外壁リフォーム 「成功する人」「失敗する人」外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁リフォーム 「成功する人」「失敗する人」2015/05/23

外壁リフォーム外壁リフォームについて今まで考えたことがなかったけれど、リフォーム会社の営業マンが突然訪問してきて気になり始めた、もしくはお金や手間の事を考えて気になる箇所を見過ごしてきたけれど、隣近所の人もリフォームしたので仕方なく検討されている人も多いかもしれません。

 

しかし、誰もが失敗したくないと思っていても、結果的に「失敗する人」と「成功する人」がいるのが外壁リフォームの現実です。

 

「成功する為には何が大切か?」「失敗しない為の知識」「外壁リフォーム業界の現状」を中心にお話させて頂きます。

 

外壁や屋根は家の顔!

関東リフォーム施工事例同じリフォームでもLDKの改修やお風呂、キッチン、トイレなど生活に必要なリフォームであれば、間取りやインテリアを考えたり、設備機器を選んだりと楽しく計画できますが、外壁や屋根のリフォームとなると普段は眺めることもありませんので意欲が湧きにくい部分でもあります。

 

しかし、外壁や屋根は言ってみれば家の顔です。

 

家の印象を決める大切な場所なので常に綺麗に保ちたいものです。

 

また美観性だけでなく、住まいを雨風、騒音から守る場所でもあります。

 

ちょっとした不具合でも放置しておくと家全体の問題になりかねません。

 

きちんとメンテナンスすることで家を健康に保ち、問題が小さい時に対応すればコストを抑える事が出来ます。

 

今まで積極的に考えてこなかった外壁リフォームについてしっかりと知識を持って挑んで頂きたいと思います。

 

外壁リフォームに「失敗する人」と「成功する人」の境界線

オリバー小川社長インタビュー大切な家に対して大きなお金をかけて行う外壁リフォーム。

 

成功させる為には何が大切か、しっかりと下記6つのポイントを抑えて挑んで頂きたいと思います。

 

1・外壁リフォームをする適切な時期の見極め

工事を行う時期を適切に見極める事で、外壁の痛みと工事にかかるコストを最小限に抑える事が出来ます。

 

2・外壁リフォームの種類の見極め

まずは自分の家の外壁素材について知り、塗替えや補修する際の適した塗料を選ぶ事で、美観性や耐久性が違ってきます。

 

3・工事内容について

業者や職人さんに任せきりにするのではなく、最低限押さえておくべき工程を把握しておきましょう。

 

4・安心できる業者選び

リフォームにおいて最も重要であり、最も難しいと言っても過言ではないポイントです。数社を見比べる事も大切です。

 

5・契約に際して確認する

見積もりの内容、工期、追加費用、アフターサービスについて、事前にしっかりと確認しておく事が重要です。

 

6・担当者・職人とのコミュニケーション

社員、職人参加の勉強会を開催し、お客様満足に務める会社が増えてきています。施工中でも要望はしっかりと伝えましょう。

 

以上6つのポイントをしっかりと押さえて、外壁リフォームに挑むかどうかが、「成功する人」と「失敗する人」の境界線です。

 

外壁リフォームの決断は慎重に!

ガイソー富山診断外壁の構造、使われている建材はさまざまで、外壁リフォームをする際には、「その家にあった間違いの無い計画」が必要となります。

 

自分の家の構造や外壁の素材をしっかりと理解した上でいつどんな工事をしなければいけないのか、客観的に確認する事が必要になります。

 

しかし、外壁や屋根の工事に対しての考え方も業者によって様々です。

 

そして、ブローカーの様な専門的な知識や経験がない業者も存在するという事を念頭におき、相談や見積もりは一社の提案で決断せずに納得のいく提案があるまで数社に依頼する事が肝心です。

 

「外壁リフォーム」と「外壁塗装」は違います。

オリバーインタビュー小川社長外壁リフォームは一般的には塗装工事が多いため、塗装の職人が主体となって行いますが、家の構造や痛み具合によっては、それ以外の工事も必要になってきます。

 

外壁材自体の張替えや金属サイディング等のカバー工法、外壁の痛みの補修、その他にも、雨樋や軒天などの付帯工事がそれにあたります。

 

業種としては、塗装工事以外にも板金工事、木工事、外壁張り替え工事、シーリング工事、瓦工事、設備工事など専門分野が異なります。

 

つまり、「外壁リフォーム=塗替え」だけではありません。

 

大きな金額を掛けて行う工事だから、塗装専門店だけでは無く「外装リフォームのプロ」として住宅全体に対する経験や知識を備えた業者に依頼する事が安心に繋がります。

 

リフォーム業界には3つの業者が存在します。

オリバー塗装業者様・訪問販売業者

・店舗販売業者

・個人事業主

の3つに大きく分かれます。

 

実際に外壁リフォームを考えた時、どの形態をとっている業者にお願いするのが安心なのでしょうか。

 

一概にはいえませんが、訪問販売業者によるトラブルの相談が目立っている事は念頭に置いておきましょう。

 

社内に現場監督や職人などの技術者がおらず、営業マンばかりで施工面が不安な会社もあります。

 

アフターサービスやメンテナンス面においては、社員の離職率が高いことや本社が他県にあり、全国展開している会社が撤退した場合に対応してもらえない事態が起こります。

 

そういった意味でも、しっかりと地元に店舗を構え、訪問販売をしなくても商売が成り立っている店舗販売業者や個人業者を探す事をおすすめします。

 

更に言えば、アフターサービスやメンテナンス等にいつでも対応してくれる「地元の業者」が好ましいです。

 

不透明な部分の多い外壁リフォーム。

外壁リフォーム成功する人「専門業者だから心配いらないだろう・・・」そう信じて工事を行いトラブルに巻き込まれる人がたくさんいるのがリフォームの現状です。

 

専門業者と言っても、経験の浅い業者やただ下請けに仕事を投げるような業者も多く存在します。

 

塗装工事に使う塗料も、一缶数千円のものから10万円を超えるものまでさまざまですが、見積書や契約書に塗料名が記載されていないケースもあります。

 

また、工事方法も3回塗りなのか、1回塗りなのかの説明も無いままに工事が終わっているケースもあります。

 

塗装工事の目的は、住まいの維持管理のためにどれだけ防水などの耐久年数が確保出来るか、どんな塗料を仕様しどんな工法で工事するのかは最低限比較検討する必要があります。

 

その他に、下地補修や関連工事もどこまで見積もり内容に含まれているのかをしっかり把握する事も大事なポイントになります。

 

ランニングコストを抑え住まいの寿命を延ばす

日本の住宅寿命はわずか30年と言われてきました。

 

しかし、これからは生涯安心して暮らす為に、住まいを60年維持する時代になってきました。

 

ひと昔前のように「古くなれば建て直す時代」ではありません。

 

その為には外装リフォームにおいて「耐久性の高い塗料」や「建材」を選ぶことが必要になってきます。

 

例えば屋根に関しても定期的に防水塗装をしていても、30年も経過すれば結局葺き替えなければいけません。

 

一度の施工でほとんど手入れの要らないガルバリウム鋼板でカバー工法により重ね葺きする方が安心です。

 

イニシャルコストは上がりますが、長い目でランニングコストを考えると絶対にメリットが多いのです。

 

屋根は住まいの雨笠です。

 

外壁は住まいの雨合羽です。

 

一生モノと考えて、少しでも耐久性の高い工事を選ぶ目も必要です。

 

地元の優良な業者に巡り会えますように! 

オリバー塗装事例外壁リフォームを検討する中で、近所の職人さんにお願いするのも心配だし、家を建てたメーカーさんにお願いすると高いのではないかと不安に思われる方が多いと思います。

 

重要なのは経験豊富な外装の専門家に住宅を診断してもらい、適切な工事を行ってもらう事です。

 

外壁リフォームはなかなかわかりにくく情報も少ない業界ですが、これらの情報を元に住まいの外装リフォームに役立てて頂ければと思います。

 

あなたの地域で本当にいい仕事をして頑張っている優良な業者に巡り会える事を願っています。

 

株式会社オリバー 代表取締役 小川博司

 

外壁塗装の達人成功する秘訣は、経験豊富な外装の専門家に住宅を診断してもらい、適切な工事を行ってもらうこと。本当にその通りですね!ご自身の地域でいい仕事をしている優良な業者を是非探してみましょう!「外壁塗装の達人」では、無料で複数の優良塗装店からご提案を受けることが出来ます。ご自宅近くの複数の「外壁塗装の達人」を比較してみましょう!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved