外壁塗装の訪問販売に騙されないための2つの注意点 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > トラブル事例から学ぶ > 外壁塗装の訪問販売に騙されないための2つの注意点

外壁塗装の訪問販売に騙されないための2つの注意点

外装塗装の訪問販売には注意が必要です。もちろん、訪問販売を行う全ての業者が悪徳業者というわけではありませんが、悪徳業者が多く存在しているのも確かです。

 

以前に比べると少なくなったかもしれませんが、まだ時折、自宅へ外装塗装の販売員が訪問してきて、不安がらせるような情報を伝え、無理矢理、契約をさせてしまうケースもあります。

 

頭ではわかっているものの、どのような外装塗装の訪問販売に気をつけたら良いのか、知らない人は多いでしょう。

 

この記事で紹介する注意点をしっかり学び、甘い話に引っかからないよう気をつけてください。

 

外壁塗装の訪問販売はここに注意!2つのポイントで徹底解説

外壁塗装の訪問販売

1.「足場代無料!」という外壁塗装の訪問販売には要注意

外壁塗装をする際は、基本的には作業用の足場が必要です。塗装業者が足場を組み、高い部分の作業を行います。

 

業者にとって、足場のレンタル費や運搬費などは必ずかかってしまう費用です。そのため、「足場代は無料!」と謳っていても、他の費用に上乗せされている可能性は高いといえるでしょう。

 

足場の費用相場は、塗装工事全体の20%程度であることが一般的です。足場代が無料であると謳ってくる場合、その理由を聞いてみると良いでしょう。

 

「高い部分の作業がないため足場は不要」といった明確な理由を説明してくれる場合は、問題ありません。

 

しかし、納得できる説明がない場合は注意が必要です。見積りの内訳を見せてもらい、他の費用が相場とかけ離れていないかチェックしましょう。

 

訪問販売が来たタイミングでは判断できないこともあるので、すぐには契約しないことが大切です。

 

悪徳業者は「今契約すれば無料!」などと迫ってくるかもしれませんが、一旦落ち着きましょう。

 

他の業者にも見積りを依頼したり、一括見積りサイトを利用したりして、費用相場や補修の必要性を確認することが重要です。

 

2.外壁の塗り替えを煽ってくる訪問販売は危険

外壁の塗り替えを煽ってくる訪問販売には注意が必要です。前述のとおり、「今なら無料」など言って契約を迫ってくる業者もいます。

 

また、「すぐに塗り替えをしなければ危険」などと不安を煽ってくる販売員もいます。外壁の劣化や雨漏りなどを指摘し、補修を促してくるのです。

 

巧みな話術に騙されそうになりますが、落ち着いて対応することが重要です。ここでもやはり、すぐに契約することは避け、別の業者にも話を聞いてみましょう。

 

外壁塗装工事において、複数の業者から見積りを取ることは一般的なので、問題ありません。

 

自信のある業者は、契約を迫ったりせず、ユーザーにじっくりと検討する時間を与えてくれます。塗り替えを煽ってくる場合は、悪徳業者を見抜く1つのポイントといえるでしょう。

 

訪問販売によるリフォーム工事のトラブルの件数は年間6,686件!

外壁塗装の訪問販売トラブル

2018年度の「独立行政法人 国民生活センター」の報告では、訪問販売によるリフォーム工事のトラブル件数は6,686件にも及びます。

 

2015〜2017年度においても、相談件数は毎年6,000件を超えており、多くの人がリフォーム工事のトラブルに見舞われているのがわかります。

 

参考元:独立行政法人 国民生活センター

http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/reformtenken.html

 

具体的な相談内容としては、

 

  • ・契約をせかされて不要なリフォーム工事をした
  • ・飛び込みでリフォーム業者が自宅に来てトラブルになった
  • ・なかなか帰ってくれず、根負けして外壁塗装工事の契約をしてしまった

 

などが挙げられます。このような不当な契約に対しては、クーリングオフを利用しましょう。

 

クーリングオフとは、訪問販売による契約のトラブルなどから消費者を守るための制度です。クーリングオフを利用すれば、訪問販売や電話営業などで契約をした後、一定期間であれば解約できます。

 

訪問販売の場合、8日以内であればクーリングオフが適用されます。外壁塗装の訪問販売によって無理やり契約させられた、といった場合には、クーリングオフを検討しましょう。

 

国民生活センターでは、さまざまな相談を受け付けています。クーリングオフを申請したけれど業者が応じてくれない、などの問題があった場合、すぐに国民生活センターへ電話してみましょう。

 

外装塗装の訪問販売で迷ったら比較サイトを活用してみよう!

今回は、外装塗装の訪問販売で気をつけるべきポイントをご紹介しました。訪問販売を行う全ての業者が悪徳業者ではありませんが、悪い販売員が存在しているのも事実です。

 

「今だけ無料」「すぐに補修しなければ危険」などと契約を迫ってくるかもしれませんが、まずは落ち着くことが大切です。

 

甘い言葉に騙されず、他の業者にも点検や見積りを依頼してみましょう。見積りには、一括見積りサイトが便利です。

 

当サイト「外壁塗装の達人」でも、無料で複数業者から見積りが取れます。塗装費用の相場を比較しながら検討することで、悪徳業者を見抜くことにもつながりますので、ぜひ利用してみてください。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved