外壁塗料「水性セラタイト」の特徴4つを塗装の達人が解説 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗料の種類について > 外壁塗料「水性セラタイト」の特徴4つを塗装の達人が解説

外壁塗料「水性セラタイト」の特徴4つを塗装の達人が解説

水性セラタイト

外壁は雨風にさらされており、家の中で最も汚れやすい場所です。日々のメンテナンスで掃除することも大切ですが、「超低汚染性」、つまり汚れにくい性質を持った塗料を塗装することで、掃除の手間を減らすとともに、外壁をきれいに保つことができます。
 
エスケー化研は独自の技術により、業界で初めて「水性塗料でありながら超低汚染性を持つ塗料」の開発に成功しました。それが超低汚染・超耐久型水性塗料「水性セラタイト」です。
 
この記事では、業界では画期的な超低汚染と水性の両面を併せ持つ水性セラタイトについて、プロの視点から解説します。
 

水性セラタイトの魅力1.セラミック複合技術による超低汚染性

水性塗料は油性塗料に比べて安価で安全な塗料ですが、超低汚染性の保護性能、耐久性においては油性塗料に劣るとされてきました。
 
しかし、近年では油性塗料に劣らない性能を持つ水性塗料が開発されてきています。
 
そんな中、水性セラタイトは業界で初めて水性でありながら超低汚染性を実現することに成功した塗料です。その性能の高さは、一般の水性フッ素樹脂塗料と比較しても歴然としています。
 
超低汚染性とは、つまり「汚れにくい」ということ。
 
水性セラタイトは以下の4つの性質によって外壁に超低汚染性を付与します。
 

超低汚染の理由1:低帯電性によって汚れにくい

外壁が汚れる原因の1つに、外壁の表面に帯びた静電気が大気中の排気ガスや粉塵といった汚染物質を引き寄せることが挙げられます。
 
水性セラタイトは特殊セラミック成分を複合化することにより、塗膜表面の帯電性を低くすることに成功。これにより、汚染物質が付きにくくなっているのです。
 

超低汚染の理由2:強固な塗膜を形成し汚れを跳ね返す

外壁が汚れる他の原因として、外壁に汚染物質がぶつかることで、微細であっても凹凸ができ、汚れがそこに溜まるということが挙げられます。
 
水性セラタイトは独自の架橋技術によって塗膜の密度を高め、変形を減少させているため、汚れが定着しにくくなっています。
 

超低汚染の理由3:親水性が高く汚れを落とす

水性セラタイトの塗膜は高い親水性を持ちます。親水性とは、水と強く引き合う力のこと。つまり、汚れが付いた状態で雨水が降りかかると汚れと壁面の間に水が入り込み、汚れを洗い流してしまいます。
 
いわば雨によるセルフクリーニング機能ということができます。
 

超低汚染の理由4:特殊設計により防カビ・防藻性も高い

水性セラタイトはエスケー化研の特殊設計により、カビ・藻などの微生物に対しても優れた抵抗性を示します。湿気を含んだ場所や空気がよどむ場所に水性セラタイトを塗装することで、微生物の発生を抑えることができます。
 

水性セラタイトの魅力2.完全水性塗装による安全性

上記のような優れた性能を持ちながら、水性セラタイトは完全水性塗料であるため安全性が高くなっています。
 
水性塗料は耐火性が高いため火災の危険が少ない、油性に比べて臭いが少ないといったメリットがあり、作業員にとっても、家の住民、近隣住民にとっても優しい塗料といえます。
 

水性セラタイトの魅力3.フッ素をベースにした高い耐久性

水性セラタイトは外壁塗料の中でも最も性能が高いフッ素樹脂を使用しています。期待耐用年数は最大15~20年となっており、優れた外壁保護性能も相まって、本来耐用年数が短めの水性塗料としてはかなりの耐久性を誇ります。
 

耐候形1種に認定された耐久性

仕上げ材塗料の耐久性を表す用語に「耐候形」というものがあります。耐候形には1種~3種まであり、1種が最も高い耐久性を持つとされています。
 
水性セラタイトは耐候形1種の製品であり、過酷な環境下でもしっかり外壁を保護し、光沢を保つと認められています。
 

水性セラタイトの魅力4.リーズナブルな施工によるコスト削減

水性は油性より安価なのが魅力。油性塗料に比べて施工価格を抑えることができ、かつ耐用年数も長いため、トータルコストを大きく削減できます。
 
また、フッ素より安いアクリルシリコン樹脂製の水性セラタイトも発売されており、予算と相談しながら選ぶことができます。
 

水性セラタイトシリーズの製品ラインナップ

水性セラタイトには通常のタイプと「水性弾性セラタイト」シリーズの2タイプがあります。それぞれフッ素樹脂の「F」、アクリルシリコン樹脂の「Si」の2種類の型番が付いています。
 
※下記で紹介する設計単価は300㎡以上、かつ複層塗材の上塗りに使い、下地調整費を含まない単価となっています。
 

水性セラタイトF

超低汚染型水性フッ素樹脂塗料です。
 
コンクリート、セメントモルタル、スレート板、ALCパネル、各種乾式ボード、各種旧塗膜など幅広い下地に対応しており、艶あり、半艶、艶消しの3種類から選ぶことができます。
 
設計単価は2600円/㎡、期待耐用年数は15~20年となっています。通常のフッ素系塗料と比べてかなり安くなっており、コストパフォーマンスに優れる塗料です。
 

水性セラタイトSi

超低汚染型水性アクリルシリコン樹脂塗料です。
 
水性セラタイトFと同じ用途で使うことができ、同じく艶あり、半艶、艶消しの3種類から選ぶことができます。
 
設計単価は2100円/㎡、期待耐用年数は12~15年です。
 

水性弾性セラタイトF

超低汚染型水性弾性フッ素樹脂塗料です。
 
下地がひび割れても塗膜が追従し、表面への影響をなくすため、ひび割れからの雨水の外壁内への侵入を防ぐことができます。旧塗膜や下地面に不安がある時におすすめできる塗料です。
 
設計単価は2800円/㎡、耐用年数は15~20年です。
 

水性弾性セラタイトSi

超低汚染型水性弾性アクリルシリコン樹脂塗料です。
 
水性セラタイトの超低汚染性はそのままに、内部でひび割れが起こっても影響が少なく済むため、水性弾性セラタイトFと同じく防水効果を期待できます。
 
設計単価は2400円/㎡、耐用年数は12~15年です。
 

水性セラタイトでの塗装を依頼するときは相見積りを取ろう

以上、エスケー化研の超低汚染型水性塗料「水性セラタイト」シリーズについてご紹介しました。
 
水性セラタイトはリーズナブルで扱いやすい水性塗料でありながら、超低汚染性・超耐久性を付与できる優れた塗料です。
 
扱いやすく性能の高い水性セラタイトですが、施工方法が雑であれば、せっかくの性能を活かせません。
 
水性セラタイトでのトスを依頼するならば、施工経験を持っている信頼できる業者を選びたいですよね。
 
そこでおすすめなのが相見積もりです。相見積もりで水性セラタイトの扱いに慣れている業者を発見できれば、安心して施工を相談できるでしょう。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved