外壁洗浄の方法と注意点外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁洗浄の方法と注意点2016/03/13

ご自宅の経年により気になっていく変化といえば、外壁の汚れではないでしょうか?

外壁の汚れは、放って置く事で外壁を痛めてしまう事もあるとても厄介な物です。

外壁の汚れが良くない事が解っていても、どんなふうに取り除けばよいのか解らない方も多いのではないでしょうか。

外壁の汚れを綺麗に一掃させる、外壁洗浄の方法や注意点を詳しくご紹介していきます。

外壁洗浄をする上での大事なポイントを把握して、外壁や建物に負担を掛けなく綺麗な外壁に導きましょう。

 

外壁洗浄を行う必要はあるのか?

外壁洗浄の必要性

外壁は外部に面している部位ですので、汚れて当たり前の環境のもとにあります。

汚れて当たり前の外壁は、汚れていると大きな問題へと導いてしまいます。

外壁が汚れていてはいけない理由は、これらが挙げられます。

・見た目が良くない

・塗膜の劣化

・外壁の劣化

・雨漏りを起こす恐れがある

・建物内部の劣化

たかが外壁の汚れと思われるかもしれません。

しかし、このような大きな影響にまで発展してしまう事があります。

これらの致命的な影響を建物に与えない為には、外壁洗浄を定期的に行う必要性があります。

 

※あなたの街の塗装適正相場を知りたい方は、こちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。

 

軽微な汚れの外壁洗浄方法

軽微な外壁の汚れは、家庭にある洗浄グッツで洗浄が可能です。

使用する道具は、これらとなります。

道具名
1 ホース
2 バケツ
3 ブラシ
4 スポンジ
5 雑巾
6 中性洗剤
7 カビ取り洗剤

汚れの度合いが低い場合は、これらの洗浄方法で綺麗に落とす事が可能です。 洗浄方法は、このような流れとなります。

 

① 外壁全体をホースの水で洗い流す

水で汚れを落とす

外壁全体にホースで水を掛けて、ほこりなどをある程度落として綺麗にします。

 

② 水を使ってブラシで汚れを落とす

ブラシを使って、汚れを水で綺麗に落とします。 強くこすると外壁の素材に大きな影響を与えてしまうので、優しく丁寧に汚れ落としを行いましょう。

 

③ 洗浄剤を使って汚れを落とす

水洗いで綺麗にならない汚れは、洗浄剤を使って優しく丁寧に落とします。

バケツの中に10倍前後に薄めた中性洗剤を使い、ブラシで力を入れすぎずこすります。

コケや藻などの取れにくい汚れは、洗浄剤を塗布してしばらく放置してから汚れを取り除きます。

2階等の手が届きにくい部分には、柄の長い高所用のブラシを使うと便利です。

一般的な汚れ部分には中性洗剤、北側などカビが生えている部分はカビ取り洗浄剤を使用します。

この外壁洗浄方法で、外壁の汚れはかなり落とす事が出来ます。

しかし、手の届く範囲はどうしても手つかずになってしまいます。

時間も多くかかってしまうので、外壁全体を綺麗にするには何時間もかかってしまいます。

お金が1番かからない方法ではありますが、課題も多く残る外壁洗浄方法となります。

 

家庭用高圧洗浄機を使った外壁洗浄方法

家庭用高圧洗浄機ブラシやスポンジで落ちない頑固な汚れの場合は、家庭用高圧洗浄機を使用して汚れを取り除きます。

高圧洗浄機とは、高圧な水圧で汚れを落とす機械です。

車の洗浄の際に使う洗浄機がありますが、それと同じ仕組みです。

ホームセンター等に売っている家庭用の高圧洗浄機は、1台10,000円程度からあります。

工事で使用する高圧洗浄機よりも圧力が低いので、外壁に余計な負担を掛けないメリットがあります。

広範囲のしつこい汚れを綺麗に取り除く事が出来るので、想像以上に綺麗になります。

ポイントは、高圧洗浄の圧を高くしないする事です。 高圧洗浄機の圧を高くして外壁洗浄をしてしまうと、サイディングの継手やモルタルのクラックより水が浸入してしまいます。

あくまで低い水圧で外壁洗浄を行うようにする事が、大きなポイントとなります。

どの家庭用高圧洗浄機にも強弱の調整が付いているので、圧を低くして使用する事は可能です。

① 水のみを使って高圧洗浄を行う

水のみを使って、高圧洗浄を掛けて外壁洗浄を行います。

水圧で、大抵の汚れは取り除く事が出来ます。

 

② ガンコな汚れは外壁洗浄剤で洗浄

経年の頑固な取れない汚れがある場合は、外壁洗浄剤を使って綺麗に落とします。

高圧洗浄機のタンクの中に外壁洗浄剤を入れて、高圧洗浄にて落とします。

外壁洗浄剤の価格は、2,000円~20,000円まで幅広くあります。

外壁洗浄剤を使った場合は、最後に水を掛けて綺麗にします。

 

※あなたの街の塗装適正相場を知りたい方は、こちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。

 

プロの業者による高圧洗浄機の外壁洗浄

高圧洗浄外壁

 家庭用高圧洗浄機で外壁洗浄する事に自信が無い場合は、プロの業者に依頼しましょう。

使用するのは一般的な高圧洗浄機ですが、洗浄の圧の調整をして洗浄してくれます。

また、外壁の隅々まで綺麗に洗浄をしてもらえますので、ご自分で行うのとは雲泥の差となります。

ご自分で外壁洗浄を行うよりも費用が高くなってしまいますが、3つの方法の中では1番外壁を綺麗にする事が出来る方法です。

高圧洗浄の方法は、家庭用高圧洗浄機での洗浄方法と同じです。

業者に依頼した際の高圧洗浄費用は、業者によってムラがありますが㎡当たり200~300円程度です。

ガンコな汚れがある場合は、同じく外壁洗浄剤を使用します。

 

しぶとい汚れを綺麗に落とすバイオ洗浄

バイオ洗浄ガンコなカビやコケが酷い外壁は、高圧洗浄を掛けても綺麗に落ちない場合があります。

そんなガンコな汚れがある外壁洗浄は、バイオ洗浄がオススメです。

バイオ洗浄は、バイオの技術により専門の植物性の洗浄剤を使って外壁洗浄を行う方法です。

何をしても取り除けないカビやコケでも、綺麗に落とす事が出来ます。

また、汚れの原因バクテリアを分解させる事が出来るので、カビやコケ等の発生を抑える事が出来ます。

綺麗な外壁を保つ事が出来るようになるので、オススメの洗浄方法です。

バイオ洗浄は、一般的な高圧洗浄費にプラス㎡当たり200~300円程かかります。

 

高圧洗浄機を使う際に注意してほしいポイント

とても便利な高圧洗浄機ですが、便利ゆえに厄介な部分もあります。

そのため、注意しなければいけない事もございます。

 

高圧洗浄の際の周りへの飛散

高圧洗浄機は水に大きな圧を掛けて噴射するので、周りに水が飛び散ってしまう恐れがあります。

周りに大きな影響を与えてしまうので、注意しなければいけません。

水を掛けたくない部位にはあらかじめ養生をし、飛散防止に努めましょう。

お隣など周りの家にも影響を与えてしまう恐れがある場合は、その旨事前にお話ししておくと良いでしょう。

 

コンプレッサーの騒音

高圧洗浄機はコンプレッサーで動かすので、使用している最中はコンプレッサーの独特の大きな音が響き渡ります。

聞き慣れないコンプレッサーの音は騒音ですので、音が出る事を事前にご近所に知らせておくようにしましょう。

 

※あなたの街の塗装適正相場を知りたい方は、こちらのフォームから「10秒カンタン無料診断」を行って下さい。

 

外壁洗浄の際の注意してほしいポイント

外壁を綺麗にしたいが為に、過剰に外壁洗浄を頑張ってしまう事があります。

しかし、あくまで外壁に余計な負担を掛けない為に外壁洗浄を行う事が鉄則なので、外壁に負担を掛けずに洗浄を行っていく事が大事となります。

外壁洗浄注意点

晴れた天気の良い日に外壁洗浄を行う

風もない晴れた天気の良い日に外壁洗浄を行う事で、ほこりなどを寄せ付けず綺麗に洗浄を行う事が出来ます。

天気の悪い日や風の強い日に外壁洗浄を行うと、せっかく綺麗にした外壁にすぐに汚れなどが付着してしまう場合があります。

 

コーキング目地に優しく外壁洗浄を行う

コーキング目地の汚れ

コーキング目地は水圧にとても弱いので、簡単に劣化させてしまいます。

コーキングが少しでも弱った所に水圧がかかってしまうと、コーキングに隙間が出来てしまいコーキングとしての役割を果たす事が出来なくなってしまいます。

コーキング目地部分には、優しく洗浄を掛けるように心掛けましょう。

 

軒天や通気口に水を入れてしまう事がある

軒天と通気口高圧洗浄機を上手く使いこなさない事で、軒天や通気口から水を建物内部に入れ込んでしまう事があります。

それらの水が入り込む恐れがある部位の外壁洗浄は、気を付けて行わなければいけません。

 

研磨剤は使わない

研磨剤

コケや藻などの頑固な汚れがある場合、クレンザー等の研磨剤を使ってしまった方が早いと思われるかもしれません。

クレンザーは汚れを綺麗に落とす事が出来ますが、外壁の素材も削ってしまいます。

外壁の表面が劣化してしまいますので、絶対に使ってはいけません。

 

DIYで外壁洗浄を行う際は服装に注意

カッパ高圧洗浄は水が跳ね返ってくるので、全身ドロドロになってしまいます。

長靴やレインスーツ、ゴーグルは必ず到着して、濡れないよう完全防備で外壁洗浄を行うようにしましょう。

 

外壁洗浄によくあるぼったくりに注意!

外壁洗浄を訪問販売等の飛び込む業者に依頼した際、なんと100,000円もかかったなんていうケースがあります。

そんな高額な外壁洗浄は、有り得ません。

一般的な住宅の外壁面積は150㎡程度ですので、㎡当たり300円と高く見積もっても45,000円にしかなりません。

100,000円もかかるなんて、バイオ洗浄をしたかのような高額な請求額です。

外壁洗浄は、思ったよりお安く行う事が出来るので勘違いをしないようにしましょう。

ご自分でDIYで行うのも良いですが、隅まで洗浄が行き渡らなく万度な外壁洗浄とならない場合が殆どです。

外壁洗浄は、プロの業者にお願いしてスッキリ綺麗にしてもらいましょう。

外壁洗浄をしたいけれどどこの業者に依頼したらわからない、そんな場合は当サイトの「外壁塗装の達人」へお見積り依頼をしてみませんか。

お客さまのお住まいの地域の厳選された塗装屋さんを教えてくれますので、地元の業者さんに外壁洗浄を依頼する事が出来ます。

もちろん無料ですので、お気軽にご利用してみてください。 ⇒外壁塗装の達人へ一括見積もりはこちら

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved