ハルスハイブリッド塗料5つの特徴を外壁塗装のプロが徹底解説 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗料の種類について > ハルスハイブリッド塗料5つの特徴を外壁塗装のプロが徹底解説

ハルスハイブリッド塗料5つの特徴を外壁塗装のプロが徹底解説

塗料

外壁塗装に使われる塗料として、急速に注目度が高まっている「ハルスハイブリッド塗料」。現在、最も普及しているシリコン系塗料と同程度の価格でありながら、耐久年数はそれを上回っています。

 

ハルスハイブリッド塗料は、低価格かつ耐久性が高いという特徴を持ち、今後ますます普及が期待されている新しい塗料です。また、人と環境に優しい安全性の高い塗料でもあり、美しい仕上がりを長く保てます。

 

ここでは、ハルスハイブリッド塗料5つの特徴と各メーカーのおすすめ商品をご紹介します。

 

ハルスハイブリッド塗料の特徴1.ハルス効果でチョーキングを防止する

外壁塗装の劣化現象の1つに「チョーキング現象」があります。チョーキング現象は、塗膜の劣化を促進させる「ラジカル」の発生により引き起こされ、外壁を触ると白いチョークのような粉が手に付着する現象です。

 

塗膜は紫外線を吸収すると劣化因子であるラジカルを発生し、塗膜の中の樹脂を破壊させます。このラジカルを捕まえ、塗膜劣化の進行を抑える働きをするのが「ハルス」と呼ばれる光安定剤です。

 

樹脂と光安定剤を一体化させ、ハルス効果を高めるために、ハルスハイブリッド塗料は樹脂骨格そのものにハルスを組み込んで形成されています。ハルスには、劣化因子のラジカルを抑制することで外壁劣化現象のチョーキングを防止し、外壁塗装の耐久性を高める効果があります。

 

また、ハルスと合わせて紫外線吸収剤を用いることで、さらに紫外線による劣化を防げます。ハルスのような光安定剤は、紫外線を吸収する性能を持たないためです。

 

紫外線吸収剤をハルスと併用して使うことにより、相乗効果で外壁塗装の劣化抑制を高めています。これが「ハイブリッド」といわれる所以です。

 

ハルスハイブリッド塗料の特徴2.親水性が高いタイプは汚れにくい

親水性の高いタイプのハルスハイブリッド塗料には、外壁を汚れにくくするメリットがあります。

 

親水性のある物質は、煤煙や排気ガスといった有機系の汚れとの親和性が小さく、汚れが付着しにくいためです。

 

また、水に馴染みやすいので、外壁に汚れが付着しても雨水などにより洗い落とされ、美しい景観を長く保てます。

 

ハルスハイブリッド塗料の特徴3.弾性の強いタイプはひび割れにくい

ひび

 

弾性の強いタイプのハルスハイブリッド塗料には、外壁にひび割れを生じにくくするメリットがあります。

 

高弾性性能の中塗材と組み合わせることで、クラックなどのひび割れに強い塗膜が形成されます。

 

外壁にクラックが生じた場合も、伸縮した塗膜がひび割れ箇所をカバーします。これにより、雨水などが内部に侵入するのを防ぐ効果があります。

 

ハルスハイブリッド塗料の特徴4.作業性が抜群によい

ハルスハイブリッド塗料は、「ポリマーハイブリッド効果」によって塗装の作業性が抜群によいことが特徴です。

 

塗料の伸びがよく、ローラーで軽く伸ばすことができます。また、ハルスハイブリッド塗料は一液の水系塗料が多いため、可使時間の制限がありません。非常に作業性が高く、扱いやすい塗料といえるでしょう。

 

ハルスハイブリッド塗料の特徴5.美しい仕上がりを実現できる

ハルスハイブリッド塗料は塗装表面にしっかりと付着するので、塗料が飛散しにくく周りを汚しません。また、ポリマーが樹脂と樹脂の間にできる隙間を埋めるため、滑らかで緻密な塗膜が形成されます。

 

このように、ハルスハイブリッド塗料は仕上がりの美しさにも定評があります。塗装完了後も外壁に汚れが付着しにくく、付着しても雨水などで流されやすいので、美しい仕上がりを長く保てるでしょう。

 

ハルスハイブリッド塗料おすすめ5選

塗装

 

ハルスハイブリッド塗料は比較的新しい塗料ですが、すでに各メーカーから多種類発売されています。親水性の高いものや弾性効果のあるもの、高い安全性を備えたものなど特徴はさまざまです。厳選したおすすめハルスハイブリッド塗料を5つご紹介します。

 

1.エスケー化研「水性クリーンタイトSi」は低汚染効果に優れている

「次世代型超低汚染塗料」を謳うエスケー化研「水性クリーンタイトSi」は、その名の通り低汚染機能に定評のある塗料です。

 

次世代型の新しいセラミック複合化技術が採用され、超小粒の特殊なセラミック成分が塗膜の表面に均一に塗布できます。それにより、本商品は一液型でありながら、二液型と同等の低汚染効果があります。気になる塗料のにおいも少なめです。

 

2.トウペ「ハイウェザーDC」は耐水性が高い

累計施工面積500万平方メートルを超える信頼の実績を持つトウペ「ハイウェザーDC」。親水性のある塗膜で、優れた耐汚染性を持っています。また、ハイウェザーDCの中には耐水モノマーが配合されており、耐水性効果も高い塗料です。においはやや強めです。

 

同商品はハルス系塗料の中でもスタンダードな種類の塗料ですが、姉妹品として弾性の強い「ハイウェザーダンセイ」や、遮熱効果のある「ハイウェザーDCシャネツ」も発売されています。

 

3.東日本塗料「アクアデコーレ」は環境に優しい塗料

東日本塗料「アクアデコーレ」は、高い安全性を備えた人と環境に優しい塗料です。シックハウスの原因となる13化学物質が含まれておらず、総揮発性有機化合物の含有量を1パーセント未満に抑えています。塗料のにおいは少なめで、高級感のある光沢仕上がりが特徴です。

 

4.日本ペイント「パーフェクトトップ」は色彩設計に優れている

色彩設計に優れているのが日本ペイントの「パーフェクトトップ」です。艶の状態を、艶あり・5分艶・3分艶・艶消しの中から選択できます。においは少なめです。

 

姉妹品の「パーフェクトトップローズ」には、バラの香りが配合されています。塗り替えを楽しんでいただきたい、というコンセプトのもとに誕生した、バラの香りに包まれながら塗装できる珍しい塗料です。

 

5.日本ペイント「アプラウドシェラスターNEO」は親水性と弾性を併せ持つ

超耐久性・超低耐汚染性を謳う日本ペイント「アプラウドシェラスターNEO」は、親水性と弾性を併せ持つ水性有機無機複合の二液型塗料です。

 

防火材料等認定塗料でもあり、発売元の日本ペイントの中でも最高級塗料の1つです。汚れにくく、ひび割れしにくいという、親水性・弾性タイプのメリットをどちらも叶えるハルスハイブリッド塗料で、耐久年数の長い外壁を実現します。

 

ハルスハイブリッド塗料で耐久性の高い外壁を実現しよう!

ハルスハイブリッド塗料は、ハルス効果によって、塗膜の劣化を進行させるラジカルを抑制し、高い耐久性を実現する新しい塗料です。また、比較的においが少なく、人体や環境に優しく安全性が高いメリットもあります。

 

現在、外壁塗装の塗料として最もスタンダードなシリコン系塗料よりも耐久年数が長く、仕上がりの美しさにも定評があります。今後さらなる普及が期待されるハルスハイブリッド塗料で、耐久性の高い外壁を叶えましょう。

 

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved