悪徳訪問セールス最新詐欺手口TOP5!外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

悪徳訪問セールス最新詐欺手口TOP5!2015/12/26

悪徳セールス業者手口外壁塗装、屋根塗装、外壁リフォームは、ずっと昔から詐欺の対象となってきました。

 

大きな理由は、お家の痛み具合や、塗料のグレード、施工会社によって、200万円以上の価格差が出る業界だからです。

 

ここでは外壁悪徳業者の最新手口を5つご紹介しますので、参考に注意して下さい。

「今だけ安い」に気を付けて

世の中の多くの人間は「お得」という言葉に弱いものです。

 

悪徳セールス業者ももちろんそれは分っていて、モニター価格で半額です!キャンペーン価格で普段よりかなり安いですよ!といった、うっかり心が躍ってしまいそうなキーワードを持ち出してきます。

 

しかし例えば本来は100万でできる塗装工事を、「本当は200万円だけど、キャンペーンを使えば100万でできる」などという具合に、そもそもの価格を偽っている場合もあるのです。

 

本当は1円も安くなっていないのに安いと錯覚させ、さらに悩んで決めきれない人に対しては「今だけ」「今日までに決めてくれれば安くなる」と考える隙を与えないよう畳み掛けてきます。

 

焦って上手い話しに乗ってしまわないよう、どんなに相手が強引であっても冷静さを失わないことが大切です。

 

支払いのタイミングに注意

外壁塗装など家に関する工事を行う場合、全額後払いかもしくは着手金と完了時の2回払いになるのがよくあるパターンです。

 

最近ではリフォームローンを使っての支払いも増えています。

 

しかし悪徳訪問セールスでは、工事前であるにも関わらず何が何でも一括で全額払わせようとすることがあります。

 

これはとても単純なことで、契約してお金だけもらったら後は連絡を絶って逃げてしまおう、ということなのです。

 

また工事が行われたのは良いものの、すぐに塗装が剥げてしまった、明らかに手抜き作業をされたというトラブルも沢山あります。

 

突然家にやって来て、全額工事着手前に支払うよう勧めてくる訪問セールスには注意しましょう。

 

専門用語を多用するセールスは怪しい!

外壁の塗装というのは、中々素人目にわかりにくいところがあります。

 

今そんな私たち一般の人間に専門知識がないということにつけ込んでで、お金を巻き上げようとする悪徳セールスが増えているのです。

 

どんな工事が必要で、こんな塗料を使って…と、見積もりを出す段階のセールストークで色々と説明されると思います。

 

この時に「お宅の壁だと○○だから、××の手法を使えば塗装が長持ちしますよ」などと、もっともらしい専門用語を多用し、必要以上に高い料金を吹っ掛けることもあります。

 

分らなければ聞けばいい、と思うでしょうが、相手はマニュアルを叩き込んだ詐欺師ですから、その専門用語や意味自体が嘘であることも考えられます。

 

きちんと具体的にわかりやすく説明してくれない、パンフレットや資料を出してくれない、そんな訪問者はまず疑ってかかるくらいの気持ちでいいかも知れません。

 

良い業者程、専門用語は使わずに、子供やお年寄りでもわかる言葉でわかりやすく解説出来るものです。

 

「悪い奴」ほど不安を煽る!

「お宅の壁、かなり塗装が劣化していて、このままじゃあっという間に内側が腐って高額の修理費がかかりますよ!」

 

そんな風に言われれば、誰だって不安な気持ちになってしまいます。

 

しかし突然やってきてこんなことをいうセールスの事をすぐに信じてしまうのは危険です。

 

悪徳業者はとにかく何でもかんでも悪く言うことで不安を煽るだけ煽り、混乱して焦っている人に詐欺を働こうとします。

 

「不意打ち」ではありませんが、いきなり「今すぐ塗装しないと大変なことになる!」と思ってもいなかったことを突きつけられ、強引に話を進められるうちにそういうものなんだと思い込まされてしまうのです。

 

こういうセールスが訪ねて来たら、契約する前に他の業者に依頼して本当にそんな状態なのかを見てもらうようにしましょう。

 

親切な工事業者を装ってくる

「今近くで他の家の外壁塗装をしていて、たまたまお宅の壁が気になったから点検させてほしい」

 

そんな言葉で家を訪ねてくるパターンの悪徳セールス業者も多いようです。

 

いきなり訪ねてきてそんなことを言われても怪しいと警戒するところでしょうが、業者側もそれはきちんと理解しています。

 

スーツ姿だと緊張感を与えることもあるので、業者を装うための作業着風な服装であったり、最初はあえて工事の話を出さずに「相談に乗りますよ」などと言って親切なふりをして、徐々に心の距離感を詰めてきます。

 

そして相手が自分の話をちゃんと聞いてくれているとわかった時点で、いよいよお金の話を持ち出してくるのです。

 

こうなると被害者は騙されたと気付くのが遅くなり、取り返しのつかないことになりかねませんので、やはりその日すぐに契約するのは絶対NGと頭の中に留めておいてくださいね。

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved