キルコート塗料のメリットとデメリットをプロが解説!外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

キルコート塗料のメリットとデメリットをプロが解説!2015/08/27

キルコート塗料キルコート塗料は今後、ガイナ塗料と並ぶ遮熱断熱塗料になると言われており、今最も勢いのある塗料のひとつです。

 

しかし、デメリットはないのでしょうか?

 

メリットはたくさんPRされていますので、デメリットも含めて、キルコートに大変お詳しい、株式会社末広美装の代表取締役 小林雅樹様にお話をお伺いしました。※ご自宅屋根をキルコートで塗装されているそうです。

 

キルコート5つのメリット

1・断熱・遮熱性能

太陽光を90%程度反射して、外壁や屋根の表面温度を低減します。

また室内の温度と外気の温度が調和しないように断熱します。

 

2・伸縮性能

200%の伸び率がありますので、外壁に少しのヒビ(クラック)が入っても塗膜が伸びてカバーします。

 

3・密着率

接着剤に匹敵する粘着力があり、一般塗料に比べて約3倍の付着力がありますので、塗膜剥がれを防ぎます。

 

4・高耐久

フッ素塗料と同等の15年もつ耐久性を誇ります。

 

5・防音効果

約10dB程度音を小さくするという効果があります。

※人間の耳の音の捉え方は、10dB下がると「音が小さくなった」と感じるそうです。

 

キルコート4つのデメリット

1・比較的高額

フッ素ほど高額ではありませんが、ガイナと同等かそれ以下の価格で、シリコン塗料などと比べると比較的高額な塗料。

 

2・発売後数年しか経っていない。

ガイナも発売から何十年も経過している塗料ではありませんが、キルコートも比較的新しい塗料です。

 

3・鮮やかな色が選択出来ない

後程画像で解説しますが「赤」「青」「黄」という様な鮮やかな色は表現出来ません。色見本の様な淡い色からの選択となります。

 

4・過度な期待は禁物

遮熱・断熱、また防音といった、まさに「万能」とも言える機能を備えているとはいえ、塗膜の厚さは数ミクロン。過度に効果を期待しない方が良い。

 

何と言っても遮熱性!

ss 2015-08-27 1.14.01キルコートは遮熱塗料ですが、やはり遮熱性能は強力です。

 

メーカー資料ですが、折板屋根の表面温度は右写真の様に50.3度の温度差になります。

 

私も自宅屋根をキルコートで塗装していますが、2階部分の体感温度が本当に変わりました。

 

言葉でお伝えすると、「もわっ」という感じが無くなりました。

 

キルコートは鮮やかな色が選べない

ss 2015-08-27 1.16.57他の塗料でも色が限られている物はありますが、キルコートも同様です。

 

右写真の様な色あいの中からの選択となります。

 

「赤」「青」「黄」または、この3色の色味が強い「紫」なども表現できません。

 

外壁塗装、屋根塗装で、上記のような鮮やかな色をご希望されるお客様はもちろんいらっしゃいますが、一般的に右の色見本の中から大体は選択する事が出来ると思います。

 

特注で色を作成する事も可能ですが、費用は上乗せになります。

 

また、鮮やかな色が表現できないのと同様に、作れない色もあるのでキルコートに詳しい塗装店で詳しくご自身の希望の色をお伝えしてみてください。

 

ガイナ塗料との大きな違いとは? 

ガイナ塗料概要キルコートはよくガイナさんと比べられる事が多いんですが、ガイナさんと違う点が、伸縮率200%と塗料自体が伸びますので、外壁に多少のヒビが入ってもカバーしてくれます。

 

あとは「仕上がりの感じ」ですが、ガイナさんの特徴は「マット」な艶消しの仕上がりになります。

 

その為、手垢などの汚れがつきやすいというイメージがあるみたいなのですが、同じセラミックビーズが配合されているキルコートもマットな仕上がりになりますが、汚れなどは付きにくいです。

 

実際にお客様の屋根に塗った時のお話ですが、「クールグレー」という比較的明るい色のキルコートを塗装しましたが、ほとんど汚れはつきませんし、手垢もつきませんでした。ここはガイナとの大きな違いかもしれません。

 

ただ、お客様の中にはこの点を気にされるお客様もいらっしゃいますので、「TSクリアートップ」というコーティングも別料金にはなりますが用意されていますので、上からこれを塗ると汚れは一層付きにくくなります。

 

キルコートの価格は?

キルコート価格表右表の様な価格帯で、フッ素やガイナよりは少し安い価格になります。

 

しかし、どうしてもシリコン塗料などに比べると高額な塗料になりますので、お客様も価格の面で遠慮される方もいらっしゃり、ご提案したお客様の全員がキルコートを選ばれる訳ではありません。

 

しかし、冒頭で申し上げた数々の性能や耐久年数15年などを考えると、決して割高な塗料ではありません。 

 

世の中に出ている数々の遮熱塗料を選ぶのであれば、私はキルコートをおすすめします。

 

まとめ

キルコートは塗装業者にとっても塗りやすい塗料で、特に難しい技術が必要ない所が、施工業者による技術のムラも少ないと思います。

 

あとは、キルコートのデメリットをしっかりと説明してくれる塗装会社さんにご依頼する事をおすすめします。

 

どの塗料でも言える事ですが、全ての塗料に「メリット」と「デメリット」があります。

 

もちろん「メリット」を多く伝える事は仕方のない事ではありますが、私がお伝えした様なデメリットを正直にお伝えし、その上でキルコートを選択される事をおすすめします。

 

株式会社末広美装 代表取締役 小林雅樹

 

外壁塗装の達人キルコートは現在大注目の塗料で、各塗装店さんもPRが誇大になっている可能性もあるという事ですね。小林様もおっしゃっている通り良い塗料に間違いはありませんが、「デメリット」も納得した上で決める事が重要なんですね。正直に話し合える塗装会社と真剣に話し合う事が必要と言えます。「外壁塗装の達人」では、無料で複数の優良塗装店からご提案を受けることが出来ます。ご自宅近くの複数の「外壁塗装の達人」を比較してみましょう!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved