「ロックSBフィラー」がサイディングボードの塗り替えに最適な理由 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗料の種類について > 「ロックSBフィラー」がサイディングボードの塗り替えに最適な理由

「ロックSBフィラー」がサイディングボードの塗り替えに最適な理由

ロックSBフィラー

色褪せてきたサイディングボード。
 
「この際だから塗り替えたい・・・」と思った時に、どんな塗料を選べばいいかわかるでしょうか?
「ロックSBフィラー」はロックペイントが販売している窯業系サイディングボード塗り替え用下地調整塗材です。隠蔽性が高いため、古びた外壁を鮮やかなカラーリングにリニューアルできます。
「これまで通りの色合いでよりフレッシュに」
「今までと心機一転で新しい外観にしたい」
 
そんな施工主の願いをかなえるのがロックSBフィラーです。
 
この記事では、ロックSBフィラーがサイディングボードの塗り替えに最適な理由を解説します。
 
合わせて、コンクリートやモルタルなどに塗装するケースについても解説します。
 

ロックSBフィラーの特徴1 高隠蔽性を持つためきれいに仕上がる

ロックSBフィラーは優れた隠蔽性と速乾性を持ち、サイディングボードを新しい色に塗り替える際に最適な塗料となっています。
 

高隠蔽性

隠蔽性とは、透けにくさのことです。下塗り塗料の役目は様々ですが、上塗り塗料の仕上がりを左右するのがこの「隠蔽性」です。下地の色を覆い隠すことで、上塗りがよりきれいに仕上がり、色褪せたサイディングボードをフレッシュに復元することができます。
 
ロックSBフィラーは隠蔽性に優れるとともに、後述する着色料を併用することで、さらに高い隠蔽性を発揮します。
 

吸い込みの少ない塗膜で上塗り塗装がきれいに仕上がる

ロックSBフィラーは吸い込みの少ない塗膜を形成します。
 
吸い込みが少ないと、上塗り塗料を塗った時に緻密で均一な塗装がしやすくなります。
 
この塗膜の性質により、ロックSBフィラーは縁の下の力持ちとして、鮮やかなサイディングボードの塗り替えに一役買っています。
 

ロックSBフィラーの特徴2.速乾性を持つため塗りやすい

ロックSBフィラーは速乾性があり、3時間以上経過すれば上塗り塗料を塗装できます(気温が23℃の場合)。
 
作業効率が良く、工期を短くすることができるのは、作業員にとっても施工主にとっても大きな魅力です。
 

ロックSBフィラーの特徴3.下地・旧塗膜に適用しやすい

ロックSBフィラーは各種窯業系サイディングボードに塗装できるだけでなく、コンクリート、モルタル、ALCパネルなどの屋内外部壁面及び各種旧塗膜にも塗装可能です。
 
※新設塗装の場合は、事前にカチオン系シーラーなど、ロックペイントが販売している建築用シーラーを塗装する必要があります。
 
また、フッ素コート処理をはじめ、無機系や光触媒処理などのサイディングボードには適応していないので、注意が必要です。
 

ロックSBフィラーの特徴4.フィラーとシーラー両方の機能を持つ微弾性フィラー

ロックSBフィラーは「微弾性フィラー」と呼ばれるタイプの下塗り塗料です。この性質上、モルタル等の外壁塗装にも適しています。
 

下塗り塗料

外壁塗装の下塗り塗料にはシーラー・プライマー・フィラーなど様々な名前がついています。
 
それぞれに明確な定義はないのですが、一般的にはシーラー=プライマー≠フィラーとされており、それぞれに役割が異なります。
 
シーラーやプライマーはいわゆる一般的な下塗り塗料で、上塗り塗料の密着性を高めます。吸い込みが激しい下地の場合、まずシーラーやプライマーを塗ることで、吸い込みを止める役割も果たします。
 
一方、フィラーはコンクリートやモルタル、ALC等を塗装する際に、凸凹がある下地をならす目的で塗装されます。
 

微弾性フィラーはヘアクラックに追従する

ロックSBフィラーはシーラーとフィラー、双方の機能を併せ持つ下塗り塗料です。
 
その性質上、多様な下地や旧塗膜に適用できます。通常、サイディングボードにはフィラーは使用しませんが、ロックSBフィラーはシーラーの性能を持つため、下塗り材として使用できます。
 
また、ロックSBフィラーはヘアクラック(ひび割れ)が起きているモルタルへの塗装時にも効果を発揮します。
 
ロックSBフィラーは微弾性があり、塗装の内側でクラックが起こっても塗膜が追従するため、クラックを外側に表出させません。
 

ロックSBフィラーの特徴5.ロックトーンカララント7000で着色可能

ロックペイントから発売されている「ロックトーンカララント7000」で着色することが可能です。
 
ロックトーンカララント7000のカラーは次の7種類です。
 

  • ・黒
  • ・オーカー
  • ・赤サビ
  • ・ハイレッド
  • ・ブルー
  • ・ハイエロー
  • ・グリーン

 
下塗り塗料であるロックSBフィラーのカラーを上塗り塗料と同系統に合わせることで、隠蔽性をさらに高めることができます。
 

ロックSBフィラーでの塗装を依頼するときは相見積りを取ろう

ロックSBフィラーはサイディングボードだけでなく、ヘアクラックのあるモルタル面など、難しい条件下でも使用できる下塗り材ですが、その分塗装する際には高い技術を要求する塗料です。
 
ロックSBフィラーでの塗装を希望するのであれば、相見積もりを取ってみましょう。
 
相見積もりは複数の業者に同条件で見積もりを出してもらうことです。
 
価格や納期だけでなく、「ロックSBフィラーの使用経験があるか」といった条件で見積もりを取ることで、より良い条件で塗装を行うことができます。
 
相見積もりを取ることで、事前に悪徳業者をフィルターにかけて見抜くことができます。
 
「安いと思って契約したら、追加の工事費で結局高くなった」「仕上がりがひどいのに対処してくれない」などの質の悪い業者は、残念ながら数多く存在します。
 
全てをプロ任せにするのではなく、このような記事である程度の知識を持っておくことで、優良業者を選ぶことが可能になります。
 

ロックSBフィラーで上塗りを綺麗に仕上げよう

窯業系サイディングボード、またコンクリートやモルタルの下塗り材として、ロックSBフィラーを紹介しました。
 
外壁の上塗りをきれいに仕上げるためには、「下塗り材に何を選ぶか」が重要です。高い隠蔽性を持っているロックSBフィラーであれば上塗りをきれいに仕上げることができるため、サイディングボードやモルタルの塗装を検討している方に自信をもっておすすめできます。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved