外壁用水性塗料「水性シリコンセラUV」の5つの特徴を詳しく紹介 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗料の種類について > 外壁用水性塗料「水性シリコンセラUV」の5つの特徴を詳しく紹介

外壁用水性塗料「水性シリコンセラUV」の5つの特徴を詳しく紹介

水性シリコンセラUV

持ち家や実家、所有するビルなど建物を長持ちさせるためには定期的な外壁のメンテナンスが必要となります。 
 
相応のコストが発生することから、なるべくなら高機能で長持ちするもの、同時に外観が綺麗に保てるモノを選びたいですよね。 
 
外壁塗料は下地や外壁素材、立地条件や気候に合わせて数え切れないほどの種類があるので、素人目ではどれを選んだら良いのか、または業者から提案された塗料がどんなものなのかわかりにくいです。 
 
次のメンテナンスまでどれくらいの期間があるのか、一回のメンテナンスにどれくらいの費用が掛かるのかなどなど、機能や性能によって大きく差が開くこともあります。 
 
できれば少しでも性能や機能、どれくらい長持ちするのかなどなど知っておくと、納得の行くメンテナンスなるのは確かです。 
 
どんな外壁塗料があるのか、機能や性能を知って頂くために今回は日本ペイント株式会社が販売する外壁用水性塗料「水性シリコンセラUV」をご紹介します。 
 

水性シリコンセラUVの特徴1.耐久性・耐候性・耐汚染性が高い

水性シリコンセラUVの1つ目の特徴として耐久性・耐候性・耐汚染性が高いことが挙げられます。 
 
水性シリコンセラUVは紫外線による劣化に対する耐久性が非常に高いです。同時に雨風による劣化を低減する耐候性が高く、汚れに対する耐汚染性も高いので外壁の素材や下地を長持ちさせることが可能です。 
 

水性シリコンセラUVの特徴2.環境に優しくイヤな臭いが少ない

外壁塗料によっては施工時にイヤな臭いが発生することがあります。例えばご自宅やご実家ですと臭いが気になってイヤな気持ちになるということです。 
 
水性シリコンセラUVは環境に優しくイヤな臭いが少ないので、生活圏の建物の外壁塗装をする場合でも安心です。 
 

水性シリコンセラUVの特徴3.密着性が高く綺麗に仕上がる

外壁用水性塗料「水性シリコンセラUV」の5つの特徴を詳しく紹介
水性シリコンセラUVは水性でありながら密着性と浸透性が高く、綺麗な仕上がりになります。 
 
つやを調整することも可能ですし、光沢感のある外壁にするのも可能であり、お好みに合わせた外観にすることができます。 
 
また、密着性や浸透性が高いので耐久性や耐候性、耐汚染性が長持ちしやすいという利点もあります。 
 

水性シリコンセラUVの特徴4.耐シーリング汚染性と目止め効果に優れる

水性シリコンセラUVは耐シーリング汚染性も兼ね備えています。シーリングとは外壁素材同士を繋げる隙間を埋めることで防水性や気密性を高めるものです。 
 
外壁塗料とシーリング材との相性が悪いと継ぎ目や隙間から劣化しやすくなり、外壁そのものは大丈夫でも隙間から建物全体の劣化が進みやすくなってしまいます。 
 
耐シーリング汚染性とはシーリング部分にも外壁塗料の機能や性能を付与できるものであり、外壁全体をしっかりと守ってくれるようになるので非常に安心です。 
 

水性シリコンセラUVの特徴5.窯業サイディングボード・コンクリート・モルタルなどの下地に適用可能

水性シリコンセラUVはほとんどの外壁素材や下地に適用可能です。 
 
建物の構造によっては外壁の素材や下地が異なることもあり、部分部分によって塗料を変えなければならないこともありますが、水性シリコンセラUVであれば場所や素材を選びません。 
 

水性シリコンセラUVでの塗装を依頼するときは相見積りを取ろう

ご自宅やご実家、または所有する物件の外壁状態が気になった場合、一つの業者だけでなく複数の業者で相見積りを取るようにしましょう。 
 
水性シリコンセラUVの施工実績があるかどうかを確認しながら、金額面だけでなくコミュニケーション面をチェックすることが大切です。 
 
また、可能であれば水性シリコンセラUVで塗装した物件などを実際に見せてもらうことでどのような仕上がりになるのか、どれくらいの金額になるのかなど具体的な相談も可能となります。 
 

まとめ: 水性シリコンセラUVは高機能で色々な建物・外壁に適用可能!

水性シリコンセラUVは建物の構造や外壁の素材、下地に関わらず幅広く適用できるのが魅力です。 
 
同時に高機能であり、長持ちすること、つや調整が可能なことからお好みの外観を綺麗に保てるようになります。 
 
外壁塗料の機能や性能は難しい言葉が多いですが、一つ一つ分解すれば理解しやすくなるので、水性シリコンセラUVだけでなく、その他の塗料と見比べながら、少しずつ知識を増やして、機能面やコスト面も含めて納得の行くメンテナンスになるように意識してみてくださいね。 
 

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved