外壁塗料メーカーおすすめ10社を徹底比較 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗料の種類について > 外壁塗料メーカーおすすめ10社を徹底比較

外壁塗料メーカーおすすめ10社を徹底比較

外壁塗装に用いられる塗料は、さまざまなメーカーによって開発されています。主なメーカーは以下の10社です。

 

  • ・エスケー化研
  • ・関西ペイント
  • ・AGCコーティック
  • ・ロックペイント
  • ・日本ペイント
  • ・アステックペイント
  • ・菊水化学産業
  • ・日進産業
  • ・スズカファイン
  • ・水谷ペイント

 

この記事では、それぞれのメーカーの特徴や代表的な塗料についてご紹介します。外壁塗装や屋根塗装において、どんな塗料を使うべきかお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

 

塗料メーカー1.エスケー化研

塗料メーカー1

エスケー化研は、1955年に「四国化学研究所」として創立された、歴史と実績のある会社です。1991年に現在の名称に変更されました。

 

2017年度における塗装剤のシェアは50%を超えており、国内では最も支持されているメーカーの1つといえるでしょう。塗料の他、耐火断熱材や省エネ型建材などの製造も行っています。

 

エスケー化研の代表塗料「エスケープレミアムマルチカラー」

エスケー化研の代表的な塗料の1つは、エスケープレミアムマルチカラーです。「超耐候形特殊シリコン樹脂多彩模様塗料」という一般名称で、主要成分は特殊シリコン樹脂です。

 

その他、以下のような特徴があります。

 

  • ・耐候性・耐久性が高い
  • ・光による劣化が少ない
  • ・耐用年数は14〜16年
  • ・防カビ・防藻性が高く、美しい美観を保てる

 

塗装仕上げは、吹付けやローラーから選べます。水性塗料のため、臭いも抑えられ、作業環境を改善できるのも嬉しいポイントです。

 

塗料メーカー2.関西ペイント

関西ペイントは、2018年に創立100周年を迎えた大手メーカーです。歴史と実績があり、塗料の信頼性も高いといえるでしょう。

 

建築用の塗料の他、自動車用塗料や船舶用塗料も製造・販売しています。また、バイオ関連や電子関連の製造・販売なども手掛けています。

 

関西ペイントの代表塗料「アクアプリズムシリーズ」

関西ペイントの代表的な塗料として、アクアプリズムシリーズが挙げられます。この塗料は、打放しコンクリート面の仕上げとして使用されます。

 

ラインナップは以下のとおり。

 

  • ・アクアプリズム
  • ・アクアプリズム カラークリヤー
  • ・アクアプリズム F
  • ・アクアプリズム リパルサー
  • ・アクアプリズム 下塗(S)

 

全艶・3分艶など、さまざまな種類から選べるのが嬉しいポイントです。ホルムアルデヒド放散等級はF☆☆☆☆。臭いの少ない水性染料で、環境にも配慮して作業できます。

 

また、耐久性や耐候性も高く、カビや藻を防いでくれるため、美しいコンクリート面を長く保持したい場合におすすめです。

 

塗料メーカー3.AGCコーティック

塗料メーカー2

AGCコーティックは、1963年創立のメーカーです。フッ素樹脂系塗料のリーディングカンパニーであり、高い技術を保持しています。

 

建築用の塗料の他、工業用塗料や電子部材の製造・販売も行っているのが特徴です。

 

AGCコーティックの代表塗料「ルミステージ」

ルミステージは、AGC旭硝子が認定する「メイクupショップ」限定で提供しているルミフロンタイプフッ素樹脂染料です。屋根用と外壁用に分かれています。

 

ルミステージの主な特徴は、以下のとおりです。

 

  • ・耐候性・耐紫外線性に優れている
  • ・耐用年数は15〜20年
  • ・ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆

 

フッ素系塗料のため、耐用年数が長いのはメリットといえるでしょう。雨水や藻などを防げるので、長期に渡って美しい外観を保持できます。

 

塗料メーカー4.ロックペイント

ロックペイントは、1931年創立の総合塗料メーカーです。特に車両の塗料分野では有名ですが、建築用塗料も充実しています。

 

長年培ってきた生産技術を活かして、安定した品質の製品を提供してくれます。

 

ロックペイントの代表塗料「サンフロンアクア」

サンフロンアクアは、フッ素樹脂を主成分とする耐候性の高い塗料です。次のような特徴をもっています。

 

  • ・低汚染性に優れておりメンテナンス費用を軽減できる
  • ・1液型のため作業がしやすい
  • ・艶ありから3分艶まで選択できる
  • ・防カビ剤・防藻剤が配合されており清潔な外観を保てる

 

作業性が高く短期間で施工できる割に、長期間にわたって美しい外壁を保てるのがポイントといえるでしょう。

 

塗料メーカー5.日本ペイント

塗料メーカー3

日本ペイントは、1881年に創立された日本初の塗料メーカーです。

 

  • ・建築用塗料
  • ・船舶用塗料
  • ・自動車用塗料
  • ・工業用塗料

 

など、幅広い商品を取り扱っています。老舗ならではの安定した品質が魅力です。

 

日本ペイントの代表塗料「サーモアイウォールシリーズ」

サーモアイウォールシリーズは、省エネと節電の効果が期待できる外壁用の遮熱塗料です。以下のラインナップが提供されています。

 

  • ・水性サーモアイウォールF
  • ・水性サーモアイウォールSi
  • ・ファインサーモアイウォール4F
  • ・ファインサーモアイウォールSi

 

フッ素系とシリコン系の2種類で展開しています。どちらも遮熱性が高いため、室内の温度上昇を防いでくれます。

 

  • ・高耐候性
  • ・防藻性・防カビ性
  • ・透湿性

 

によって、長期にわたって建物を守ってくれるでしょう。

 

塗料メーカー6.アステックペイントジャパン

アステックペイントジャパンは、オーストラリアの塗料メーカー「アステックペイント」の日本代理店として設立されました。

 

日本の建物の寿命を延ばすことを目的として、低汚染塗料には特に力を入れています。

 

アステックペイントジャパンの代表塗料「超低汚染リファインシリーズ」

超低汚染リファインシリーズには、

 

  • ・塗膜が緻密なため汚れが入り込みにくい
  • ・親水性が高く雨水が汚れを洗い流してくれる

 

といった特徴があります。メンテンナンスの手間が省け、長期間美しい外壁を保持できます。

 

塗料メーカー7.菊水化学工業

塗料メーカー4

菊水化学工業は、1959年創立の総合塗料メーカーです。

 

  • ・建築・土木材料
  • ・特殊機能性材料
  • ・機械・器具

 

などの製造や販売を行っています。カラーバリエーションが豊富で、1,200色のオリジナルカラーを提供してくれるのも特徴です。

 

菊水化学工業の代表塗料「水系ファインコート」

水系ファインコートは、1液系の水性塗料です。耐候性や耐久性が高く、カビや藻の発生を抑えられます。

 

ビニルクロスや軒天との密着性も高く、幅広い下地に塗れるのも特徴です。また、塗膜が硬いため、汚れが付着しても拭き取りやすいのもメリットといえるでしょう。

 

塗料メーカー8.日進産業

日進産業は、断熱塗料に力を入れている塗料メーカーです。JAXAが開発した技術を用いて、断熱塗料の開発や研究を行っています。

 

日進産業の代表塗料「ガイナ」

日進産業の代表塗料「ガイナ」は、宇宙技術から生まれました。断熱セラミック塗料であり、外からの冷気を遮る、太陽の熱を反射する、といった機能があります。

 

その他の特徴は以下のとおり。

  • ・音を反射・吸収する
  • ・結露を抑制する
  • ・室内にマイナスイオンを帯電する

 

さまざまな機能があり、快適な住空間を実現できます。カラーバリエーションが52色(製品によっては200色以上)あるのも嬉しいポイントです。

 

塗料メーカー9.スズカファイン

塗料メーカー5

スズカファインは、創業70年以上、日本各地に支店を置いている建築塗料の総合メーカーです。

 

特に環境問題に目を向け、地球にも人にも優しい水性塗料を開発し、販売しています。ISO9001認証を取得しており、安定した品質の塗料をユーザーに提供しています。

 

スズカファインの代表塗料「カベクールSi」

カベクールSiは、外壁用の遮熱塗料です。アクリルシリコン樹脂系の塗料で、耐候性に優れています。

 

高反射性顔料とセラミックバルーンの効果により太陽光を反射し、抜群の遮熱効果を発揮します。エアコン効率がアップするので、省エネ効果が期待できるでしょう。

 

耐久性や密着性、防カビ性も高いため、外壁の美観を維持できます。仕上がりは艶ありで、標準色は24色から選べます。

 

塗料メーカー10.水谷ペイント

2022年に創業100周年を迎える建築用塗料メーカーです。国内各地に支店を置き、地球環境に配慮した安全性の高い商品を多く開発しています。

 

水谷ペイントの代表塗料「ナノコンポジットF」

ナノコンポジットFは、汚れにくさと長持ちさを両立した塗料です。

 

特殊設計された「ナノコンポジットエマルション」が超低汚染性を発現し、フッ素樹脂エマルションが耐候性をアップしてくれます。

 

また、親水性が高いため、外壁が汚れても雨水が外壁と汚れの間に入り込み、汚れを洗い流してくれます。紫外線にも強く、劣化を防いでくれるでしょう。

 

塗料メーカーに悩んだときはプロの塗装業者に相談しよう!

以上、おすすめの外壁塗料メーカーと代表塗料をご紹介しました。外壁塗装や屋根塗装に用いられる塗料は、さまざまなメーカーによって開発されており、今後も新しい塗料が登場してくるでしょう。

 

どのメーカーのどんな塗料を使ったら良いか悩んだときは、プロの塗装業者に相談するのがおすすめです。塗装する部位や外部環境を考慮しながら、塗料の種類やグレードを提案してくれます。

 

業者と一緒に、費用やメンテンナンス性なども含めて検討していきましょう。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved