外壁塗料「ロックコート」の4つの魅力を外壁塗装のプロが解説 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗料の種類について > 外壁塗料「ロックコート」の4つの魅力を外壁塗装のプロが解説

外壁塗料「ロックコート」の4つの魅力を外壁塗装のプロが解説

ロックコート

ロックコートは、外壁塗料の耐久性や作業性を重視したい人におすすめの塗料で、求めるグレードなどに応じた製品ラインナップがあるのも魅力です。
 
ここではロックコートの特徴についての詳しい説明や製品ラインナップ紹介、さらに相見積もり時のコツもご紹介します。
 

ロックコートの特徴その1.液ダレしにくく作業しやすい

外壁塗料「ロックコート」の4つの魅力を外壁塗装のプロが解説
ロックコートの特徴としてまず挙げられるのが、作業性に優れているという点です。
 
ロックペイント株式会社ホームページの製品情報でも「“タレ、ハケ目が少なく作業性のよい建築用合成樹脂調合ペイントの代表品”(ロックコート内外部用白・ロックコート外部用白・ロックコート速乾下塗白)」「“たれ、ハケ目が少なく、ハケ運びが軽く、作業性が非常にすぐれています。(ロックコートF4)”」と記されています。
 

素地の粗を埋めて付着性に優れているのでタレにくい

ロックコートの作業性の軽さの秘密は、塗料の構成要素であるビヒクルとして、柔軟性と耐久性・付着性に優れた長油性アルキド樹脂を使用している、ということです。
 
柔軟性があるからこそ肉持ち感を出しても作業で重さを感じにくく、しかも付着性にも優れているのでタレにくいというメリットが得られるのです。
 

ロックコートの特徴その2.ロックコート内外部用白・ロックコート外部用白はチョーキングが起こりにくい

ロックコート内外部用白・ロックコート外部用白は、ロックペイント株式会社が「“チョーキングを起こしにくい。”」と紹介しているとおり、長期間すぐれた光沢を保ちます。
 

塗膜性能のテストでも良好な結果を出している

ロックコート内外部用白・ロックコート外部用白は、ともに鏡面光沢度および屋外暴露耐候性のテストにおいて、文句なしの合格性能を出しています。
 

ロックコートの特徴その3.ロックコート速乾下塗白は下塗り用として肉持ち感にすぐれている

ロックコートの中でも下塗り材として挙げられるロックコート速乾下塗白は、ロックペイント株式会社が「“木部の目止め効果、付着性、肉持ち感、ハケ塗り作業性にすぐれた下塗用白。”」と紹介しているとおり、下塗り材でありながら、これひとつで目止め材の役目もある程度果たしてくれるという強みを持っています。
 

作業工程がひとつ省けるという強みを得られる

肉持ち感がありながらしっかりと木部素地に付着して安定してくれるロックコート速乾下塗白を使えば、素地の少々の粗さや微細な穴などはこれひとつでカバーできるため、本来なら木部素地に対して必要な工程のひとつである目止め材の使用を省くことが可能です。
 
作業工程をひとつ省ける分、塗装に必要な日数も短くできるという点が大きな強みです。
 

ロックコートの特徴その4.ロックコートF4は室内でも使用制限なし

ロックコートF4は「“ホルムアルデヒド放散等級がF☆☆☆☆のため、室内においての使用制限がありません。”」とロックペイント社が紹介しているとおり、低ホルムアルデヒド性でロックコートシリーズの中でも特に安全性が高いという特徴があります。
 

水性塗料でなくとも室内で使える安心感

室内で使える塗料といえばその多くが水性塗料となりますが、水性塗料は溶剤系塗料に比べると耐久性などがワンランク落ちやすいというデメリットもありました。
 
しかしロックコートF4を選べば「室内の安全のために水性塗料を選ばざるを得ない」といった問題も解決できます。
 

ロックコートシリーズの製品ラインナップ紹介

ロックコートシリーズの製品ラインナップとしては、以下の4つが挙げられます。
 

  • ・ロックコート内外部用白(ロックコートデラックス)
  • ・ロックコート外部用白(ロックコートロイヤル)
  • ・ロックコート速乾下塗白
  • ・ロックコートF4

 
ロックコート速乾下塗白以外は上塗り材となりますが、ロックコート内外部用白とロックコート外部用白は光沢のよさとチョーキングの起きにくさが魅力で、さらにロックコート外部用白は乾燥性により優れています。
 
ロックコートF4はロックコートシリーズの中でも特に低ホルムアルデヒド性になっているという安心感の高さが魅力です。
 

ロックコートでの外壁塗装を依頼するときは相見積もりを取ろう

ロックコートシリーズを使用しての外壁塗装を依頼したいと考えるなら、ぜひ塗装専門業者数社を選んで相見積もりを取りましょう。
 
一般的なリフォーム業者に依頼するよりも、塗装専門業者のほうが中間マージンが発生しないというメリットがあるのでおすすめです。
 
相見積もりを取ったら、見積書の内容もチェックしましょう。費用の比較も大切ですが、ロックコートシリーズのどの製品を使うか、その製品名まで明記してくれているかどうかなども見ておくことをおすすめします。
 

ロックコートシリーズでの塗装実績のある業者を選ぼう

ロックコートが持つ性能・機能を万全に発揮するためには、下塗り材のロックコート速乾下塗白も含めて、適切な使用量、適切な塗り方を間違いなくできる業者を選ぶ必要があります。
 
ですからロックコートシリーズを使っての外壁塗装にこだわりたいのであれば、見積もりを取ってもらう前にまず、その業者がロックコートシリーズを使っての塗装実績があるかどうかを事前に問い合わせておくことをおすすめします。
 

製品ラインナップも充実のロックコートシリーズ、ニーズに適したものを選ぼう

作業性と耐久性にすぐれた外壁塗料のロックコートシリーズは、製品ラインナップが充実しているため、自分たちのニーズにより適したものを選びやすいというメリットがあります。
 
それぞれの特性をよく理解したうえで、自分たちが外壁塗装に対して何を重視するのかを考え、製品ラインナップの中からどれを選ぶのかを考えていきましょう。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved