柴田塗装 |口コミで評判の良い業者なら外壁塗装の達人

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

柴田塗装

柴田塗装

柴田塗装の柴田と申します。

 

お客様によっては、私達の事を気に入ってくれる方もいらっしゃれば、合わない方もいらっしゃいますが、どちらのお客様も、丁寧に真剣にご説明する事で、柴田塗装の事を本物の塗装屋だと感じてくれていく過程が伝わってきます。

 

ちょっとした手直しのご依頼でも、仕事の優劣を付けずに、まずはすぐに行く!

 

すぐに行けない場合は、すぐにご連絡して状況をお聞きする!

 

どんな工事でも結構でございますので、お問い合わせ頂ければ迅速に対応させて頂きたいと思います。

会社名 柴田塗装
所在地 大阪府東大阪市大蓮北2-3-26
電話番号 0120-595-727
URL http://www.shibata-tosou.com/
事業内容 建築塗装・屋根工事・防水工事・遮熱塗装・断熱塗装
対応エリア 大阪府
地図
施工事例

外壁塗装業をスタートされたきっかけを教えて下さい。

柴田塗装職人28才で独立し親父の跡を継ぎ塗装と言う奥の深い仕事にたずさわれることの喜びと難しさを痛感しながら毎日頑張ってやっております。

 

父親から塗装を厳しく教わり、会社のやり方など真面目に取り組む姿勢を叩き込まれました。

 

柴田塗装は創業4年目の若い塗装屋ですが、ひとつひとつの現場を丁寧に仕上げる事が私達の仕事だと思っています。

 

その結果かわかりませんが、お客様からのご紹介をたくさん頂ける様になりました。

 

「うちも綺麗になったから、あなたの家もやってもらえば?」という形ですね。

 

あとは、塗装工事をやっている現場で、たまたま通りかかった近所の方が、「うちでも外壁塗装してほしい」と言ってきて下さるお客様も何人かいらっしゃいましたが、あれは私達もびっくりします。

 

でもこれだけ声を掛けられるという事は、「適当に塗装している」とは見られずに、「しっかり真面目に頑張ってるな」と思われているのだと思うと嬉しいですね。

 

柴田塗装さんの強みを教えて下さい。

柴田塗装職人「迅速な対応」を社内一丸となって取り組んでいます。

 

例えば、ちょっとした手直しのご依頼でも、仕事の優劣を付けずに、まずはすぐに行く!

 

すぐに行けない場合は、すぐにご連絡して状況をお聞きする!

 

この「外壁塗装の達人」で大阪府ランキングNo.1を頂きましたが、私達が考えるNo.1の理由はやはりお客様対応だと思っています。

 

お客様によっては、私の事を気に入ってくれる方もいらっしゃれば、合わない方もいらっしゃいますが、どちらのお客様も、丁寧に真剣にご説明する事で、柴田塗装の事を本物の塗装屋だと感じてくれていく過程が伝わってきます。

 

やはり一昔前の外壁塗装の業界の影響で、最初は疑いの目を向けられる事もあります。

 

「手を抜かれるんではないか?」「騙されるのではないか?」と。

 

ですので、柴田塗装では処理の方法を詳しくご説明します。

 

下地に何を使って、この部分にはこれを使って、クラックがあるので、こういった処理をした後に、こんな塗料を塗ります、という様な部分をちょっと時間を掛けさせて頂いて、しっかりと説明させて頂きます。

 

お客様がよく考えていらっしゃる上塗材に関しては、決まった回数塗るだけですので、さほど説明はいりませんが、やはり重要になってくる下処理の部分をキッチリと説明させて頂いております。

 

価格は特別安くは設定していません。ですが、大きな会社さんよりは安いとは思います。

 

柴田塗装でもこれ以上は中々安くは出来なくて、これ以上安くしてしまうと、どこかで「抜かないと」いけなくなってしまい、そんな事は柴田塗装では出来ませんので、ぎりぎりの価格でやらせてもらっています。

 

お客様とのエピソードで印象に残った出来事を教えて下さい。

柴田塗装職人これは数々のお客様から言われている事なんですが、足場の上に立たないと絶対に見えないような部分もキチンと塗ってたりすると、たまたま見ていらっしゃったりした時に、「そんな所塗らなくていいよ!」と言われるんです。

 

ベランダに付いている薄いアクリル板を外さないと塗れない部分なんかも、「アクリル板を外す場合には別の業者を呼んで別料金になってしまうんですが」というと「じゃあその部分は塗らなくていいよ」と言われましたが、割れない程度に塗れる部分は塗って差し上げようという感覚でやっています。

 

ですが、僕らからしたら、壁が続いているので見える見えないに関係なくやっている事なんです。

 

しかも、もし塗っていなかったら、その現場をお客様が見たらどんな気持ちになるかなとも考えます。

 

あとは、当初のお見積りでは下塗り1回だったんですが、実際塗ってみたら外壁が思ったより劣化していて、その上に塗装しても綺麗に仕上がらないという場合なんかは、勝手にと言ってはなんですが、こちらでもう一回塗って差し上げたりします。

 

屋根なんかも洗浄してみないとわからないんですが、ボロボロだった場合、シーラー一回というお見積りでしたが、費用は取れませんので、サービスでもうひと塗りさせて頂いています。

 

こういった事は結構喜んで頂けますね。

 

良い事ばかりでも無く、お見積り時にはデメリットもキチンとご説明させて頂きます。

 

お客様から「この塗料を塗って欲しい」というご要望を頂いても、壁の材質や、外壁の環境によっては、塗料は5年持つとうたっていますが、半年でめくれて来るかもしれませんよ、と。

 

こういったご説明も後々お客様からお喜びの声も頂きます。

 

外壁塗装会社を選ぶ時どんな点に注意すれば良いでしょうか?

柴田塗装職人説明もほどほどにすぐに契約を迫ってきたり、よく現場調査もせず帰ったり、寸法も測っていないのに、大体で塗面積を出したりという業者さんは気をつけたほうがいいと思います。

 

大体窓の幅とかは決まっているので、測らなくても数字的には会いますが、塗面積や、外壁の状態、ひびがいくつあってどれ程酷いのかなどは、最低でも30分から40分見ないとわかりません。

 

柴田塗装がお見積りに行った時などに、お客様に以前来た業者さんのお話を聞きますが、結構いい加減な方が多いという印象ですね。

 

やはり細かい点まで行ってくれる業者さんが良いと思います。

 

お家の方は普通、いつも出入りしている玄関や裏口などしか見ないので、他の外壁部分を見ることは少ないんです。

 

そういった狭い部分や暗い部分は、見ている様で実際には気付いていらっしゃらない事がほとんどです。

 

逆にこういったことを言わないと、トラブルの基になったりもします。

 

元々「日指」が取れかかっている様な状態をお客様に言わずに完工した場合、私達の責任にされてもおかしくありませんので。

 

築年数が結構経過している家にありがちな事なんですが、クラック等足場を建てて触らないとわからない部分もありそういったことは事前に説明させて戴くのですが、大きな見落としがあった場合は、まず見落としを誤って、安い金額でさせて頂きますのでという形で修復させて戴く事も中にはあります。

 

最後に塗装をご検討されている方へメッセージをお願いします。

どんな工事でも結構でございますので、お問い合わせ頂ければ迅速に対応させて頂きたいと思います。

 

いつでもどんなときも対応いたしますのでお気軽にご連絡下さい。

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved