倉庫の屋根塗装をするなら絶対に知っておきたい3つのポイント 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗装基礎知識 > 倉庫の屋根塗装をするなら絶対に知っておきたい3つのポイント

倉庫の屋根塗装をするなら絶対に知っておきたい3つのポイント

倉庫の屋根塗装

倉庫の屋根塗装にはたくさんのメリットがありますが、比較的高額の費用がかかります。また、足場を組むことや見積もりの重要性を理解しないと、余計な費用が発生することもあるため注意が必要です。

 

ここでは、倉庫の屋根塗装を行う前に知っておきたいポイントを紹介しますので、参考にしてください。

 

ポイント1.倉庫の屋根塗装を行うメリットを正しく把握しておこう

倉庫の屋根塗装はなぜ行う必要があるのでしょうか。ここでは倉庫の屋根の特徴を確認した後に、3つのメリットから倉庫の屋根塗装の必要性を見ていきます。

 

倉庫や工場の屋根は、負担が大きく劣化が早い

屋根は建築物の中でも最も負担の大きな部分といわれています。常に太陽光や風雨に晒され、地域によっては積雪もあります。屋根は外壁と比べると3倍の紫外線を浴びるといわれており、その分劣化が早いのです。

 

倉庫は人が住む場所ではないので、一般住宅で利用されるスレートや瓦、ガルバリウム鋼板などは利用されず、機能性が重視されます。主に用いられているのが金属屋根です。現在主流なのは折半屋根と呼ばれるタイプで、波型スレート屋根などが一般的です。折半屋根は強度が高く耐火性も備えていますが、錆などに弱いので、防錆・防水対策が必要といえます。

 

メリット1.防水・防さび・抗菌性による資産価値の維持

それでは、倉庫の屋根塗装のメリットを見ていきましょう。最初に確認したいメリットは、防水加工などによる資産価値の維持です。屋根塗装により以下の3つの性能が高まります。

 

防水性が高まる

屋根塗装には今現在の雨漏りを防ぐ効果はありません。しかし、錆びや劣化を防げるので、将来的な雨漏りのリスクを減らせます。

 

防錆性を高める

板金屋根やトタン屋根の場合は錆が発生します。屋根塗装により錆の発生を抑えられ、屋根材の保護につながるでしょう。

 

抗菌性を高める

スレートの苔やカビ、藻の繁殖を抑える効果があります。結果的に屋根材の寿命維持につながります。

 

倉庫のメンテナンスをしないと資産価値が下がってしまいます。仮に雨漏りが発生すると、そこから錆が発生してしまいますし、倉庫内で保管している商品や機材にダメージを与える可能性もあります。経年による劣化は防げませんが、メンテナンスを行うことで資産価値の維持が可能です。

 

メリット2.遮熱性・断熱性による環境改善と光熱費の節約

2つ目のメリットは、遮熱性・断熱性の向上です。遮熱とは熱を遮ることで、屋根からの赤外線を弾いて室内へ温度を伝わりにくくするため、室温の上昇を抑えられます。一方の断熱は、熱が極力伝わらないようにすることです。夏場は熱の侵入を防ぎ、冬場は室内の暖かさを逃さないため、室温の変化を抑えられます。

 

このような遮熱・断熱により、倉庫の造りによっても違ってきますが、倉庫内で作業を行うときの快適性を確保でき、熱中症などの予防にもつながります。また、CO2排出量の削減や光熱費の節約も期待できるでしょう。倉庫内作業をする場合には非常に重要なメリットとなります。

 

ちなみに、遮熱塗料には、「ウレタン」「アクリルシリコン」「フッ素」などがあり、屋根の耐久性も上がります。また、ある業者の実験では、倉庫内部の平均温度が8月で4.6℃下がったという結果も出ています。

 

メリット3.外観の改善によるイメージアップ

3つ目のメリットは、外観の改善によるイメージアップです。最近の塗料は、耐候性や防水性、遮熱性の他にも、汚れが付きにくく外観の美しさを維持できる低汚染性の高いものがあります。汚れは熱を吸収して倉庫の温度を高めるだけではなく、倉庫を持っている企業のイメージも落としてしまうので注意が必要です。

 

ポイント2.倉庫の屋根塗装では足場の重要性と費用を知っておこう

倉庫屋根塗装の足場

倉庫の屋根塗装を行うときには、足場を組むことが重要です。では、足場を組む理由とは何でしょうか。また、費用はどれくらいかかるのでしょうか。

 

足場を組む3つの理由

足場を組む理由は「近隣への迷惑防止策」「作業の安全確保」「作業のしやすさ」の3つです。ここでは、それぞれについて詳しく解説していきます。

 

理由1.足場が「近隣への迷惑防止策」になる

屋根塗装では、新しい塗料を塗る前に高圧洗浄をして屋根の汚れや古い塗料を剥がしていきます。その際に古い塗料が飛散する可能性があるので、足場を組んで養生シートで囲まないと、近所迷惑になってしまいます。

 

古い倉庫の場合は、建材としてアスベストを使用していることもあり、周囲にアスベストを飛散させて健康被害を発生させる可能性もあるため、足場を組むことが非常に重要です。

 

理由2.足場が「作業の安全確保」になる

倉庫の屋根は一般家屋と比べると面積が広いため、作業期間は長期にわたりますし、作業員を増やす場合は落下のリスクが高まります。

 

屋根は経年劣化で表面が劣化しているので、洗浄前は滑りやすくなっており、作業員も滑りやすくなっています。そのため、確実に足場を組んで事故のリスクを抑えなければなりません。

 

理由3.足場があることで「作業のしやすさ」がアップ

足場がないと転落の危険があるため、屋根の端の部分の作業が難しくなります。そのため、クオリティや安全確保の観点から、足場を組めない場合は作業をお断りする業者もあります。

 

足場を組むときの費用は1㎡600〜1,500円!費用を抑える方法も紹介

足場を組むにはもちろん費用がかかります。費用を抑える方法についても見ていきましょう。

 

費用は割と高額

足場を組む費用は比較的高額となります。しかし、工事費用の安さを求めるあまり足場を組まないと、後々になって屋根にトラブルが発生したり、業者に作業をお断りされてしまうことも。仮に職人が転落して怪我をしたり、死亡したりすると、施工主にも精神的な影響や風評被害が出てしまうことは容易に想像できます。足場を組むことは、施工主にも業者にも利益になることを覚えておきましょう。

 

足場費用を抑える方法

足場の費用(組立・解体・運搬を含む)は、1㎡あたり、600円から1,500円といわれています。

 

足場費用は高額になることが多いのですが、火災保険の「風災保証」を利用すれば実質0円まで抑えられます。この風災保証を利用できるのは、屋根の痛みが経年劣化だけではなく、「風災」によっても発生していると認められる場合です。風災とは、突風や台風のことです。風災の判定は専門家に見てもらいましょう。

 

ポイント3.倉庫の屋根塗装では業者選びや見積りに注意しよう

屋根塗装の見積もりをするときに、重要なことは何でしょうか。無駄な費用を払わないためにも、しっかりと確認しておきましょう。

 

複数見積りを行う

倉庫は一般的に屋根の面積が大きいので、一般住宅よりも費用がかかってしまいます。

 

塗装の相場は地域によっても変動しますが、複数社の見積もりを貰って検討するのが基本です。

 

価格だけで判断しない

価格だけでは業者の質はわかりません。同一の塗料を用いても、工期や施工方法によって仕上がりに差がでてきますし、一般家屋の塗装が得意な業者でも倉庫の施工実績が少ない場合もあります。

 

価格だけではなく、工期や施工実績なども判断基準としてチェックすべきです。

 

屋根塗装について学んでおく

倉庫の屋根塗装について学んでおかないと業者の言いなりになってしまいます。

 

もちろん、専門的なレベルまでは求められませんが、屋根塗装の工程や塗料の特徴などについては確認しておきましょう。

 

倉庫の屋根塗装には十分な準備を!

今回は倉庫の屋根塗装をするときのポイントをご紹介しました。もう一度ポイントを確認します。

 

  • ・倉庫の屋根塗装には環境改善から費用節約まで多くのメリットがある
  • ・倉庫の屋根塗装では足場を組むことが重要で、節約の方法もある
  • ・複数の業者から見積もりを貰い、倉庫の施行実績を見ておくこと

 

倉庫の屋根塗装は比較的高額なので、しっかり学んでから業者に依頼するようにしてください。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved