塗料のひび割れは雨漏りの原因!ひび割れ対策のポイントを徹底解説 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > トラブル事例から学ぶ > 塗料のひび割れは雨漏りの原因!ひび割れ対策のポイントを徹底解説

塗料のひび割れは雨漏りの原因!ひび割れ対策のポイントを徹底解説

塗料のひび割れ

塗料のひび割れは雨漏りの原因になるため、早急に対応することが大切です。この記事では、ひび割れの原因と、対策のコツを紹介しています。ご自宅の塗装がひび割れている方や、ひび割れを防止したい方は、ぜひ参考にしてください。

 

塗料のひび割れ対策の前に知っておきたい種類と影響

屋根や外壁の塗装には、外観の形成の他に、塗膜によって寿命を延ばす効果があります。しかし、こうした塗装がなされていたとしても、あるきっかけでひびが入り、機能を十分に果たせなくなることがあります。

 

では、塗装におけるひび割れとは、いったいどのような状態を指すのでしょうか。端的にいえば、塗装におけるひび割れとは、塗膜に裂け目ができている状態のことです。塗膜の表面に線などが入っており、剥がせるような状態になっているときにはひび割れが起こっています。

 

効果的なひび割れ対策をおこなうためには、ひび割れの種類や影響についてよく知ることが重要です。最初に、ひび割れの種類や影響について見ていきます。

 

3つのひび割れの種類

一言でひび割れといっても、その程度によっていくつかの種類があります。ここでは主なひび割れであるチェッキングやクラッキングについて見ていきます。

 

1.チェッキングとは塗膜のひび割れ

チェッキングとは塗膜にひび割れが生じていますが、下地には割れがなく、ダメージが少ない状態のことです。

 

塗膜表面の微細な割れなので、補修の塗装工事も簡易に済ませられます。この状態であれば、それほど費用をかけずに補修が可能です。

 

2.ヘアークラックとは髪の毛のようなひび割れ

髪の毛のようなひび割れが生じている状態のことです。

 

チェッキングよりは規模が大きいひび割れですが、塗膜にとどまっているので、こちらも簡単な塗装工事で済ませられます。

 

3.クラックは下地まで達している深いひび割れ

塗膜の下地にまで達している深いひび割れのことをクラック、あるいはクラッキングといいます。

 

こちらは前述2つのひび割れと比べると深刻な状態で、外壁や屋根のひび割れから雨水などが入り込んでしまいます。塗料を塗るだけではなく、下地の補修まで行う必要があるため、作業工程が増えてその分金額も上がります。

 

クラックが発生すると雨漏りの原因に!

前述のとおり、下地までひび割れてしまうことをクラックといいますが、このクラックが発生すると、ひび割れから塵埃や風雨が浸入し、雨漏りの発生や内部の建材を腐らせてしまう可能性があります。

 

シロアリなどの有害な生物が侵入してしまうこともあり、放置すると後で厄介なことになりかねません。屋根や外壁のクラックの場合、程度が酷いと外壁そのものの補修・リフォームをしなければならず、多くの費用がかかってしまいます。外壁の塗装でカバーできるように、クラックなどが発生したときには早めの対応が必要です。

 

クラックの補修時には、欠損している箇所に補修材を充填する方法がとられます。大きなひび割れの場合は充填しやすくするためにUカットなどの方法で外壁をカットしますし、小さなひび割れの場合は、フィラーというひび割れを埋める材料を塗っていきます。このような工程が増えるので、その分工期も長くなり、工事費用も上がってしまいます。

 

塗料のひび割れが発生する原因と原因別対処法

外壁のひび割れ

ひび割れは基本的に塗膜に引っ張る力が作用して引き起こされるものです。そうした力が働く原因は複数あるので、それぞれ見ていきます。以下のような原因を知ることで、効果的なひび割れ対策が取れるでしょう。

 

塗膜の厚さによるもの

厚塗りした塗料内部が乾燥すると凝集力が強くなり、歪みが発生して塗膜が割れてしまいます。厚塗りをしすぎないことが重要です。

 

乾燥不十分によるもの

前工程の塗装の乾燥が不十分な場合にも、ひび割れは発生します。下地となる塗膜の収縮力と、上塗りした塗膜の収縮力のバランスが崩れてしまうためです。

 

このような場合は、乾燥をしっかりと待って確認したのちに次の塗装工程に入ることで対策が可能です。

 

塗装の寿命によるもの

塗膜の表面が、長期間にわたって紫外線や水分、酸素などに晒され劣化が進むことにより、強度や下地の付着性が低下して割れが生じます。塗料は種類ごとに寿命が決まっており、劣化は避けられません。このような場合には、耐候性に優れた塗料を上塗りすることにより、対策することができます。

 

塗装の平均寿命ですが、アクリル系が4~7年、ウレタン系は6~10年、シリコン系は8から15年、フッ素系は15~20年です。使用環境によっても異なりますが、平均寿命が近づいてきたらメンテナンスのタイミングであると覚えておきましょう。

 

下地と塗り材との相性

下地と塗り材にも相性があります。例えば、下地が弾性に富んだ素材の上に、硬質の塗膜を形成する塗装を施した場合、下地の弾性に塗膜が追いつけず、ひび割れが発生することがあります。

 

また、塗り材と上塗り材の相性が悪い場合も発生するため、上塗り材にあった下塗り材を選択することが重要です。

 

ひび割れに強い弾性塗料を使おう!

ひび割れを防ぐためには、そもそもひび割れに強い弾性塗料を用いることがおすすめです。弾性塗料とは、高い弾力性(伸縮性)を持った塗料のことです。弾性塗料は、原料となる樹脂に可塑剤が添加されており、伸縮機能が追加されています。このような塗料は高い防水性を備えていることも多く、広く使用されています。

 

伸縮性がない塗料を用いた場合、地震などによって下地にひびが入ってしまうと塗料も一緒に割れてしまいますが、弾性塗料を使用した場合は、伸縮性があるため表面のひび割れを防げます。前述した通り、ひび割れは雨水などが浸入する経路となるため、防水の観点から見ても、弾性塗料の利用は非常に有効といえるでしょう。

 

ひび割れが再発しないように質の良い業者を選ぼう!

最後に、ひび割れ対策として重要なのは、ひび割れが再び起きないように質の良い塗装業者を選ぶことです。塗装工事は足場を組む必要があるなど、案外費用がかかってしまいます。

 

複数社から見積もりをとることも重要ですが、金額以外にも、ひび割れ補修の実績があるかどうかやアフターフォローの有無、そして対応スタッフの丁寧さなどを見て、信頼できる業者を選ぶことが重要です。

 

ひび割れの原因を知って効果的な対策を行おう!

今回は、屋根や外壁の塗装のひび割れ対策として、基本的な知識をご紹介しました。最後に、重要なポイントをまとめてみます。

 

  • ・ひび割れの原因や程度を把握できる知識をつける
  • ・ひび割れの程度が軽いうちに補修工事を行う
  • ・下塗りが未乾燥のまま上塗りをしたり、下地に合わない塗料を利用したりといった不適切な塗装工事をしない業者を選ぶように気をつける
  • ・ひび割れに強い弾性塗料などを利用する
  • ・信頼できる業者を選びひび割れの再発防止をはかる

 

ひび割れは軽いうちに補修をすれば費用がかからず、雨漏りなどを心配せずに済みます。定期的なメンテナンスなどで効果的な対策を施しましょう。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved