遮熱塗料「クールタイト」の2つの特徴を詳しく紹介 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗料の種類について > 遮熱塗料「クールタイト」の2つの特徴を詳しく紹介

遮熱塗料「クールタイト」の2つの特徴を詳しく紹介

クールタイト

クールタイトという塗料はご存知でしょうか。クールタイトは、エスケー化研が製造を行う屋根用の塗料で、遮熱性、耐久性などに優れた魅力的な商品です。
 
今回の記事では、クールタイトの魅力、製品ラインナップ、クールタイトの塗装を依頼する際の注意点についてご紹介します。ご自宅の塗装をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。
 

クールタイトの魅力1.遮熱性を長期間維持できる

クールタイトは、遮熱性に優れた塗料で、建物内の温度の上昇を抑えてくれます。クールタイトに含まれている特殊な顔料は、近赤外線の波長を持つ光を反射する性質を持っています。近赤外線は、熱が発生する原因であり、クールタイトはこの近赤外の光を反射するため、遮熱性が高いです。
 
メーカーが行った実験では、一般的な屋根用塗料の近赤外線の反射率がほぼ0%を推移しているのに対し、クールタイトでは約60~70%の近赤外線を反射している事が確認されています。
 
また、赤外線を照射して素材の表面温度を計測した実験においても、一般的な塗料では40分の照射で20度から70度以上にまで上昇したのに対し、クールタイトでは照射から40分経っても60度以下の温度を維持しています。
 
これらの実験から、クールタイトが高い遮熱性を持つ塗料である事が分かるでしょう。遮熱性に優れているという事は、室内の温度上昇は抑えられます。そのため、クールタイトを塗布すれば、夏場でも快適に過ごせます。
 
加えて、エアコンの電気代の削減でき、とても経済的です。また、電気の使用量を抑えることができるので、環境保全にも繋がります。
 

クールタイトの魅力2.高耐候性・耐久性に優れている

クールタイトは、高耐候性・耐久性に優れた塗料であるため、外観はもちろんのこと、クールタイトの持つ機能も長期間衰える事はありません。
 
メーカーでは、クールタイトの各種製品と汎用ポリウレタン樹脂塗料、汎用アクリル形樹脂塗料の耐候性を比較した実験を行っています。
 
その実験では、汎用アクリル形樹脂塗料は、1500時間の経過で光沢保持率が30~40%付近にまで落ち込み、汎用ポリウレタン樹脂塗料は3000時間で光沢保持率が40%程度に減少しています。
 
一方、クールタイトは3000時間経過後も光沢保持率は80%を維持しており、アクリルやポリウレタンよりも劣化しにくい塗料である事が示されています。
 
このように、クールタイトは非常に耐久力に優れた塗料であるため、塗り直しの頻度が少なく済みます。さらに、塗り直す回数が少なくなるので、お財布の負担も減ります。
 

クールタイトシリーズの製品ラインナップ

クールタイトには、いくつかのラインナップがあります。以下では、クールタイトシリーズの各製品の特徴について軽く説明します。
 

クールタイト

ポリウレタン樹脂系の塗料です。クールタイトの特徴である遮熱性、耐候性、耐久性を有しており、頑丈で長持ちです。
 
耐用年数は5~7年ほどです。他のクールタイトシリーズに比べ、耐用年数は短いですが、その分、価格は少し安めです。薄型塗装瓦やトタン屋根、スレート屋根の塗料としてお使いいただけます。
 

クールタイトSi

アクリルシリコン樹脂系の塗料です。ポリウレタン樹脂系のクールタイトに比べ、耐久性が優れており、一回の塗布で6~8年は効果が持続します。ただし、通常のクールタイトに比べ、少し値段が高いです。
 
使用場所は、通常のクールタイトと同じく、薄型塗装瓦やトタン屋根、スレート屋根で使用可能です。
 

クールタイトF

フッ素樹脂を主成分とする塗料です。クールタイトシリーズの中でも特に耐久力が高く、一度塗布すれば8~10年はしっかり熱を遮断してくれます。価格はクールタイトSiよりも高いです。
 
使用場所は、クールタイト、クールタイトSiと同じです。
 

水性クールタイトシリコン

アクリルシリコン樹脂を主成分とする塗料です。低汚染機能を有しており、汚れの付着による遮熱性能の低下が起きにくいです。そのため、遮熱効果の持続期間が長いです。
 
耐用年数は6~8年程度です。薄型塗装瓦やスレート屋根に使用できます。
 

水性クールタイトフッソ

フッ素樹脂でできた塗料です。水性クールタイトシリコンと同様、低汚染機能を有しており、汚れにくいのが特徴です。耐用年数は8~10年程と長く、クールタイトシリーズの中でもトップクラスです。
 
価格は水性クールタイトシリコンに比べ、少し高めです。
 

クールタイトでの塗装を依頼するときは相見積りを取ろう

クールタイトの塗装を依頼する際は、過去にクールタイトの塗装実績がある、経験豊富な業者に依頼するのが良いです。
 
なぜなら、クールタイトの塗装実績が豊富な業者であれば、クールタイトの特性を熟知しているので、製品の持つ魅力・効果を引き出すためにはどこに塗布するのが良いのか、どのシリーズを選べば良いのかといった事について的確な助言をしてくれるからです。
 
業者を選ぶ際は、値段も重要なポイントです。当然、塗装費用は安い方が良いですが、あまりにも安すぎると質の低い業者にあたる可能性が高まるので注意が必要です。
 
また、高ければ高いほど優良な業者という考えも間違いです。なぜなら、あまりにも高い料金を設定している業者は、素人を食い物にする悪徳業者である場合が多々あるからです。
 
一番大切な事は、相場を知る事です。相場を知れば、あまりにも安い業者や、その逆である高すぎる業者を避ける事ができ、悪質な業者に引っ掛る事は少なくなります。
 
料金相場を知る最も効果的な方法は、相見積もりを行う事です。多数の業者に見積もり依頼をすれば、感覚的に相場というものが分かります。また、複数の業者の話を聞くことで、意見の偏りが無くなり、的確な判断を下せるようになるので、業者に依頼する際は、必ず相見積もりを行ってください。
 

クールライトで快適な毎日を!

クールタイトの特徴と製品ラインナップ、業者に依頼する際の注意点についてご紹介しました。クールライトは、遮熱性に優れた塗料で、家の外観を良くするだけでなく、室内の温度を抑え、夏場でも快適に過ごせるようになります。
 
さらに、耐久性に優れているので、一度の塗装で長持ちし、とても経済的です。ご自宅の塗装をお考えの方は、ぜひクールタイトの利用を検討してみてください。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved