っても収まらないんです。

 

それでも塗装してしまうと、後で塗料が剥がれてきたりします。

 

屋根用のフィラーですと、一回の塗装で下塗り時に厚みがつき、費用も一回分の費用でそれ以上はかかりません。

 

費用もシーラーと同等か、安いくらいです。

 

フィラーの上に中塗り、上塗りと塗装した時の仕上がりが本当に綺麗になります。

 

シーラーを塗って収まらない屋根に塗料を塗った現場を見たことがありますが、雨ジミになっていたり、しばらくすると剥がれてきたりしていますね。

 

「屋根用フィラー」の存在を知らない業者さんは、シーラーをたくさん塗る事でしか対応が出来ないので、精一杯の対応だとは思いますが、やはり仕上がりがこの様な状態になっていると、残念ですよね。

 

他の塗装屋さんはなぜ未だにシーラーを使っているの?

ベスコロフィラー下塗り材私は数年前に塗料屋さんに勧められて、屋根用のフィラーを使い始めたのですが、このフィラーを知らない塗装屋さんが多いからです。

 

未だに屋根はシーラーを何回も塗って、ダメでも上塗りしてしまうという流れが一般的なんです。

 

ですので、屋根が劣化しているほど仕上がりに違いが出ます。

 

価格が高いのでは?と思われがちですが、一缶8〜9千円位で、シーラーより安いかもしれません。ですので、単純に屋根用フィラーを使っていない業者さんは、知らないだけです。

 

屋根が劣化している状態で、シーラーで下塗りしている現場は、塗膜が薄いので剥がれていたり、塗装したばかりなのに雨シミみたいになってしまっているんです。

 

これは、業者も知らない方が多い事ですので、もしお客様が塗装業者に確認するとすれば、

 

「屋根の下塗りはシーラーでやるんでしょうか?それとも屋根用フィラーで行うんでしょうか?」と聞いてみても良いかもしれません。

 

外壁塗装をご依頼頂いたお客様で、「外壁の下塗りはシーラーですか、フィラーですか?」と聞かれた事はありますが、屋根塗装でこの質問を受けた事はありません。それほど専門性が高いという事になります。

 

こんな業者に注意!

屋根に生える苔私もたまに聞く「信じられないお話」なんですが、屋根に生えている苔を洗浄せずに塗装する業者さんがいるんです。

 

苔が落ちていない状態で塗装すれば、その部分だけ塗料が浮いてきたり、剥がれてきてしまいます。

 

あとは、塗装した直後でも、色ムラになっている現場も見ます。

 

通常屋根は全体を洗浄して、洗浄したものを洗い流すという作業が一般的なんですが、「高圧洗浄」をやっていても、「洗い流す」作業を抜いている業者もいます。

 

そうすると、苔の成分が屋根に残っていますので、塗膜剥がれの原因のひとつになります。

 

トルネード洗浄屋根を高圧洗浄する時は、トルネードノズルという物に付け替えて、回転させながら洗浄すると、同じ圧力でも結構落ちてくれます。

 

中には、通常の高圧洗浄でやっている業者さんもいらっしゃいますし、洗い流さない業者さんもいます。

 

こういった事は専門的なお話にはなりますが、これが塗装業界では往々にしてある事なんです。

 

従いまして、業者選びは本当に慎重にならなければいけません。

 

知人の紹介だから、ネットで大々的に広告していたから、などの理由で1社だけに決めるという事は大変危険です。

 

実際に数社から見積もりを取り寄せて、実際に業者の話しを聞いて、本当に信頼できる業者かどうかをご自身で判断する事が大事です。

 

株式会社末広美装 代表取締役 小林雅樹

 

外壁塗装の達人外壁塗装には「シーラー」や「フィラー」がありますが、屋根塗装にもやっぱり「フィラー」が存在するのですね。しかも、ご存じない業者さんも多いという事で、屋根塗装をする際は確認してみると良いかもしれませんね。小林様もおっしゃっていますが、業者選びはとても重要です。信頼できる業者さんに出会うまでご自身の目で、複数の業者さんとお会いしてみる事をおすすめします。「外壁塗装の達人」では、無料で複数の優良塗装店からご提案を受けることが出来ます。ご自宅近くの複数の「外壁塗装の達人」を比較してみましょう!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved