外壁用水性塗料「水性ファインウレタンU100」の5つの魅力をプロが徹底解説 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗料の種類について > 外壁用水性塗料「水性ファインウレタンU100」の5つの魅力をプロが徹底解説

外壁用水性塗料「水性ファインウレタンU100」の5つの魅力をプロが徹底解説

水性ファインウレタンU100
外壁塗装を依頼したいけど、実際にどのような塗料が使われるのか知りたい。または業者から提案を受けた塗料がどのようなものかわからないなどで悩まれる方も増えてきました。 
 
外壁塗料の機能や性能は一般の方にはわかりにくいですから、悩むのも無理はありません。 
 
しかし、少しでも機能や性能、特徴を知っておくことで悩みすぎたり、不安な気持ちを解消したりすることに繋がります。 
 
同時に法外な金額を請求されたり、安いけど手抜き工事をされたりしないためにも業者に依頼する時の注意点にも気を配ることも大切です。 
 
今回は外壁塗料の機能や性能、特徴を知っていただくために、日本ペイント株式会社が販売する外壁用水性塗料「水性ファインウレタンU100」をご紹介します。 
 

水性ファインウレタンU100の特徴1.水性なので、作業性が高く仕上がりも良い

水性ファインウレタンU100は水性の特徴として水性で作業性が高いことが挙げられます。 
 
また、隠蔽性も高く外壁の下地や素材が綺麗に覆い隠されるので非常に良い仕上がりになるのも特徴です。 
 

水性ファインウレタンU100の特徴2.幅広い色相やつや調整が可能

水性ファインウレタンU100は幅広い色相やつや調整が可能という特徴もあります。 
 
外壁塗料によっては色相やつやが調整できないこともありますが、水性ファインウレタンU100であればお好みに合わせた外観にすることができます。 
 

水性ファインウレタンU100の特徴3.耐候性・耐久性・防藻・防かび性・透湿性に優れている

水性ファインウレタンU100は外壁塗料として非常に高機能であることも特徴と言えるでしょう。 
 
耐候性とは雨風による劣化が防がれ、耐久性は紫外線による劣化を防ぎ、防藻・防かび性で藻やかびの発生を防ぎます。 
 
その他にも透湿性に優れており膨れたり、乖離したりすることも防ぐので、全ての機能が長持ちします。 
 
外壁は常に雨風や紫外線、汚れや藻、かびなど様々な要因でダメージを受けて劣化します。 
 
水性ファインウレタンU100のように複合的に機能や性能を持っている塗料は非常に安心感があると言えるでしょう。 
 

水性ファインウレタンU100の特徴4.コンクリート・モルタル・ボード類や鉄や木の下地に適用可能

外壁用水性塗料「水性ファインウレタンU100」の5つの魅力をプロが徹底解説
水性ファインウレタンU100は適用下地が多く、コンクリートやモルタル、ボード類の他に鉄や木の下地にも塗装が可能です。 
 
建物の構造によっては同一の下地でないこともあり、その都度塗料を変えなければならず、結果的に施工の工程が増えてしまいます。工程が増えるということは工事する期間が長くなるということでもあり、長くなればなるほど人件費も含めて工賃も上がってしまいがちです。 
 
水性ファインウレタンU100は下地を選ばないので比較的短い工程で済むことから、コスト面で抑えられるというメリットがあります。 
 

水性ファインウレタンU100の特徴5.内装・外装の色々なところに使える

水性ファインウレタンU100は内装や外装の両方で利用可能です。例えば、自宅の外壁だけでなく、ガレージや倉庫なども含めて塗装工事を依頼したい時にもスムーズだということです。 
 
様々な下地の素材につかえるだけでなく、内装外装の両方で使えることも水性ファインウレタンU100の魅力と言えます。 
 

水性ファインウレタンU100での塗装を依頼するときは相見積りを取ろう

水性ファインウレタンU100で外壁や内装などの塗装を依頼したいと考えら、まうzは複数の業者に見積りを依頼して、相見積りを取りましょう。 
 
相見積りを取ることで一般的な相場がわかりにくい場合でもある程度見極められるようになるからです。 
 
同時に金額面だけでなく、担当者の応対やコミュニケーションから、信頼できる業者なのか判断することも忘れないようにしましょう。 
 
また、水性ファインウレタンU100の施工実績があるのかを聞いておくことも大切です。 
 

水性ファインウレタンU100は高機能で色つやも選べて適用できる範囲が広い!

水性ファインウレタンU100は外壁塗料の中でも適用下地が多く、高機能、色つやも選べる上に内装、外装の両方で使えるので万能的な塗料と言えます。 
 
外装塗料はどんな機能があるのかチェックするだけでなく、色つや、適用下地についてもチェックするようにしましょう。 
 
また、水性ファインウレタンU100だけでなくその他の塗料の知識を身につけることで、より相性の良い塗料を見つけることもできますので、自分で知識を増やしたり、業者と相談したりしながら、納得のいく外壁塗装となるようにしてみてくださいね。 
 

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved