屋根用塗料「ルーフピアニ」の3つの特徴をプロが徹底解説 外壁塗装の達人 | 都道府県別で塗装店の費用や特徴を比較出来る!!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人 > 塗料の種類について > 屋根用塗料「ルーフピアニ」の3つの特徴をプロが徹底解説

屋根用塗料「ルーフピアニ」の3つの特徴をプロが徹底解説

ルーフピアニ

屋根は直射日光が特に強く当たる場所だから、塗装は溶剤などを使った樹脂系塗料でなければいけない、という考え方を持つ人は少なくありませんが、水性塗料でありながらも安心して屋根に使えるだけの機能性を持った存在として挙げられるのが、ルーフピアニです。
 
ルーフピアニの特徴や、業者に見積もりを依頼する際のコツなどをここで知っておきましょう。
 

ルーフピアニの特徴その1.System Mとナノシリコンテクノロジーによる高耐久性の実現

ルーフピアニの特徴としてまず挙げられるのが、水性塗料でありながら溶剤系塗料に負けない、あるいはそれ以上の耐久性や耐光性を実現していることです。
 

業界初のシステムとナノシリコンテクノロジーを融合

ルーフピアニは、水谷ペイント株式会社ホームページの製品情報で「“業界初の水系2液硬化システム「System M」と「ナノシリコンテクノロジー」の融合で、水系塗料でありながら従来の弱溶剤系2液型シリコン 樹脂塗料と同等以上の優れた耐久性を発揮します。”」と記されているとおり、他の塗料にはないシステム、そして注目のナノテクノロジーが使用されています。
 
水系2液硬化システム「System M」は従来のエポキシ樹脂やウレタン樹脂を使用した硬化システムとは異なる、非イソアネート系樹脂を使用した全く新しいタイプの硬化システムで、均一かつ完成度の高い塗膜が形成できるのが大きなメリットです。
 
特許申請がなされているほどのこの画期的な技術が、ルーフピアニには惜しげもなく詰められています。
 
また、ナノシリコンテクノロジーによって塗料が高密度にしっかりと付着するようになっていることで、耐候性や耐久性をより高めており、促進耐候試験においても、光沢保持率、色の劣化の抑制、どちらも一般的な溶剤系2液型シリコン塗料すらも上回るほどの結果を出しています。
 

ルーフピアニの特徴その2.汚染を徹底的にガードする強靭さを持つ塗膜

ルーフピアニは「“硬く強靭な塗膜が塗膜の耐汚染性を向上させます。”」とも紹介されているとおり、汚染を徹底的にガードする強靭さも持ち合わせています。
 

「System M」による強さとナノシリコンテクノロジーによる隙のなさが魅力

ルーフピアニに採用されている硬化システム「System M」によって、ルーフピアニの塗膜は強固に守られており、汚れが付着しにくい仕様となっています。
 
しかもナノシリコンテクノロジーによって塗膜の密度が非常に高いため、この点でも汚れが侵入するスキを与えません。スレートなどの窯業系屋根材だけでなく、金属製の屋根材にもしっかりと付着する力を持っているため、スキの無さは万全です
 

ルーフピアニの特徴その3.水性塗料だからこその安全性

ルーフピアニは水を主成分とした水性塗料だからこそ、溶剤系塗料にある揮発性の刺激臭や引火リスクがないという安全性の面でも強みがあります。
 
希釈ももちろん有機溶剤での希釈ではなく水での希釈となるので安心です。
 

ルーフピアニでの屋根塗装を依頼するときは相見積りを取ろう

ルーフピアニは業界初のシステムのナノシリコンテクノロジーを融合させたハイクオリティな屋根用塗料です。
 
そんなルーフピアニを使っての屋根塗装の依頼をしたいと考えた際には、相見積もりを取るのがおすすめです。
 
相見積もりは、塗装専門業者から数社を選んで依頼しましょう。
 
見積もり時に現場をしっかりと目で見てチェックしながらきちんと見積もりをしてくれる姿勢があるかどうか、見積もりの内容に細かい内訳も載せているか、などといった点をチェックしましょう。
 
見積もり時の現場チェックがいいかげん、見積書に細かい内訳が書かれていない、などという業者は作業後に追加料金を請求されるリスクも高いので避けたほうが無難です。
 

ルーフピアニでの塗装実績のある業者を選ぼう

ルーフピアニの持つすぐれた機能・性能を最大限に発揮できる仕上がりのいい屋根塗装をしてもらうためには、業者がルーフピアニの扱いに慣れているかどうかという点も重視すべきポイントです。
 
見積もり依頼の際には、ルーフピアニでの屋根塗装を希望していることを伝え、その業者がルーフピアニを使った屋根塗装をしたことがあるかどうかも確認しておくといいでしょう。
 

水性塗料の弱点を克服したルーフピアニに注目

ルーフピアニは「溶剤系塗料と比べると耐久性や耐候性が弱い」と言われてきた水性塗料の弱点を、業界初の硬化システムとナノシリコンテクノロジーを融合させることで克服し、溶剤系シリコン塗料に匹敵あるいは上回るレベルの耐久性や耐候性を実現した注目の新型屋根用塗料です。
 
ハイグレードな塗料だからこそ、そのパフォーマンスを最大限に発揮してもらうために業者選びは慎重にすることが大切です。ルーフピアニでの塗装実績や、現地見積もり時の様子や見積書の内容などをチェックして選びましょう。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

※ご入力頂いた方全員に業界裏情報まとめ小冊子プレゼント中!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved