ラジカル塗料のメリットとデメリット外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

ラジカル塗料のメリットとデメリット2016/03/18

ラジカル塗料は2015年に日本ペイントなどで発売された新しい塗料であり、今までの塗料には無い大きな特徴を持っている素晴らしい塗料です。

高機能なのに、誰でも使う事ができる使いやすい塗料という今までに無い珍しい特徴もあります。

どのように優れた塗料なのか、その詳細を詳しくご紹介していきます。

ラジカル塗料の魅力を知ったら、絶対に採用したくなる魅力ある塗料です。

 

ラジカル塗料とはどのような塗料?

パーフェクトトップ塗料ラジカル塗料の「ラジカル」とは、酸素や紫外線、水などが顔料に接触する事で生まれる劣化因子の事を指します。

塗装が劣化してしまう原因は、ラジカルが発生する事で塗膜の劣化がどんどん進んでいきます。

そんなラジカルに目を向け、ラジカルを発生させない事にとことんこだわって作られた塗料がラジカル塗料です。

ラジカル塗料は、ラジカルの発生を抑え塗膜が劣化しにくい状態を保つ塗料という事です。

ラジカル塗料には、ラジカル抑制の為に下記2つの成分が配合されています。

 

高耐候酸化チタン

酸化チタンというのはラジカルを発生させている成分なのですが、高耐候酸化チタンはラジカルバリアという能力を持っており、ラジカルを外に出さない性質があります。

そのため、樹脂の分解を抑えて劣化しにくい塗膜を保つ事が出来ます。

 

光安定剤

発生してしまったラジカルを捕まえてラジカルの働きを抑える役目を持っているので、ラジカルの発散を抑える事が出来ます。

 

ラジカル塗料は、この2つの役割により劣化しにくく耐候性が高い塗膜とする事が出来ます。

塗膜の寿命を高める事ができるので、大変優秀で機能的な外壁塗料です。

 

今までの外壁塗装グレード中に仲間入り!5番目の塗装グレードに!

塗料のグレード表今までの外壁塗装のグレードといえば、アクリル、ウレタン,シリコン、フッ素等の機能性塗料の4つのグレードに分かれていました。

安定しつつあったこの4つの外壁塗装の中に仲間入りしたのが、ラジカル塗装です。

ラジカル塗料はシリコンとフッ素系の間位のクラスの塗料であり、しかも単価が安いので一般の方でもお求めしやすい塗料と人気を博すようになりました。

現在普及品となっているシリコン塗料と単価が変わらないので、どなたでも求めやすい身近な塗料がラジカル塗料です。

 

ラジカル塗料のメリット

 

大変画期的なラジカル塗料には、大きなメリットがたくさんあります。

数あるラジカル塗料のメリットを、ピックアップしてみました。

 

単価か安い

主婦フッ素塗装等の塗膜が長持ちする機能性塗料は単価が高いのが難点ですが、ラジカル塗料は㎡当たり1,500~2,000円程度で施工が可能です。

シリコン塗料程度の単価ですので、どのようなお宅でも活用できる外壁塗装です。

フッ素塗装等の機能性塗料に匹敵する画期的な塗料なのに単価が安いのは、とても大きな魅力です。

 

耐久性が高い塗膜

ラジカル塗料の耐久性シリコン塗料が10年ほどの寿命なのに対し、ラジカル塗料は15年の寿命と1.5倍の塗膜の寿命を保つ事が出来ます。

30年間のメンテナンスで比較すると、シリコン塗料でしたら3回、ラジカル塗料は2回のメンテナンスで済みますので、コスパが高くオススメです。

 

光沢があるので低汚染性に優れている

ラジカル塗料の塗膜は綺麗なツヤ有りの光沢が出る塗膜ですので、汚れが付着しにくい塗膜となります。

汚れにくく綺麗な塗膜を保つ事が出来るので、外壁の寿命にも大きく役立てる事が出来ます。

もちろんツヤなしも可能ですが、ツヤ有りよりは汚れが付着しやすくなってしまいます。

汚れや塗膜の寿命を考えるのであれば、ツヤ有りを採用する事をオススメします。

 

防藻、防カビ性能が高い

防藻、防カビ性がありますので、空気の流通が無い北側等の外壁でもカビや物心配が無くなります。

清潔な外壁にする事が出来、アレルギーなどの心配が無くなります。

 

作業性が高い

外壁用のラジカル塗料は水性で一液型ですので、手間なく簡単に作業が可能です。

伸びが良い塗料ですので、ローラーや刷毛で簡単に塗布する事が出来、作業性にとても富んでいる使いやすい塗料です。

 

下地を選ばず塗装が可能

ラジカル塗料は、どのような下地にも塗装が可能です。

金属サイディング、窒素系サイディング、モルタル、コンクリート、ALCパネル、木部、亜鉛メッキ、アルミ、鋼板等、どのような外壁素材でも塗布が可能です。

アクリルやシリコン塗料の塗布が可能な素材であれば塗布が可能ですので、幅広くご利用いただけます。

 

ラジカル塗料のデメリット

 そんな便利で性能が良いラジカル塗料でも、残念ながらデメリットがあります。

どのようなデメリットがあるのか、ピックアップしてみました。

 

まだまだ実績が少ない

寿命が高い塗膜を作る事ができると言われても、実績が少ないのでピンとこない方も多くいらっしゃいます。

 

知名度が低い塗料

2015年に販売された塗料ですので、知名度が低く知らない方も多くいらっしゃいます。

 

扱った事が無い塗装屋さんもある

ラジカル塗料はそんなに普及していない塗料なので、扱った事が無い塗装屋さんもあります。

また、そもそもラジカル塗料を知らない塗装屋さんもいるようです。

 

ラジカル塗料は実績のある塗装屋さんにお願いしよう

ラジカル塗料塗装風景ラジカル塗料は、まだ普及されていない塗料ですので実績ある塗装屋さんに施工をお願いしましょう。

ラジカル塗料のような普及していない塗料にすぐに目を付けるのが、悪徳業者です。

最新で普及していない塗料には知名度が無い事に目を付け、いい加減な方法で塗装工事を納めてしまうケースも少なくありません。

訪問業者等の、悪徳業者の口車には絶対に乗らないようにしましょう。

訪問業者があっせんする塗装屋さんは、技能士を持っていない職人さんに依頼する事も多くあるようなので、いい加減な塗装を行われてしまう可能性がありますので、注意が必要です。

 

ラジカル塗料のような最新で情報が少ない塗料は、しっかりとした塗装の知識を持っている塗装屋さんに依頼しましょう。

当サイトでは、全国の優秀な塗装屋さんをご紹介しています。

どの塗装屋さんに依頼すればよいのだろう、地元の塗装屋さんが解らない等そのような悩みをお持ちの方は、お近くの優秀且つ信頼できる塗装屋さんをご紹介致します。

もちろん無料でご利用出来ますので、気軽にご相談ください。

⇒外壁塗装の達人へ一括見積もりはこちら

 

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved