フッ素塗料のメリットとデメリット外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

フッ素塗料のメリットとデメリット2016/02/29

フッ素塗料で塗装した外壁フッ素塗料は、寿命がとても長い機能性塗料です。

一般的なアクリル系塗料やシリコン系塗料と比べると、雲泥の差で高い機能性効果を発揮します。

とてもクオリティが高いフッ素塗料ですが、まだまだ需要と供給が少ない影響から価格が高めです。

フッ素塗料にはどのような特徴があるのか、メリットやデメリット、注目してほしい理由も含めてご紹介していきます。

 

フッ素塗料とは?

フッ素塗料は、塗料の主成分の樹脂がフッ素系の塗料です。

フッ素樹脂の技術を使って開発された塗料であり、寿命の長い塗膜を作る事が出来ます。

フッ素が持つ非粘着性や耐摩耗性、難燃性を利用し、外壁塗膜に大きなメリットを与えて素晴らしい塗膜を作ります。

フッ素の素晴らしさは、焦げないフライパンに加工されているフッ素加工が証明していますので、素人の方でも理解しやすいと思います。

フッ素加工フライパン焦げ付かないフライパンのように、汚れを寄せ付けず綺麗な状態を保ち塗膜の寿命を高めます。

今のような時代には、エコで経済的に見ても優秀な塗料です。

ここまで素晴らしい塗料なのになぜフッ素塗料は普及しないのか、その理由は価格の高価さにあります。

その為、大きな建物には採用されているのですが、なかなか一般住宅では採用されにくい塗料でもあります。

有名どころでは、このようなところにフッ素塗料は使用されています。

  建物名
1 六本木ヒルズ
2 東京スカイツリー
3 羽田空港立体駐車場
4 横浜レインボーブリッジ
5 後楽園ホール
6 国立劇場

また、航空宇宙産業機器にも使われている程、とても信頼性がある優秀な塗料です。

大きな建物はメンテナンスが大変なので、フッ素塗料のような高機能塗料を使うとメンテナンスに手間がかかりにくい大きなメリットが生まれます。

その為、大きな建物には比較的採用されております。

住宅等の小さな建物にはなかなか採用されにくい塗料ではありますが、小さな建物にも費用対効果が充分ありますので、是非採用してほしいおすすめの塗料です。

 

フッ素塗料の特徴

フッ素塗料には、このような沢山の素晴らしい特徴があります。

 

フッ素塗料の耐熱性

耐熱性

フッ素塗料は外壁素材に密着しはがれにくい性質があり、紫外線等の熱から建物を守ってくれます。

紫外線から守る事で外壁の素材の劣化を防ぐ事に繋がるので、経済的な建物にする事が出来ます。

 

親水性

フッ素塗料には親水性があるので、外壁に付着した汚れを雨等で綺麗に洗い流してくれます。

一般的な塗料の塗膜と違い塗膜に汚れが付着しにくいので、いつまでも綺麗な外壁を保つ事が出来ます。

外壁によくある雨染み等の汚さは、フッ素塗料を塗布すると回避させる事が出来ます。

その為、淡い塗装の色を採用しても綺麗な状態を長期間保つ事が出来ます。

 

防カビ性、防藻性

フッ素塗料は防カビ性と防藻性を持っているので、カビや藻を作らない外壁にする事が出来ます。

光触媒のように太陽の光は一切関係ありませんので、北側等の太陽が当たらない面でも発揮させる事が出来ます。

しかし、完全にカビや藻を防げるという訳ではありませんので、ある程度清潔を保つと綺麗を維持させる事が出来ます。

付着しても親水効果によりすぐに取り除く事が出来るので、カビや藻を発見したら即座に取り除く事をオススメします。

 

耐候性

フッ素塗料は外壁素材にぴたっと密着する性質があり、馴染みが良いので耐候性を高くさせる事が出来ます。

紫外線や雨風から外壁を守ってくれるので、寿命の長い建物へと繋げる事が出来ます。

 

耐摩耗性

フッ素塗料は耐摩耗性が高いので、光沢の保持を高める事が出来ます。

他の塗料の塗膜の光沢保持は、アクリル塗料やウレタン塗料で5年で20%の光沢減少、シリコン塗料で10年で20%の減少なのに比べて、フッ素塗料は20年で10%の減少しかしません。

長年経っても古臭い外壁の雰囲気を見せないのも、フッ素塗料の大きな特徴です。

 

フッ素塗料のメリット

塗膜の寿命の長さ

塗料別単価

 

フッ素塗料の最大のメリットは、塗膜の寿命が長いという事です。

約15~20年の耐用年数であり、一般的な塗料と比べると約2倍もの耐用年数を持っています。

長持ちしている建物では、30年以上も塗り替えを行っていないフッ素塗料の建物もあります。

 

生涯リフォーム回数が減る

一般的な塗料は10年ほどの寿命ですので、20年間の間に2回、30年間の間に3回塗り替えを行うのであれば、断然高寿命なフッ素塗料の方がお得という計算になります。

塗装費用は高価ではありますが、耐用年数が物凄く長いので長い目で考えると物凄くお得です。

何度も外壁塗装工事を行うと、その際にかかる仮設工事の回数も増えます。

仮設工事削減や環境等を考えると、今の時代にとても非常に適した外壁塗料です。

生涯リフォーム回数を減らす事が出来るのは物凄いお得となり、気を使ったりする事も減るので建主さんにとって最大の楽となります。

 

新築のような光沢の綺麗さ

フッ素塗料は親水性を高める為に、ツヤあり塗料となります。

ツルッツルのピッカピカになるので、まるで新築のような綺麗な光沢の塗膜となります。

建物全体が豪華に見えるので、古くなった建物でも見違えります。

 

 

フッ素塗料のデメリット

大変メリットが多いフッ素塗料ですが、残念ながらデメリットもあります。

もちろんデメリットよりもメリットの方が勝っていますが、どのようなデメリットがあるのか把握してみましょう。

 

費用が高い

フッ素塗料は費用が高額

まだまだ需要と供給が少ないので、費用が安価にならないデメリットがあります。

業者にもよりますが、シリコン塗料で㎡当たり1,800円程、フッ素塗料が㎡当たり3,000円程という大きな差があります。

約1.6倍もの差がありますが、費用の高さには劣らない素晴らしいメリットで充分にカバーできると言えます。

初期費用を捻出出来る費用が限られている場合は、採用は難しいと言えます。

 

認知度が低い

費用が高くあまり使われる頻度が少ない塗料ですので、巷での認知度は残念ながら低い傾向があります。

とても良い塗料なのでもっと知られていても良いのですが、一般的に考えると手が出しにくい単価の塗料です。

 

フッ素塗料に建物への延命効果は無い

フッ素塗料の素晴らしい効果を勘違いし、フッ素塗料を塗布すれば建物の寿命が長くなると勘違いしている方もいるようです。

あくまで高度な機能性塗料という事であり、今にも壊れそうな建物にフッ素塗料を塗布しても建物の寿命を長くする事には繋がりません。

 

ツヤありしかない

フッ素塗料は、ツヤあり塗料しかありません。

「マットなツヤなし」が好みの方には、フッ素塗料は不向きです。

少なくても3分ツヤ以上ですので、ツヤの妥協が出来ないのであればオススメ出来ません。

フッ素塗料にツヤがある理由は親水性に大きく関わっているので、ツヤなしでは効果を発揮しません。

かなりピカピカな塗装になりますので、まずはサンプルで光沢の状態を確認する事をオススメします。

 

 

フッ素塗料の威力は知識が無い業者では発揮できない

フッ素塗料は知識のある業者でフッ素塗料の効果は、ただ塗布するだけでは万度に発揮しません。

塗料は下地との密着性が大事ですので、下地ときちんと密着するように下地処理を行わなければいけません。

塗装工事を行っている業者はピンからキリまであり、知識が乏しい塗装屋さんが扱うと下地処理を万度に行わずフッ素塗料のパワーを最大限に発揮させる事が出来ません。

フッ素塗料は水性で施工性が高い塗料ですので、比較的扱いやすい塗料です。

しかし、きちんとした下地処理を行わず塗布されると、せっかくの高価なフッ素塗料も台無しです。

フッ素塗料での塗装工事を万度に行う為には、地元の評判の良い業者に依頼するようにしましょう。

訪問販売のような、どこの会社か解らない業者に依頼する事は絶対にしてはいけません。

外壁塗装の達人では地元で評判の良い塗装業者さんを無料でご紹介しております。

是非お気軽にフォームからご入力下さい。

⇒外壁塗装の達人で地元の優良業者から見積もりを取る

 

採用してほしいフッ素塗料とは

フッ素塗料の缶最近は、フッ素塗料の種類も物凄く増えてきました。

増えてきた半面、信用できない粗悪なフッ素塗料も増えてきているのも現実です。

フッ素塗料は、フッ素のパワーで素晴らしい塗膜を作る事が目的です。

その為に高価な費用を支払うのに、それに便乗して粗悪な内容のフッ素塗料も残念ながら増えてきております。

粗悪なフッ素塗料に出会わない為には、大手塗料メーカーから出ているフッ素塗料を採用するようにしましょう。

これらの大手塗料メーカーのフッ素塗料の採用を強くオススメします。

メーカー おすすめフッ素塗料名
日本ペイント ファイン4Fセラミック、スーパーオデフレッシュF、水性サーモアイウォールF等
エスケー化研 クリーンマイルドフッソ、水性セラタイトF、水性弾性セラタイトF等
関西ペイント アレスアクアセラフッソ、セラMフッソ、アレスクール水性F等
旭硝子 ルミフロン等

なるべくこの4つのメーカーのフッ素塗料を採用する事をおすすめします。

もしも、この4つのメーカー以外のフッ素塗料を進めてくる業者がいた場合、その業者は一旦保留にしてもよいかもしれません。

特に、訪問販売の場合は「自社で開発したフッ素塗料」と言ってくる業者がいます。

塗料というのは大手塗料メーカーでも時間と手間をかけてようやく開発するのに、その辺の訪問販売の業者がそれ以上の良い塗料なんか作れる訳がありません。

このような自社開発塗料を押してくる訪問販売業者は、要注意ですので絶対に避けましょう。

 

フッ素塗料の魅力が認知されたら?

現在普及塗料として使われているシリコン塗料も、一昔前までは高額な塗料と言われていました。

30年ほど前はアクリル塗料が主流であり、シリコン塗料は高価な塗料という認識で採用される事が少ない傾向がありました。

しかし、アクリル塗料は雨水に含まれる酸に弱く、すぐに剥がれてしまい色褪せた外壁が目立っていました。

アクリル塗装では外壁塗装としての役目を充分に果たせないという事から、採用されるようになったのがシリコン塗料です。

そんなシリコン塗料も、今は普及品の塗料として使われるようになりました。

フッ素塗料の大きなメリットが広く認知されるようになったら、需要がどんどん増えていく事は間違いありません。

初期費用は高価ですが、絶対に期待を裏切らない塗料です。

外壁塗装は面積が広いので工事費用をお安く抑える事は基本ではありますが、メンテナンスや寿命の事を考慮して1番適した塗料を選定するようにしましょう。

費用対効果が高い1番の外壁塗料が、フッ素塗料です。

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved