外壁塗料「水性コンポ」の4つの魅力をプロが徹底解説 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗料の種類について > 外壁塗料「水性コンポ」の4つの魅力をプロが徹底解説

外壁塗料「水性コンポ」の4つの魅力をプロが徹底解説

水性コンポ

外壁塗装で重要なのは「コスト」と「外壁の保護性能」のバランスです。
 
塗装工事のコストはなるべく抑えたいですが、耐用年数が短かったり、保護性能が低かったりすると、結局短いサイクルでの塗り替えが必要となり、高くついてしまいます。
 
「水性コンポ」シリーズはエスケー化研が開発した外壁塗料です。コストと性能のバランスが良く、リーズナブルに塗装ができる塗料といえます。
 
この記事では、エスケー化研の水性コンポの4つの魅力をプロの視点から解説します。
 

水性コンポの魅力1.塗膜性能に優れている

外壁塗料には主に油性と水性の二種類があり、通常油性の方が塗膜性能の面で優れています。
 
しかし、水性コンポは独自の水性架橋技術により、水性塗料ながら油性塗料に匹敵する性能を実現しました。
 
架橋とは高分子化学においてポリマー同士を連結させる技術。従来のエマルション塗料(水性と油性がまじりあった塗料)は分子同士がピタッと寄り合い、肩を寄せ合うように塗膜を形成していました。
 
水性コンポはより強固に硬化し、強靭な塗膜を形成するため、従来のエマルション塗料より耐候性、耐水、耐アルカリ性が高くなっています。
 

水性コンポの魅力2.一液形で安定した品質

水性コンポは一液形であり、扱いやすいのも特徴。
 
硬化剤を混ぜて使う二液形の場合、混ぜてからの作業時間の制限があるため、やや扱いが難しくなっています。
 
一方、開けて水で希釈することですぐに塗り始められる一液形の水性塗料は二液形と比べてすぐに硬化しないため、丁寧に施工することができ、作業が長引いても使うことができます。結果として安定した塗装の品質を保つことができます。
 
ただし、塗装の品質は業者の腕によっても左右されるため、塗装を依頼する際はプロの信頼できる業者を選びましょう。
 

水性コンポの魅力3.水性で非危険物のため取り扱いやすい

水性塗料である水性コンポの魅力は、非危険物であり取り扱いやすいことです。
 
油性塗料には強溶剤形と弱溶剤形があり、主に住宅に使われるのは弱溶剤形塗料です。弱溶剤形は強溶剤形に比べて臭気も少なく扱いやすい塗料ですが、それでも火災の危険や人体、環境への悪影響はまだ高く、取り扱いには注意が必要です。
 
水性塗料は耐火性が高く、また人体への悪影響を少なくするように工夫されています。近隣住民への臭気や有害物質の影響を少なく抑えることができ、作業員も作業しやすい塗料なのです。
 

水性コンポの魅力4.リーズナブルな価格

水性コンポは油性塗料に引けを取らない性能を持ちながら、コスト面で安く抑えることができるのも魅力です。
 
水性コンポはアクリル、ウレタン、シリコンと3種類が用意されています。
 
塗装の平米単価は塗料の素材によって違いますが、水性コンポウレタンは通常のウレタン系塗料より200円~400円、水性コンポシリコンは通常のシリコン系塗料の平米相場より500円~1000円ほど安くなっています。
 
また、比較的安価な水性塗料の中でも保護性能が長期にわたって続くため、塗り替えサイクルの面から見ても経済的な塗料です。
 

水性コンポシリーズの製品ラインナップ

水性コンポシリーズは大きく分けて「水性コンポ」「水性弾性コンポ」の2種類に分けられます。
 
※製品紹介内で表示している「平米価格」は300㎡以上を基準とし、複層塗材の上塗り材として用いた場合の価格であり、下地調整費などは含んでおりません。
 

水性コンポアクリル

水性コンポシリーズで最もコストが低い塗料です。設計価格は1350円/㎡、期待耐用年数は6~8年となっています。
 
コンクリートやALCパネルだけでなく、スレート板、セメントモルタル、アルミ等の金属、各種乾式ボード、各種旧塗膜などに塗装できます。
 
水性コンポシリーズの中で最も安価に工事ができますが、その分耐用年数などの性能が最も低くなっています。
 

水性コンポウレタン

水性コンポアクリルと同様の使用用途で建物の内外壁に使用でき、水性コンポアクリルより耐久性が高くなっています。
 
設計価格は1600円/㎡、期待耐用年数は8~10年です。
 
一般的なアクリル塗料より平米価格は200円~400円ほど安くなっており、予算が少なくても検討できる塗料といえます。
 

水性コンポシリコン

水性コンポアクリル、ウレタンと同様の使用用途で建物の内外に使用できます。
 
外壁塗料としてはフッ素の次に強いアクリルシリコンを使用しており、コスト・性能のバランスに優れる商品です。
 
設計価格は2000円/㎡、期待耐用年数は12~15年となっています。
 
アクリル、ウレタンと比べて耐久性が高いため、結果的なコスト面で大きなメリットを生み出します。
 

水性弾性コンポウレタン

水性弾性コンポとは、従来の水性コンポの「弾性」を強化したものです。弾性とはクラック(ひび割れ)に追従する性能のことで、下地がひび割れても表面はひび割れないため、雨水などの侵入を防ぐことができます。
 
設計価格は1900円/㎡、期待耐用年数は8~10年と、従来の水性コンポウレタンより平米価格が高くなっています。
 

水性弾性コンポシリコン

水性弾性コンポウレタンよりさらに強度の高い塗料です。設計価格は2200円/㎡、期待耐用年数は12~15年であり、水性コンポシリーズの中では最も高コスト・高性能の塗料となっています。
 

水性コンポでの塗装を依頼するときは相見積りを取ろう

以上、エスケー化研から発売されている水性コンポシリーズを解説してきました。
 
性能が高ければ耐用年数も長くなりますが、どうしても予算が届かない場合があります。
 
水性コンポはコストと性能のバランスが良いため、リーズナブルに施工ができ、かつしっかりと外壁を保護できる塗料です。
 
予算に見合った塗料を選ぶのは素人だと難しいので、相見積もりを取るのがおすすめです。プロの意見を聞きながら、納得のいく価格で施工をしてもらいましょう。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved