外壁塗装に適した時期と季節は?メリットやデメリットを徹底解説 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗り替えのチェックポイント > 外壁塗装に適した時期と季節は?メリットやデメリットを徹底解説

外壁塗装に適した時期と季節は?メリットやデメリットを徹底解説

外壁塗装に最適な時期と季節について、今回は富山e-リフォームの代表松田様に詳しくお話し頂きました。

 

外壁塗装に最適な時期は、4月の半ばから11月の始め位の、梅雨時期を外した時期と言えますが、実際に一年を通して塗装を希望されるお客様が多い時期は、5月から10月です。

※北陸、東北や北海道、本州等、地域によっても違ってきます。

 

塗装に一番適している気温ですが、水性系・溶剤系で多少違いはありますが、約15℃前後~27℃前後です。従いまして、冬場の0℃や1℃といった気温の中での塗装は出来ません。

 

そして、外壁塗装に適した時期を判断するポイントとしては季節も重要ですが、外壁の状態も見過ごせません。

 

また、日常生活に極力支障が少ない時期の選択と、塗装業者の繁忙期を避けることもポイントです。

 

基本的に四季を通じて作業が可能な外壁塗装だからこそ、こうした様々な要素から最適な時期を判断することが大切です。

 

各季節ごとのメリット・デメリットや、さらに外壁の状態や家庭の都合・状況によって工事の時期を見極めるためのヒントをお伝えします。

 

各季節や時期に外壁塗装を行うメリット・デメリット

一般的に、外壁塗装作業に適した環境として、気温5℃以下及び湿度85%以上の環境下での塗装は、塗料メーカーから推奨されていません。

 

一般的な塗料は「5℃以下の気温で使用してはいけない」とされていますので、冬場寒い時期の塗装は基本的に行いません。

 

春・梅雨の外壁塗装

春:工事には最適な気温・湿度であるものの工期が伸びる可能性あり

気温は高過ぎず低すぎず、湿度は低く塗料が乾きやすいため、工事には最適な時期です。

 

しかし、4~5月は不安定な気候であるため、当初予定していた工期が伸びてしまう可能性も想定しなければいけません。

 

梅雨:条件をクリアすればOK 雨天のため工期延長となるリスクは高い

塗装の天敵は雨や湿気等の水分ですので、塗装会社はこの最適な季節の中でも、何日も晴れの日が続くような期間を選んで塗装作業に入ります。

 

降雨がなく適した温度と湿度の条件をクリアしていれば、塗料を用いた工事に支障はありませんが、梅雨時期は工期延長のリスクが高い時期です。

 

梅雨時期に塗装をご希望されるお客様に対しては、「こんな気候ですので、焦らずにしっかりと進めさせて頂きます。」とお断りさせて頂く事が多いですね。

夏・秋・冬の外壁塗装

夏:塗料の伸びが良く作業は進めやすいが生活に制限が生じる

気温が高く塗料の乾燥時間が短縮でき、塗料の伸びも良いため作業が進めやすい時期です。

 

その反面、養生のために窓を開けられないなど、施主様の生活に制限が生じるデメリットがある季節です。

 

秋:最も施工しやすい季節であるものの台風には注意

空気が乾燥していて気候も心地良く、四季を通じて最も施工しやすい季節です。

 

ただし、台風シーズンと重なるため、台風の接近や直撃などの影響から工期が伸びる、作業現場の危険度が増すなどのリスクがあります。

 

冬:塗料は乾きやすいが作業時間の制限や雪や霜による遅れの可能性あり

空気が1番乾燥している時期で塗料が乾きやすく、養生で窓を閉めた状態のままでも支障がないのがメリットです。

 

対して日照時間が短く作業時間の制限や、雪や霜の影響による作業の遅れが懸念されます。

 

デメリットの比率が高い梅雨時や、積雪量が多い地域における冬季の作業は、避けたほうがよいかもしれません。

 

外壁の状態から判断する着工すべき時期と劣化進行度

外壁の状態の特徴

そもそも外壁塗装工事は、経年劣化による建物への二次的な悪影響の抑制と、外壁の美観の劣化の改善を目的とした作業です。

 

外壁が知らせる劣化のサインを見過ごさないためにも、塗装工事が必要な状態がどの状態なのか知っておく必要がありますね。

 

外壁の変色(色褪せ):劣化進行度が低いこの段階から工事を検討することがおすすめ

外壁の塗膜自体にはダメージが見て取れなくとも、施工当初と比較して色褪せが気になる場合には、塗り替えを検討すべき時期が近づいているといえます。

 

色褪せや変色は塗膜劣化が進行し始めているシグナルです。

 

劣化進行度が低いこの段階から外壁塗装工事を検討することで、ダメージが大きくなった結果高額な作業になってしまうリスクを回避してください。

 

チョーキング現象:劣化進行度は中で早めに対策を講じるべき

壁に触れた際に、手に白い粉が付着する状況がチョーキング現象です。

 

紫外線、太陽光の照射、風雨などが原因で塗装の表面が劣化することで生じるトラブルです。

 

実際に手で触れなくとも、雨が降って雨粒が降りかかったり水をかけたりすると壁が変色する場合、すでにチョーキング現象が始まっているといえます。

 

放置すると外壁のひび割れ、カビや藻の発生につながるリスクが高まります。

 

この現象を発見したら、早目に対策を講じるべきで、劣化進行度は中です。

 

塗膜の膨れや剥がれ:劣化度は高く早急な対処が求められる

外壁の塗膜が膨れ上がっている場合や剥がれ落ち始めている場合、外壁塗装自体の劣化がかなり進行してるといえます。

 

放置することで雨水が建物にしみ込んでしまうと、腐食の原因に直結します。劣化度高の、早急な対処が必要な状態です。

 

ひび割れ(クラック):0.3mm以上のクラックは劣化度が高く早急な対処が必要

クラックは外壁のひび割れを指す言葉で、クラックの幅が0.3mm以下のものが「ヘアークラック」、0.3mm以上を「構造クラック」と言います。

 

構造クラックは劣化度高の深刻なトラブルで、早急な対応が求められる症状です。

 

放置すれば雨水の浸入が止まらず、柱などの腐食につながり、建物全体の強度面にも悪影響が及ぶおそれがあります。

 

シーリング(コーキング)材の割れや塗膜剥がれ:劣化度が高く放置は厳禁

窓のサッシ周りやサイディングボード間の継ぎ目部分がシーリング(コーキング)です。

 

この部分が劣化して亀裂が入ると、雨水の浸入が避けられず、増し打ちや打ち替え作業を通じ、亀裂をふさぐ対処が必要です。

 

放置状態を随所で目にしますが、劣化度高で放置厳禁のトラブルです。

 

上記のとおり、外壁は劣化し、いずれ工事が必要となる時期が訪れます。

 

これを踏まえて、時期と季節、そして家族の事情や都合と兼ね合わせ、早目に計画を立てる準備が望まれます。

 

対して、早急な対処が必要な症状に関しては、私達のような専門家へすぐに相談してください。

 

時期や季節、外壁の状態のほか家庭の都合や状況も考慮して工事を進める

外壁塗装時は家族の都合も考慮

先ほども触れましたが、外壁塗装工事を行うには、時期や季節、外壁の状態に加え、家庭の都合や状況を考慮することも重要です。

 

外壁塗装工事は、建物の周囲に足場を組み、多くの職人が作業を続けるため、日常生活への影響が避けられない作業です。

 

建物によって想定される工期は異なりますが、ほとんどの場合、着工から完成まで数日程度では不可能で、一定期間を要する工事となります。

 

たとえば家族に受験生がいる場合、追い込みから受験本番となる秋から春の時期を避けるような配慮が重要となります。

 

家族それぞれの年間スケジュールを視野に入れ、より早い段階から、家庭にとってベストな時期の着工が可能となるように、余裕をもって準備を進めていくことをおすすめします。

 

ケアレスミスの発生を防ぐためには塗装業者の繁忙期を避けることが賢明

外壁塗装工事業者の工期は秋と春に集中するため、これらの時期の外壁塗装工事業者は、いずれもが連日フル稼働の繁忙期となります。

 

職人の確保に一苦労というケースも珍しくなく、それぞれ請け負った工事の工期もギリギリの詰め込み状態となり、天候不良などによる工期延長を可能な限り回避する必要が出てくるものです。

 

こうした状況下では、そこに他意や悪意はなくとも、ケアレスミスやひとつひとつの対応が粗雑になってしまうリスクが避けられません。たとえば、打ち合わせに際して誤解や誤伝達が生じてしまったり、時間短縮最優先を意識するあまり、現場作業が粗雑になったりするなど、工事の品質への悪影響が不安視されます。

 

安全確保や周辺住民・通行者への配慮の欠落などのリスクも懸念されるため、業者の繁忙期の工事は、できれば避けておくことが賢明と言えます。

 

急を要する工事の場合を除き、総合的に判断して、それでも秋もしくは春の繁忙期の着工を希望されるのであれば、発注が駆け込みにならないよう、余裕をもった工事期間の確保に努めましょう。

 

加えて、良い時間帯は、朝や夜といった時間帯も避けた方が良いでしょう。

 

業者に相談して最適な工事の時期を決定することがベスト

時期や季節を見誤ると、本来出るはずの耐久性が出なかったり、仕上がり(見た目)も汚くなり、最悪なケースになりますと、密着不良で上塗り材が剥離してきます。

 

例えば上塗りを2回という事で仕上げた夜に、露が出て外壁が塗れてしまった場合、明らかに表面が「ボケ〜」とした仕上がりになって、艶も引けてしまいます。

 

もしこういった状況になった場合は、表面を薄くサンドペーパーで研磨し、今度はしっかりと晴れて乾燥している日に塗り込まなければなりません。

 

こういった状態にならないためにも、外壁塗装のご予定を、早めに私達プロの塗装業者に相談頂きたいです。

 

必要となる工事の内容や想定される工期を確認できますので、そこからベストな時期を導き出してご提案させていただく事が可能になります。

 

間違えても、ご自身のスケジュールだけで塗装時期を決めない様、ご注意願います。

 

富山e-リフォーム 代表 松田猛久

 

外壁塗装の達人塗装にとって「雨」や「氷点下」という状況は絶対に避けなければいけないという事ですね。一般住宅であれば10日前後の工事期間中になるべく雨を避けた時期を選ぶ事が重要で、工期を焦って雨の日も作業するという事が無いように、余裕を持ったスケジュールを組むことが大事です。「外壁塗装の達人」では、無料で複数の優良塗装店からご提案を受けることが出来ます。ご自宅近くの複数の「外壁塗装の達人」を比較してみましょう!

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved