外壁の塗り替えを成功させる3つの秘訣は「費用・時期・色選び」 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗料の種類について > 外壁の塗り替えを成功させる3つの秘訣は「費用・時期・色選び」

外壁の塗り替えを成功させる3つの秘訣は「費用・時期・色選び」

外壁の塗り替えは、建物を長く維持していくための重要なメンテナンスの1つです。

 

見た目には綺麗でも、時間が経つと塗料の防水性や耐久性は確実に落ちてしまいます。さらに時間が経つと、美観を失うだけでなく、雨漏りが発生し建物内部の腐食を促すことにもつながります。

 

定期的に外壁を点検し、必要に応じて塗り替えを行いましょう。この記事では、外壁の塗り替えを成功させるための3つの秘訣をご紹介します。

 

外壁の塗り替えを行う前に、必要な情報や知識をきちんと把握し、理解しておきましょう。

 

目次

外壁塗り替え成功の秘訣1.費用を把握しよう

外壁塗り替えの費用

まずは、外壁塗り替えにかかる費用について把握しておきましょう。

 

外壁塗り替えの費用相場は80〜120万円、外壁と屋根の同時塗り替えの費用相場は100〜150万円です。この費用は、外壁面積150㎡程度を想定しています。

 

外壁面積や塗料のグレードによって費用は変動しますので、具体的には見積りを取って確認しましょう。以下、それぞれの費用について解説します。

 

外壁塗り替えの費用相場は80〜120万円

外壁のみの塗り替えの場合、外壁面積150㎡程度の費用相場は80〜120万円です。この金額には塗料代の他、足場代や養生代、廃材処理費などの諸経費を含んでいます。

 

外壁面積が大きくなるほど、また、建物が高くなるほど足場代がかさむため、費用は高くなります。

 

外壁・屋根塗り替えの費用相場は100万〜150万円

外壁と屋根を同時に塗り替える場合、費用相場は100万〜150万円です。この金額は、外壁面積150㎡、屋根面積80㎡程度を想定しています。

 

外壁を塗り替える際に必要な足場や養生は、屋根を塗装する際にも必要です。そのため、外壁塗装を行う際は、屋根塗装も同時に行うのがおすすめです。時間短縮や費用節約につながるでしょう。

 

外壁塗り替え時の塗料にかかる費用一覧

外壁塗料にはさまざまな種類があり、そのグレードによって単価や耐久年数が異なります。塗装業者と塗料の打ち合わせをする際、あらかじめ各種塗料の相場や特徴を理解しておくと役に立つでしょう。

 

各種塗料の単価と耐久年数は次の通りです。

 

アクリル塗料の費用相場は1,000〜1,200円/㎡

アクリル塗料は、最もグレードが低い塗料です。費用相場は1,000〜1,200円/㎡、耐用年数は6〜8年程度でしょう。

 

頻繁にメンテナンスが必要なため、現在は外壁塗装の塗料としてはほぼ使われなくなっています。

 

ウレタン塗料の費用相場は1,800〜2,000円/㎡

ウレタン塗料の費用相場は1,800〜2,000円/㎡、耐用年数は7〜10年程度です。

 

ウレタン塗料は、一昔前までは外壁塗装に使われるスタンダードな塗料でした。しかしその後、より耐用年数が長く品質の良いシリコン塗料が台頭してきたため、現在ウレタン塗料もあまり使われなくなってきています。

 

ウレタン塗料は優れた弾性を持つ塗料のため、外壁に軽度なひび割れが起きそうになったときに、塗膜が動き割れを防止する働きをしてくれます。

 

モルタルやコンクリートといったひび割れを起こしやすい素材には、ウレタン塗料が有効な場合もあります。

 

シリコン塗料の費用相場は2,300〜3,500円/㎡

シリコン塗料の費用相場は2,300〜3,500円/㎡、耐用年数は12〜15年程度です。

 

シリコン塗料は、外壁塗装に最も使われているスタンダードな塗料です。特に指定をしなければ、シリコン塗料で見積もりをする業者がほとんどであるほど、採用率の高い定番の塗料といえます。

 

実際、各塗料の使用別シェアでは、シリコン塗料の使用率は実に70パーセントにも及びます。シリコン塗料は、耐用年数は維持しつつ、できるだけ安価で抑えたいという希望を叶える人気の塗料です。

 

ラジカル塗料の費用相場は2,500〜3,500円/㎡

ラジカル塗料は比較的新しいタイプの塗料です。費用相場はシリコン系とほぼ同じ2,500〜3,500円/㎡、耐用年数は14〜16年程度でしょう。

 

現在、ラジカル塗料の使用率は15%ほどで、着々とシェアを伸ばしてきています。

 

ラジカルとは、樹脂などの有機物を劣化させるエネルギーのこと。ラジカルが発生すると、塗料にダメージを与え、劣化させていきます。ラジカル塗料は、その名のとおり、外壁にとって有害なラジカルを制御させる働きがあります。

 

単価と耐用年数の面において、人気のシリコン塗料と比べてもコストパフォーマンスが良く、今後さらにシェアを拡大していくでしょう。

 

フッ素塗料の費用相場は3,500〜4,500円/㎡

フッ素塗料の費用相場は3,500〜4,500円/㎡、耐用年数は15〜20年程度です。

 

フッ素系塗料は耐久性、防水性に優れているという特徴があります。その分高価なため、都市部の大型ビルや橋に使われることが多い塗料ですが、近年では一般住宅にも使用されるようになってきました。

 

塗装費用は高くなりますが、長期間外壁を保護してくれるというメリットがあります。今後、価格が下がってくれば、さらに普及することが予想される塗料です。

 

外壁塗り替え時の塗料以外の費用相場

外壁塗り替え時の塗料以外にかかる費用として、足場代や養生代、その他廃材処理費などが挙げられます。

 

1㎡当たりの足場代の相場は、自社で足場を組む場合は600〜800円程度です。足場は外壁塗り替えをする場合には必ず組まれるものですが、自社で組む場合と、他社の足場専門業者に依頼する場合では費用が異なります。

 

養生代の相場価格は300〜500円/㎡です。養生とは、塗り替え箇所以外に塗料が飛ばないようにするための保護のことです。こちらも外壁塗り替えをする場合には必ず必要となります。

 

廃材処理費の相場は、一式10,000〜30,000円程です。塗装現場で出た廃材は、家庭ゴミなどと一緒に捨てることはできませんし、不法投棄は処罰の対象です。

 

リサイクル法も年々細かく、厳しくなってきています。適切に廃材を処理してもらうために、廃材処理費は必要な経費と考えましょう。

 

このように、外壁塗り替えの費用には、塗料代の他、足場代や廃材処理費などの施工費が含まれます。

 

相場費用は、どのグレードの塗料を選ぶかで大きく変わってきます。耐用年数の長いものほど価格は上がりますが、長い目で見ると、高グレード塗料を選択する方がお得になる場合があります。

 

塗料選びは、各塗料の単価や耐用年数を意識しながら行うと良いでしょう。

 

外壁塗り替え成功の秘訣2.時期を考慮しよう

外壁塗り替えの時期

外壁塗り替えの時期を考慮することも、成功の秘訣です。適切な塗り替え時期を選ぶことで、より外壁の耐久性や防水性の効果が上がります。

 

ここでは、塗り替えに適した季節・時期・タイミングの見極め方を解説します。

 

外壁塗り替えは春か秋がおすすめ!

外壁の塗り替えは年中可能ですが、より適した季節は春と秋です。それは、気候や気温による大きな影響を受けにくいためです。外壁塗り替えの作業環境は、気温5度以上、湿度80%以下が適しています。

 

梅雨の時期は雨により工期が伸びたり、塗料が流されたりする心配があります。夏は、養生により長期間窓を開けられないため、敬遠されがちです。

 

また、気温が低く塗料の乾燥時間が長くかかったり、降雪により塗料が流されたりする恐れのある冬も、外壁塗り替えに適しているとはいえません。

 

以上の点から、外壁塗り替えは春か秋に行うのがおすすめです。天気の影響を受けづらく、気候の安定した時期に行うようにしましょう。

 

外壁塗り替えは築10年後が目安

外壁塗り替えは、築10年を目安に行いましょう。なぜ10年かというと、塗料の耐久性の問題があります。

 

外壁塗り替えで使われる塗料の耐用年数は、平均10年です。これを過ぎると、塗料の耐久性や防水性が低下し、塗料の剥がれやスレ、カビやコケの発生、外壁のひび割れなどが発生する危険性があります。

 

見た目には変化がないように見えたとしても、年月とともに外壁は必ず劣化していきます。10年を目安に、メンテナンスを行うようにしましょう。

 

外壁塗り替えのタイミングを見極める5つのサイン

外壁は、建物の形状や地域の気候により、劣化が起こるスピードやタイミングは異なります。築10年はあくまで目安。建物を定期的にチェックし、どのような変化が起きているか把握することが大切です。

 

下記は、経年により起こる外壁の劣化現象のパターンです。これらは外壁塗り替えのタイミングを見極めるサインとなりますので、見逃さないようにしましょう。

 

1.色褪せ

色褪せは、塗装後1〜2年を過ぎた頃から現れ始めます。紫外線や雨風により、塗膜がダメージを受けたことにより発生します。

 

2.チョーキング現象

5〜6年経つと、チョーキング現象が発生します。チョーキングとは、塗料の成分がチョークのような白い粉状になって現れる現象のこと。塗料の劣化が原因で起こります。

 

3.カビやコケ、藻の発生

塗装後6〜7年過ぎると、カビやコケ、藻が見られるようになります。経年により塗装の防水性が低下したことで、汚れが付着している状態です。

 

4.外壁やコーキングのひび割れ

8〜9年経つと、外壁やコーキングにひび割れが出てきます。ひび割れから雨水が入り込み、雨漏りの原因となります。

 

5.塗料の剥がれ

10年を経過する頃には、塗料の膨れや剥離が起きてきます。塗料の耐久性が失われ、外壁としての保護能力も失われている状態です。

 

このように、年月とともに劣化は進んでいきます。早いうちから外壁の状態を気にかけ、その時々に合った適切なメンテナンスを施しておくことが大切です。

 

外壁塗り替え成功の秘訣3.適切な色を選ぼう

外壁塗り替えの色選び

外壁塗り替えを行ううえで、非常に重要な色選び。費用や塗料選びなど考えることはたくさんありますが、直接外観に結びつく色選びは、最も迷い悩む部分かもしれません。

 

しかし、慎重に考えず、なんとなくのイメージで色選びをしてしまうと、塗り終わった後に想像と違っていたなんてことにもなりかねません。そうなったとしても、外壁塗り替えには大きな費用がかかるため、すぐに再度塗り替えを行うというのは現実的ではないですよね。

 

このような塗り替え前後のギャップを無くすためには、下記のポイントに注意して、慎重に色選びをすることが大切です。

 

外壁塗替え時の色選びのポイント1.面積効果に注意する

面積効果とは、面積の大小により色の見え方が異なる現象のことです。小さい面積で見たときと、大きな面積で見たときでは、明るさや鮮やかさが違って見えます。大きな面積で見ると、明るい色はより明るく見え、暗い色はより暗く見えます。

 

色選びをする際には、業者から色見本を渡されるでしょう。通常の色見本はチップタイプの小さなものが多いですが、面積効果を考え、A4サイズの大きな色見本を依頼することもおすすめです。

 

また、同じ色でも蛍光灯の下で見る場合と、太陽光の下で見る場合とでは、光の当たり方により見え方が異なります。色見本は室内だけでなく、外にも持ち出して見え方を確認するようにしましょう。

 

外壁塗替え時の色選びのポイント2.汚れの目立ちやすい色を把握する

外壁は常に紫外線や雨風の影響を受けており、汚れや色褪せは避けられません。そのため、汚れの目立ちにくい色や色褪せしにくい色を把握し、そこから色の選択をすることをおすすめします。

 

汚れの目立ちにくい色は、汚れと同系色の色です。汚れは薄茶色や薄肌色、薄緑色が多いため、ベージュやクリーム、グレーだと汚れが外壁の色と同化するため目立ちにくくなります。逆に目立ちやすい色は、汚れと同化しない黒や白です。

 

また、赤や青などの原色は色褪せがしやすく、クリーム系の中間色は色褪せがしにくい傾向があります。色選びをするときは、汚れや色褪せが目立つかどうかという点にも着目してみると良いでしょう。

 

外壁塗替え時の色選びのポイント3.「好きな色」ではなく「合う色」を選ぶ

外壁は家の顔です。個人の好みで色を決めるよりも、周りの景観に溶け込むことを意識し、建物の形状やスタイルに合う色を選ぶようにしましょう。

 

一部の自治体では、景観に関するガイドラインを定めています。一度自治体に確認してみることもおすすめです。

 

また、建物の形や雰囲気によっても、合う色・合わない色があります。自分の好きな色が外壁の色として適しているとは限りません。どのような印象の家にしたいのか、しっかりと考えながら色選びをしましょう。

 

外壁塗替え時の色選びのポイント4.カラーシミュレーションは参考程度にしよう

カラーシミュレーションとは、コンピューター上で様々な色に着せ替えをするシステムのことです。建物の写真をシミュレーションシステムにアップし、何度も着せ替えが可能です。

 

カラーシミュレーションをすることでイメージが湧きやすくなるという利点はありますが、頼りすぎには注意してください。なぜなら、コンピューターやプリンターの機種、印刷する紙によって、色の見え方が異なるからです。

 

また、景観や街並みはカラーシミュレーションでは考慮されない場合がほとんど。便利なシステムではありますが、これだけで判断するのは危険です。あくまで参考程度に留めておくようにしましょう。

 

外壁塗り替えの3つのメリット

外壁塗り替えにかかる費用の相場は、前述のとおり90万円前後。高額な費用が必要です。しかし、適切な時期に外壁塗り替えを行うことで、家の寿命を延ばし快適な住環境を整えられます。

 

ここでは、外壁塗り替えによるメリットを3つご紹介します。

 

外壁塗り替えのメリット1.耐久性が上がる

外壁塗り替えに使われる塗料には、耐用年数があります。それは、平均して10年前後。つまり、10年を過ぎると耐久性が落ちてきます。耐久性が落ちると、外壁にひび割れができたり、剥がれが起きたりします。

 

こうした劣化現象が現れ始めたら、外壁塗り替えのサインです。適切な時期に塗り替えを行うことで、外壁の耐久性を上げましょう。

 

外壁塗り替えのメリット2.防水性が上がる

年月とともに、外壁の防水性は落ちてきます。防水効果が弱まると、外壁に水が浸透しやすくなり、建物内部に影響を及ぼすことがあります。

 

これが雨漏りの原因となり、建物の腐食やシロアリの発生を引き起こすことにも繋がります。外壁塗り替えを行い、防水性を高めることで、雨漏りの発生を防ぎましょう。

 

外壁塗り替えのメリット3.断熱効果が上がる

塗装の耐久性が落ちたことが原因で外壁にひび割れが起こると、そこから外気が家の中に入ってきてしまいます。

 

外壁塗り替えを行うことで断熱効果が高められ、冬冷房効果を高められます。また、断熱効果を謳う塗料も近年多く生産されています。断熱効果をより高めたい場合は、断熱塗料を検討しましょう。

 

外壁塗り替えのトラブルを防ぐ3つのポイント

外壁塗り替えのトラブル

外壁塗り替えを行ううえで起こりうるトラブルは、事前に対策をしておくことで防げます。トラブルはちょっとしたことですぐに起こるもの。しかし、多くの場合、それを解決するには時間がかります。精神的にも肉体的にも疲弊してしまうでしょう。

 

トラブルを事前に防ぐためには、以下の3つのポイントに注意することが大切です。塗り替え前も塗り替え後も、気持ちよく過ごすために、きちんと対策しておきましょう。

 

外壁塗り替えのトラブルを防ぐポイント1.信頼できる業者を選ぶ

なんといっても、信頼できる業者に外壁塗り替えを依頼することが、一番トラブル防止に繋がります。

 

優良な業者は、工事内容を明確にし、相場に沿った適正価格を提示します。それを見極めるためには、あらかじめ費用の相場や塗料の特徴を理解しておくことが大切です。

 

また、一つの業者で決めようとせず、複数の業者から相見積もりを取ることで、相場価格を把握できます。

 

優良な業者選びは最重要項目です。一時の施工だけではなく、将来的なメンテナンスにも関わることなので、しっかり吟味して選びましょう。

 

外壁塗り替えのトラブルを防ぐポイント2.契約時は書面でやり取りをする

契約時には口頭でやり取りせず、必ず契約書を取り交わしましょう。業者側には、契約書を作成し依頼主へ交付することが法律で義務付けられています。

 

“建設工事の請負契約の当事者は、前条の趣旨に従って、契約の締結に際して次に掲げる事項を書面に記載し、署名又は記名押印をして相互に交付しなければならない”

 

引用元:e-Gov 建設業法 第19条第1項

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=324AC0000000100#127

 

契約書がなくても契約は成立してしまいますが、契約書を作らなくても良いということではありません。必ず、工事前に書面でやり取りをすることが必要です。

 

書面にて契約内容を明確にすることで、工事内容や費用に関するトラブルを事前に防げます。

 

また、契約書にはクーリングオフに関する注意書きを必ず記載しておかなければならないと定められています。外壁塗り替えはクーリングオフの対象です。契約日を1日目とし、8日以内に契約解除を申し出れば、業者側はそれに応じなければなりません。

 

契約書にはこのような重要事項が記載されています。必ず書面でやり取りをし、控えをもらうようにしましょう。

 

外壁塗り替えのトラブルを防ぐポイント3.近隣住民への挨拶を忘れずに行う

外壁塗り替えでは、足場を組み立てる際に騒音が出たり、塗料のにおいが充満したりと、近隣住民への影響は避けられません。また、立地によっては、業者の車が道路を塞ぐ場合もあるでしょう。

 

基本的に、業者側が近隣住民へ挨拶回りを行います。しかし、施工後も付き合っていくのは依頼主。業者にすべて任せるのではなく、自らも挨拶回りをすることで、近所トラブルを避けることに繋がります。

 

外壁塗り替えを成功させるために費用や時期を検討しよう!

外壁は日々紫外線や雨風の影響を受けており、経年劣化は避けられません。外壁が傷んだままの状態で放置してしまうと、建物の寿命に影響を及ぼします。外壁塗り替えは、建物を長く使うために必要なメンテナンスです。外壁塗り替えを成功させるためには、費用・時期・色選びの3つを意識しましょう。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved