アパート外壁塗装の費用相場は200〜500万円!内訳を解説 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 費用について > アパート外壁塗装の費用相場は200〜500万円!内訳を解説

アパート外壁塗装の費用相場は200〜500万円!内訳を解説

アパート

アパートへの入居を検討している人が最初に見るのは、不動産屋や賃貸物件サイトに載っているアパートの外観写真でしょう。

 

アパートの外観の印象は入居率に直結するため、外観が老朽化している場合は外壁塗装などの対応を検討すべきです。その際、気になるのは外壁塗装の費用とその効果ですよね。

 

そこでこの記事では、アパートの外観塗装にかかる費用相場について解説します。費用を抑えるポイントや、入居率を上げるコツについても紹介しますので、外壁塗装を検討しているオーナーさんはぜひチェックしてください。

 

アパート外壁塗装の費用相場は200~500万円

  • ・塗料費用:約20%
  • ・足場費用:約20%
  • ・施工費用:約30%
  • ・施工業者の利益:約30%)

 

一般的な2階建てアパートの外壁面積は、約500㎡です。この規模のアパートを外壁塗装する場合、塗料にかかる費用相場は100~300万円でしょう。

 

この費用は、使用する塗料のグレードや、外壁の状態によって変動します。また、この費用とは別に足場設置の料金や、業者が施工する際の費用(人件費)もかかります。

 

これらを考慮すると、アパート外壁塗装の費用相場は200~500万円と大きく変動するでしょう。非常に高額となるため、使用する塗料や依頼する業者は慎重に選ぶことが重要です。

 

アパート外壁塗装の費用は塗料代・足場代・施工代の3つに分けられる

アパート外壁塗装の費用は、主に塗料費用・足場費用・施工費用の3つに分けられます。

 

  • ・塗料費用:約20%
  • ・足場費用:約20%
  • ・施工費用:約30%
  • ・施工業者の利益:約30%

 

と覚えておきましょう。

 

塗料費用と足場費用は相場が決まっているので、施工業者によるバラつきは小さいといえます。施工費用や利益は業者の規模や考え方で大きく異なる可能性がありますので、複数の施工業者から相見積もりを取ることが必要です。

 

相見積もりを取ることにより、使用する塗料が適切かどうか、不要な工程が含まれていないかなど比較検討ができるため、費用に関するトラブルや失敗を未然に防げるでしょう。

 

アパート外壁塗装の費用は1,000〜4,500円/㎡

アパート外壁塗装の費用において約20%を占める塗料費は、選択できる塗料の種類も多いので、大きく変動する要素といえます。

 

安価な塗料は初期費用を抑えられますが、耐候性が低く寿命も短いため、長期的に見れば、高価な塗料を選択するほうがメリットがある場合もあります。

 

塗料の特徴と費用相場は下表のとおりです。費用と耐久年数のバランスを考え、塗料を選びましょう。

 

塗料種類 費用/㎡ 耐久年数 特徴
アクリル 1,000~1,200円 6~8年 価格が安価
ウレタン 1,800~2,000円 7~10年 価格が安価
シリコン 2,300~3,500円 12~15年 価格と耐久性のバランスが良い
フッ素 3,500~4,500円 15~20年 高耐候性を有する

 

この表のように、塗料の費用は種類ごとに大きく異なります。アクリル系やウレタン系の塗料を使用すれば、初期費用を抑えられますが、耐久年数が短いため、すぐに次の補修工事を行なわなければなりません。

 

その都度、足場費用や施工費用も発生するので、外壁塗装を行なう場合は長期的な目線で塗料を選ぶことがポイントです。

 

ラジカル塗料、無機塗料、光触媒塗料など、さらに耐久性に優れた塗料も多く開発されていますので、目的に応じて業者と相談してみましょう。

 

アパート外壁塗装の費用を抑える4つのポイント

工事中のアパート

アパートの外壁塗装は、戸建ての住宅に比べて塗装する面積も大きいため、塗装費用も高額になってしまうケースが多いでしょう。

 

アパートのオーナーにとっては、外壁塗装の費用はなるべく安く抑えたいところですが、使用する塗料や選ぶ施工業者によっては、数年後に再度施工をし直す必要が出てきて、逆に高額になってしまう場合もあります。

 

そのような事態を避けるため、的確な外壁塗装を行ないつつ、初期費用を抑えるためのポイントを紹介します。

 

小まめに外壁の状態を確認する

まずは定期的に外壁のチェックを行うことが重要です。

 

アパートの外壁が、ひび割れや色あせ、チョーキング(外壁を触った際に白い粉状のものが手に付く状態)などの劣化現象が見られる場合は、外壁塗装を行なう必要があります。

 

しかし、このような劣化状態が深刻化している場合、外壁塗装をする前の洗浄処理や下地処理、コーキング処理などに高額の費用がかかってしまう可能性があります。

 

劣化状態が深刻化する前の外壁と、深刻化してしまった外壁では、外壁塗装の費用も大きく変わってきますので、早めの対応が大切です。

 

外壁塗装を実施する時期のタイミングを見逃さないよう、定期的に外壁をチェックしておきましょう。

 

適正な価格かどうか相見積もりを取って確認する

外壁塗装の費用は前述のとおり、塗料費用・足場費用・施工費用で構成されます。塗料や足場費用は相場が決まっているため、大きく変動することはありません。

 

しかし、人件費である施工費用や、施工業者の利益は、業者によって大きく変わってくる可能性があります。そのため、複数の施工業者から相見積もりを取って、比較検討を行うことが重要です。

 

ここで注意すべきポイントは、安易に一番安い施工業者を選んではいけないということです。

 

戸建ての外壁塗装と比べて、アパートの外壁塗装は高額の作業となるため、施工業者も受注したいという気持ちから、安い価格で提案してくる場合があります。

 

その分、施工費用が削られている可能性があるので、最悪の場合、外壁塗装の仕上がりが良くなく、塗料の耐久年数を迎える前に再塗装が必要になるケースもあるのです。

 

事前に外壁塗装にかかる費用の相場を知っておき、複数の施工業者から相見積もりを取ることで、適正な価格を提示してくる業者を選びましょう。トラブル未然に防ぎ、再塗装のリスクを避けることが重要です。

 

地元に密着した施工業者を選ぶ

アパートの外壁塗装を行なう場合、大手メーカーやホームセンター、工務店などから見積りを取ることができます。

 

大手やホームセンターなどは、塗装工事を下請け企業に依頼するケースが多く、中間マージンを取るので、費用が高くなりがちです。

 

大手メーカーであれば、施工後のアフターフォローなどの対応は良く、安心できますが、中間マージンで外壁塗装にかかる費用が高額になってしまうのは避けたいですよね。

 

そこでおすすめしたいのが、地元に密着した施工業者です。基本的に地域密着型の施工業者は自社で施工を行なうため、大手メーカーやホームセンターのように、中間マージンを取ることはありません。

 

また、何か不具合があった場合にすぐに駆けつけてくれたり、地域の気候に合う塗料や塗装方法を提案してくれたり、大手には真似できない融通を利かせた細やかな対応が期待できます。

 

他の作業と同時に施工できないか検討する

アパートのメンテナンスは外壁塗装だけではありません。屋根の塗装やベランダの修繕などについても、足場を組んで作業する必要があります。

 

外壁塗装の費用のうち約20%は足場費用です。他のメンテナンスと合わせて実施することにより、足場の設置が1回で済むため、費用を抑えられるでしょう。

 

アパートに関わるメンテナンスの長期的な計画を立て、複数のメンテナンスを同時に行なうように工夫することで、外壁塗装にかかる費用を抑えられます。

 

アパート外壁塗装で入居率を上げる3つのコツ

調査

日本では少子化により、人口が減少してきています。それに伴い、地域によってはアパートの空室率も徐々に上昇しており、オーナーはいかに自分の物件に入居してもらえるかを考えなければ、生き残っていけない時代に突入しています。

 

入居率を上げるためには、アパートの外壁塗装は重要なポイントの1つです。ここではアパートの外観塗装を行ない、入居率を上げるコツを紹介します。

 

入居者層を調査しデザインを決める

アパートの外壁塗装を行なう際に、悩みの種となるのが外壁の色選びとデザインです。

 

アパートの入居率を上げるためには、外壁の色やデザインをオーナーの独りよがりで決めるのではなく、現在の入居者層を調査し、戦略的に決定する必要があります。

 

入居者に若い人や学生が多いのであれば、ポップなイメージや少し派手なデザインを選択し、年配の方やファミリー層が多いのであれば、落ち着いた雰囲気の色や、温かみのあるデザインを選択するのがおすすめです。

 

また、入居率があまり高くない場合は、外壁塗装工事を機会にガラッとイメージチェンジを行なうことも検討しましょう。外観の印象が変わることによって、入居者の応募が増える可能性があります。

 

最近では、1色ではなく2色・3色を使ってカラフルにしたり、イラストを入れたりして、他のアパートと差別化を図るオーナーも増えてきています。

 

今後、アパートにどんな人に住んでもらいたいかを考えて、外壁の色やデザインを決定するようにしましょう。

 

引っ越しの繁忙期を避けて施工を実施する

アパートの外壁塗装の工事期間は、建物の規模にもよりますが、おおよそ2~3週間となります。

 

アパートの入居率を上げるポイントとして、引っ越し・転居の繁忙期を避けて外壁塗装の施工を実施することが挙げられます。

 

具体的には、入学・入社のシーズンである3~4月と、転勤シーズンである9月です。

 

この時期には引っ越しを検討する人が増加しますので、外壁の塗装工事を行っていると、内見に訪れた人が外観をイメージできずに入居に至らないケースが増えてしまいます。

 

必然的にアパートへの入居率が低下してしまうため、中・長期的なメンテナンス計画を立てて、この時期に工事期間が被らないように配慮しましょう。

 

また、冬場は気温が低くなり、塗料のノビが悪くなったり、塗装が乾燥しにくくなったりと外壁塗装にとっては条件が悪くなるため、可能な限り冬場は避ける方が賢明です。

 

入居者への配慮を怠らない

アパートの外壁塗装を行なう場合、既に入居している人にも配慮することが大切です。

 

仮に、入居者に事前連絡を行なわずに外壁塗装工事を行なった場合、事前に連絡が無かったオーナーへの不信感や、施工業者と入居者の間でのトラブルなどで、入居者が他の物件に引っ越ししてしまうケースがあります。

 

このようなトラブルで入居者が離れてしまうと、当然入居率が下がってしまいます。

 

入居者には事前に外壁塗装工事を行なうことを通知し、作業中に騒音や塗料の臭いが発生したり、洗濯ものが干せない日ができたりと入居者にとってのデメリットを確実に伝えることが重要です。

 

特に高圧洗浄や吹付けなど大きな工事を行う日については、正しい最新の情報を入居者に伝えることが必要です。

 

また、塗料を選ぶ際に臭いが少ない塗料を選ぶことも重要です。既に入居してもらっている人が他に引っ越ししないように細やかな配慮をして、入居率をキープしましょう。

 

アパートも見た目が大事!外壁塗装で入居率を上げよう

引っ越しを検討している人がチェックするポイントの中でも、外観は非常に重要な要素となります。少し家賃が高かったとしても、見た目が綺麗なアパートやマンションを選ぶ人は多いのです。

 

とはいえ、アパートの外観だけに費用をかけられない現実もあるでしょう。決められた予算の中で最大限の外壁塗装を行うためにも、あらかじめアパートのメンテナンス計画を立てることをおすすめします。

 

多くの人にとって魅力的なアパートになり、入居率を上げるためには外壁塗装が必要不可欠です。

 

当サイト「外壁塗装の達人」でも、アパート外壁塗装の見積りを複数業者から入手できます。外壁塗装を検討されているオーナーさんは、ぜひご利用ください。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved