光や熱のコントロールにより省エネ効果を発揮する塗料とは外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

光や熱のコントロールにより省エネ効果を発揮する塗料とは2017/03/27

省エネ

塗料には様々な種類があり、中でも注目されているのが光や熱のコントロール機能を持ち、省エネルギーに貢献する塗料です。

塗料といえばただ色を塗るというイメージがあるかと思いますが、現代の塗料の中には機能性に富んだ注目すべき素晴らしい塗料が数多くあります。

中でも素晴らしい塗料が、省エネルギーに関する塗料です。

外壁や屋根のリフォームを行う際は、ただ色を付けるだけの塗装工事ではもったいないです。

建物の性能を高めるために、省エネできる塗料にも注目してみましょう。

 

省エネ効果を発揮する塗料やポイントなどを詳しくご紹介致します。

 

省エネ効果を発揮する塗料とはどのようなものなのか

 

省エネ効果を発揮する塗料とは、塗料自体に熱の浸透もしくは反射を避ける機能があり、建物内への熱の伝導を少なくさせることができる塗料です。

 

建物内の温度の変化は、外壁や屋根の熱伝導によるものです。

余計な熱伝導を発生させないように外部周りに断熱材を充填しているのですが、経年劣化により劣化し効果が出なくなってしまいます。

断熱材を充填し直せば熱伝導率が低い建物になりますが、その為には内壁か外壁を剥がすこととなり、大きな工事になってしまいます。

 

省エネ効果を発揮する塗料を外壁や屋根に使用することで衰えてしまった断熱材の代わりになり、省エネ効果が発揮された建物にできるのです。

 

外壁や屋根にはメンテナンスが必要であり、張り替えるか塗装のし直しの2つに分かれます。

塗装を選択されるのであれば省エネ効果を発揮する塗料を使用することで、住みにくい住環境を改善させることができますので、是非目を向けてみることをおすすめします。

 

省エネ効果を発揮する塗料とは

省エネ

省エネ効果を発揮する塗料は、遮熱塗料と断熱塗料の2つの種類があります。

 

遮熱塗料

遮熱塗料とは、塗料の中に太陽光を反射させる樹脂が含まれている塗料のことを指します。

通常の塗膜だと紫外線は通過してしまうので、紫外線の熱が建物に浸透してしまいます。

光を跳ね返す効果がありますので、太陽光の熱を建物内に伝えにくくして快適な空間にしてくれます。

 

温度差は2℃程度

様々なメーカーでオーバーに書かれていますが、実際の所は2℃ほどの温度の違いが一般的です。

たかが2℃と思われるかもしれませんが、2℃分をエアコンで下げるとなると凄い電気量となってしまいます。

 

屋根に最適

屋根は太陽光の影響を1番受ける部位ですので、遮熱塗料が大きく役に立ちます。

太陽光を跳ね返すことで、夏の暑い日でも屋根裏部屋が不快な温度にならずに済みます。

 

日射反射率は明度により左右される

遮熱効果は、塗膜の色によって効果の強さが左右され、明度が明るくなればなるほど高い効果を発揮します。

明るい色を使用すると、より一層高い効果を発揮してくれます。

暗い色では効果が発揮しにくいので、オススメできません。

 

熱伝導率の高い屋根材に大きな効果を発揮する

熱伝導率の高い屋根材ほど高い効果を発揮し、1番は金属屋根です。

瓦やスレート屋根も効果を発揮しますが、やはり1番大きな差を感じるのが熱伝導率の高い金属屋根です。

 

吹き抜けや屋根裏部屋があるお宅にオススメ

屋根の温度の影響を受けやすい、吹き抜けや屋根裏部屋があるお宅には、とても適した塗料となります。

 

断熱塗料

断熱塗料とは、塗料の中に発泡スチロールを粒にしたような中空ビーズが含まれており、中空ビーズが断熱材と同様の効果を発揮することで、熱伝導率が低い塗膜となっています。

 

夏涼しく冬暖かい

塗膜が断熱材代わりになるので、夏涼しく冬暖かい建物になります。

寒さにも暖かさにも効果を発揮する塗料であり、1年中省エネ効果を発揮する塗料です。

 

遮音、吸音効果も発揮する

断熱材と同様の効果を発揮する塗膜なので、遮音や吸音効果も発揮します。

家の中の音を外部に漏れにくくし、外部の騒音も建物内に伝えにくくさせることができます。

 

内壁にも採用が可能

熱損失や騒音が気になるお宅は、室内の壁にも断熱塗料を塗布することで更に断熱効果を高めることができます。

特に古く隙間風が酷い建物の場合、内外の壁に断熱塗料を塗ることで断熱性能を得ることができます。

 

軽い塗料なので重さの負担をかけない

断熱塗料は中空ビーズがたくさん配合されているため、とても軽い塗膜です。

古い建物でリフォームに消極的なお宅でも、断熱塗料であれば余計な重量を外壁や建物にかけませんので安心して使用できます。

 

理想的な塗装リフォームは遮熱塗料と断熱塗料の組み合わせ

組み合わせ

1番理想的な塗装工事のリフォームは、屋根に遮熱塗料、外壁に断熱塗料を使用することです。

屋根で太陽光を跳ね返し、外壁は夏は暑さを通さず冬は寒さを通さないようにすることができます。

特に古く隙間風があるようなお宅の場合は、この2つの組み合わせが1番です。

 

内部塗装にも省エネ塗料がある

 

断熱塗料も内部に施工は可能ですが、もう1つオススメの省エネルギー効果を発揮する塗料があります。

それは、室内照度向上塗料です。

室内照度向上塗料は、室内の壁や天井に塗ることで室内に存在する光を様々な方向に反射させ、室内を明るくする効果があります。

照明器具を減らしても明るさをキープすることができるので、省エネ効果が得られる塗料として人気があります。

 

塗膜が長持ちし建物も長持ちする省エネ塗料のすばらしさ

 

遮熱塗料と断熱塗料の塗膜は、太陽光を跳ね返したり浸透しにくくい性質を持つことから塗膜も劣化しにくいため、塗膜の寿命が長くなります。

塗膜寿命は、およそ15~18年ほどと言われており、普及品の塗料と比べると1.5倍ほど長持ちすることになります。

その為、外壁材や建物へも工事で余計な負担を与えずに済みますので、建物を長持ちさせることにも繋がります。

遮熱塗膜や断熱塗膜の省エネ効果とあわせて、建物のメンテナンスも少なくて済む建物となるので、光熱費も建物のメンテナンス費用も掛かりにくい建物とすることができます。

昨今の省エネブームの中で理想的な塗料と言えるのが、省エネ効果を発揮する塗料です。

 

オススメの遮熱塗料と断熱塗料

オススメ

遮熱塗料と断熱塗料をいざ使用しようと思ってもどの塗料を選ぶべきなのか迷われる方もいらっしゃると思います。

オススメできる遮熱塗料と断熱塗料をご紹介致します。

 

断熱塗料

日本ペイント サーモアイ4F

日本ペイントの技術により、長期にわたって高い遮熱効果を発揮してくれる塗料です。

 

関西ペイント アレスクール1液F

耐候性に富んでおり耐久年数が長い塗料であり、可使時間が長いのでDIYにもオススメできる塗料です。

 

アスティックペイント スーパーシャネツサーモF

最高ランクの超高機能の屋根用フッ素塗料であり、長期に渡って高い遮熱効果を発揮してくれます。

 

断熱塗料

日進産業 ガイナ

宇宙航空研究開発機構の技術により生まれた塗料であり、断熱機能だけではなく遮熱機能も発揮する塗料です。

 

省エネ塗料のリフォームの際に利用できる補助金制度

省エネ効果を発揮する塗料でリフォームをした場合、自治体の補助金を利用できることがあります。

自治体によりマチマチですが、省エネやエコの付いたリフォーム補助金の場合該当することがありますので、チェックしてみましょう。

どの自治体も、工事費用の1割や上限30万円など決して高い補助金ではありませんが、リフォームの際に利用しない手はありませんので目を向けてみましょう。

 

省エネ効果が発揮されている建物というのは、とても理想的な建物です。

光熱費がかかりにくく住みやすい建物というのは、とても重要なポイントとなります。

リフォームの際には省エネ効果を発揮する塗料に注目して、将来に渡って快適な空間を作り上げましょう。

 

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved