模様(目地)を活かした外壁塗装5選!外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

模様(目地)を活かした外壁塗装5選!2015/10/17

1:目地を活かした外壁塗装

細かい模様のデザイン家によっては細かい目地が存在していることも多いのですが、この目地を活かして外壁塗装を行うと、かなりきれいな外壁になります。

 

人によってはしっかりと塗ってほしいと思うこともあるでしょうが、目地を活かすと凹凸が模様のように見えるので、アートのように仕上がるります。

 

1色しか使用していなくても、目地を活かした塗装を行うことで、一般的な塗装とは全く違う感じになります。

 

色褪せてしまうと凹凸の模様が殆ど見えなくなってしまうので、色が褪せてきたら塗り直しをする必要があります。

 

色はどのような感じでも合うのが特徴です。

 

2:違う色を重ね塗りする外壁塗装

模様を活かした2色外壁人によっては凹凸の面までしっかりと色を塗りたいと考えているでしょうが、このような場合には違う色を重ねて使用する方法がよいでしょう。

 

例えば凹凸の部分だけ黒の色を塗り、他の面は全て茶色にするというような感じです。

 

そうすることで家のイメージがかなり変わってくるのですが、そんな塗装ができるのかと疑問に思う人もいるかと思います。

 

実際にこのような塗装は可能となっています。

 

ローラーを使用する場合には、素材や毛の長さを変えて使用することで、凹凸部分にも塗装ができますし、塗りたくない部分には養生テープなどを貼り付ければ可能です。

 

ただし、しっかりとした技術を持っている業者に依頼しないといけません。

 

3:亀裂が入っているように仕上げる

模様を活かした塗装家によっては比較的塗装が新しいのに、亀裂が入っているように見える場合があるでしょう。

 

しかし、実際に亀裂が入っているわけではなく、外壁塗装による技術で亀裂が入っているように見えるだけで、僅かなくぼみを利用して行っているに過ぎません。

 

亀裂のように見せる場合には、やはりアートのような感じに仕上げることで独自性のある家に仕上がるため、ただ亀裂が入っているように見せるだけではダメでしょう。

 

美しい模様のように見せたいという人もいるでしょうし、実際に亀裂が走っているように見せたいという人もいると思います。

 

多くの人はアートのように見せたいと考えていると思いますので、あらかじめどのように外壁塗装をするのか考えておくとよいでしょう。

 

いい具合に目地がある場合には、目地通りに外壁塗装をするだけで、亀裂のように見えてもアートのように仕上げることができます。

 

4:波のような模様にする(左官仕上げ)

左官仕上げの模様目地を活かした外壁塗装をする場合、亀裂や凹凸をうまく利用することが多いのですが、中には波のような感じに塗装がなされている家もあります。

 

これを左官仕上げと言います。

 

波のように見せるためには、吹付玉模様やローラー波模様という方法を用いて行います。

 

目地を利用しなくても、普通の波模様ではなく、場所によって全く異なる波模様を作ることができるのです。

 

左官仕上げ模様家の目地というのはその家によって異なっており、全く一緒という家は存在していません。

 

簡単に言えば人間の指紋のようなものなので、同じような外壁塗装であっても、全く同じになることはないため、独創的な家に仕上がるので目地を活かした塗装は人気があるのです。

 

例えば一流の左官職人であれば、左写真の様な模様も可能で、職人の技術がそのまま外壁に出る、大変デリケートな技法になります。

 

5:最も目地を活かせるクリア塗装

目地を活かしたクリア塗料目地を活かせる塗装はたくさんあるのですが、数多くある外壁塗装の中でも、最も目地を活かした塗装ができる方法がクリアー塗装と呼ばれている方法です。

 

名前でわかるように、透明な塗料で多くの人が利用しています。

 

汚れも付きにくく、高耐久の塗料が多く、料金も比較的リーズナブルに行えます。

 

ただし、クリアー塗装は劣化が進んでしまうと塗装が不可能になってしまうので、定期的な塗装(15年や20年に一度といったスパンで)が必要があります。

 

雰囲気や光沢なども自分で決めることができるというメリットがあるので、目地を活かしてきれいな塗装が可能になります。

 

外壁塗装の達人目地がある外壁の場合は、元々の模様を活かした塗装が似合います。また、平坦な外壁でも職人の腕で模様を表す事も出来て、イメージする外壁は大体実現すると覚えておいてください。ただし、左官仕上げでもわかりますが、職人の腕によって出来栄えが左右される塗装もあります。塗装業者から見積もりをとり、自分が希望する外壁塗装を実際に行った近所のお家を見せてくれる業者を選ぶ事が重要です。自社の腕に自信があるから見せる事が出来るのです。「外壁塗装の達人」では、無料で複数の優良塗装店からご提案を受けることが出来ます。ご自宅近くの複数の「外壁塗装の達人」を比較してみましょう!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved