外壁塗装の「クールテクト工法」について3つの特徴を詳しく紹介 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗料の種類について > 外壁塗装の「クールテクト工法」について3つの特徴を詳しく紹介

外壁塗装の「クールテクト工法」について3つの特徴を詳しく紹介

クールテクト工法

外壁塗装の際に、大切なポイントとなってくるのが外気の影響をどれくらい受けないかという点です。外の気温が上がった時に、室内の温度が異常に上昇してしまうのでは、暮らしやすい環境であるとは言えません。
 
クールテクト工法はそのような問題を解決しており、非常におすすめです。この記事ではクールテクト工法の魅力について解説をしていきます。
 

クールテクト工法の魅力1.太陽光による省エネが可能

エスケー化研は”太陽光による外壁の温度上昇を低減し、室内の省エネに貢献します。”と発表しています。
 

引用元:エスケー化研:外壁用遮熱塗装工法 クールテクト工法[pdf]

 

クールテクト工法は外壁の温度上昇を低減させる外壁用遮熱工法

クールテクト工法は外壁のクラック(ヒビ割れ)に対応できる微弾性を有している下塗り層と、熱を遮断する遮熱性と低汚染性を持つ上塗り層で構成されています。
 
従来の外壁用塗料と比較して、太陽光の反射性能に優れているため塗膜の裏面に閉じ込められる温度を-17℃低減することができます。
 
これによりどのような省エネ効果があるかというと、外壁を通して室内の温度が上昇を防ぐことができるため、室内は外気の影響を受けづらいです。
 
そのため、夏にエアコンなどの空調を非常に低い温度に設定したりする必要がありません。一度部屋を冷却してしまえば、その温度を長時間保つことができるので省エネに繋がっているのです。
 

クールテクト工法の魅力2.水性クールテクトサーフによる防水性

エスケー化研は” 微弾性を示す下塗り層 (水性クールテクトサーフ) が、旧塗膜に発生しているひび割れ、巣穴などを覆い、防水性の向上につながります。”と発表しています。
 

引用元:エスケー化研:外壁用遮熱塗装工法 クールテクト工法[pdf]

 

クラックは雨漏りなどの原因になる

外壁に生じたクラックは、外壁塗装を行わないかぎり修復するのは不可能です。クラックを放置しておいても、しばらくの間は生活に影響がないかもしれませんが雨が降った場合、その隙間から雨水は進入しています。
 
クラックを通して侵入した雨水は、木造建築の場合、木を腐らせたり、雨漏りなどの原因に繋がります。
 

水性クールテクトサーフがクラックを覆い隠す

クールテクト工法は、微弾性を有しているため、クラックを覆い隠すことができます。クラックの上を水性クールテクトサーフが蓋をすることによって、そこからの雨水の侵入を防ぎ、結果として防水性が向上しているのです。
 

クールテクト工法の魅力その3.幅広い張り替え特性

エスケー化研は”微弾性を示す下塗り層が、各種旧塗膜と強固に付着するため、
 
塗り替えに最適です。また、断熱性能の高い下地基材の塗り替えにも、遮熱による表面温度の低減があり、塗膜の膨れ抑制につながります。”と発表しています。
 

引用元:エスケー化研:外壁用遮熱塗装工法 クールテクト工法[pdf]

 

クールテクト広報は、古い塗料との結びつきが強固

塗り替えの際は、すでに塗られている塗料との親和性を考える必要があり、上から塗料を塗るだけだと剥がれてしまう場合があります。
クールテクト工法ならば、古い塗料と強固に付着するため剥がれてしまう心配がありません。
 

遮熱性能による熱膨張の防止

塗料を塗った内側に熱が籠ると、熱膨張により塗膜が膨らんでしまう場合がありますが、遮熱性能の高いクールテクト工法ならば、その心配はありません。
 

クールテクト工法での塗装を依頼するときは相見積りを取ろう

クールテクト工法は、遮熱性能が高く、省エネ性能に優れているため非常におすすめです。そんなクールテクト工法で塗装を依頼する場合は、相見積もりを取ることが重要です。
 
相見積もりを取らずに業者を決めてしまうと、より金額が安い業者に気づけません。また、その業者が工事内容に対して適切な価格を請求しているかを判断するのも難しくなるので、最低でも数社からは見積もりを取るようにしましょう。
 

クールテクト工法を用いた塗装に実績のある業者を選ぼう

業者を選ぶ場合において大切なのは、その塗装方法を使った塗装工事に実績のある業者を選ぶことです。
 
クールテクト工法を利用したことのない業者は、それがどういったものなのか内容を理解していない場合もあります。そんな業者が満足のいく工事を行えるはずがありません。
 
過去の実績を確認し、クールテクト工法を利用したことのある業者を選ぶようにしましょう。
 

クールテクト工法は省エネ性能に優れているため暮らしやすい

クールテクト工法は、高い遮熱性能を備えているため省エネ性能が高いです。そのため、他の塗料と比べて、気温の変化を受けにくく、暮らしやすいという特徴があります。
 
暮らしやすさは、実際に工事を行った後じゃないと良さを実感できないですが、非常に魅力的なポイントです。
 
外壁塗装を検討している方は、クールテクト工法での塗装を検討してみて下さい。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved