外壁塗装の達人 | 外壁リフォームや屋根塗装のプロが1000社以上!

お問い合わせはこちら

無料見積りはこちら

外壁塗装の達人を探すまずは下の地図から地域をクリック!

外壁塗装基礎知識
外壁塗装の達人たちが、基礎知識をわかりやすく解説していきます。

外壁塗装の達人へインタビュー!

全国の外壁塗装の達人の方々にいろいろとお話をお聞きしました。
プロの方が読んでも勉強になる納得のインタビュー!是非ご覧ください。

  • 外壁リフォーム 「成功する人」「失敗する人」

    「成功する為には何が大切か?」「失敗しない為の知識」「外壁リフォーム業界の現状」を中心にお話させて頂きます。

  • 外壁塗装の費用相場について

    外壁塗装の費用相場はとても難しいテーマではありますが、「何故難しいか?」「ザックリとわかる費用相場」など詳しく解説させて頂きました。

  • 外壁塗料の耐用年数とライフサイクルコストについて

    外壁塗装の耐用年数は塗料のグレードだけでわかる単純なものではありません。人生設計と併せてなるべく耐用年数を長くする事がライフサイクルコストを下げる事に繋がるのです。

  • 大手ハウスメーカーと塗装専門店の「大きな違い」

    「外壁塗装」や「屋根塗装」をご検討の際、自宅を建ててくれた大手ハウスメーカーに塗装してもらうのが良いのか?地域の塗装専門店へ依頼するのが良いのか?一番初めに悩むポイントだと思います。そして外壁塗装を考える際に「外壁塗装の本当の全体像」を知っておけば怖いものはありません。

  • リホーム費用を抑えるには?

    リホーム費用は会社によって価格がバラバラです。なぜ価格に差が出るのか?どうしたらリホームのクオリティを変えずに費用を抑える事出来るのか?

  • プロが教える、見積もり時の注意点!

    見積もりを誤ってしまうと、「外壁塗装」「屋根塗装」の失敗に直結します。プロが教える見積もり時の注意点とは?

  • 雨漏りしてきたら?プロが防止策と業者選定を解説!!

    外壁塗装同様、「屋根塗装」「屋根の葺き替え」は家を長持ちさせるリフォームの中で重要なポイントですが、実際に雨漏りしてきたらどの様に対処すれば良いのでしょうか?業者の選定基準などもわかりやすく解説します。

  • 日本ペイントは売上日本一に!人気の秘密とは?

    どのメーカーの塗料を選ぶかは重要なポイントです。売上日本一「日本ペイント」の人気の秘密をわかりやすく解説して頂きました。

外壁塗装を成功させる7箇条!

1・安ければ良いという訳では無い!

外壁塗装、外壁リフォームは家電製品の様に既に完成している「商品」ではありません。

 

「塗料の質」「職人の質」「会社の保証」全てが合わさって初めて完成する「製品」の様なもの。

 

もちろん「安くて良い工事」を皆さん望んでいますが、安さばかりに注目すると痛い目にあうかもしれません。

・安い工事をして2,3年後に外壁塗装が剥がれてきた!
・高い工事を営業マンに無理やり契約させられた!

どちらも外壁塗装の被害者です。
絶対に失敗しない為にも、適正価格を知る事が重要です。

そして費用だけでなく、「塗料の質」「職人の質」「会社の保証」を総合的に見る事が外壁塗装で成功する秘訣です!

2・自宅の価格相場を知るべし!

外壁塗装、屋根塗装共に、各住宅によって費用は全く異なります。塗装費用は、大きく下記3点で決まります。

 

1・「塗面積」(実際に塗料を塗る平米数)
2・「外壁、屋根の痛み具合」

※傷んでいない外壁は洗浄後塗装すぐに塗装に入れますが、痛みが激しい場合、補修後に塗装となる為その分の費用が上乗せされます。

 

3・「塗料のグレード」(どれだけの年数もたせたいか)

 

これらはそれぞれの単価で決まっている為、「大きな一戸建て」「痛みが激しい」「20年もたせたい」となると、費用はそれなりに高額となります。

 

反対に「小さな一戸建て」「傷んでいない」「5年もてばいい」となると、費用はかなり低価格となります。

 

見積もりは大体の塗装業者が無料で行っていますので、「見積もり価格」も「業者」も比較してから決めましょう。

 

3・出来るだけ屋根塗装も一緒にやってもらいましょう。

もちろんお客様の予算の都合によりますが、せっかく足場を建てるんです。
外壁塗装だけ。屋根塗装だけ。という事が無いように計画的に塗装を進めたいものです。

 

一般的に1平方メートルにつき500~700円が価格相場となっていますので、一般的な30坪の2階建て一戸建て住宅の場合13〜17万円前後が足場代と考える事が出来ます。

 

10年に一度の塗装工事も、外壁塗装と屋根塗装を別々で行うと、5年おきに余計な足場台がかかってきますので、手間もお金もかかってしまいます。

 

4・良い業者を見極めるには、技術力が問われる「現場調査」と「提案力」で判断!

協伸会社を選ぶときの注意

「パリっとした身なり」や、「感じの良いトーク」だけで、外壁塗装会社を判断してはいけません。

 

一番重要なのはお家の外壁や屋根を的確に診断する「現場調査力」!

 

外壁や屋根も見ずに見積もりを出す業者は論外です。

 

そして、お客様の質問に素早く答える「知識の豊富さ」、それに対する「的確な提案力」!

 

答えを濁したり、特定の塗料や工法を薦めてくる業者に、お客様の要望を果たして満たせるでしょうか。

 

各塗装業者は得意分野も違います。

 

一戸建て住宅に一番多い外壁はサイディングボード、次にモルタルです。
モルタルはひび割れしますし、サイディングはコーキング割れが起きます。

 

それぞれに補修方法も違いますし、塗料の選定方法も違い、工法も違いますので、その業者がどちらに強いのかをホームページ等で確認する事も重要です。

 

外壁塗装の工程もチェックが必要です。

 

ひび割れ箇所に対する処置をどうするか。高圧洗浄は必要か。下塗り、中塗り、上塗りはどの様な塗料を使用するのか。耐久性はどれ位で何年程もつのか。

 

外壁塗装をする方のほとんどが素人です。

 

知らなくて当然の業界で、わかりやすく提案する事も業者の腕前のひとつです。

 

 

5・被害は一日17件以上!訪問販売業者に注意!

外壁被害

独立行政法人国民生活センターに寄せられた外壁リフォームへの相談件数は、2015年3月31日時点で年間6300件を超え、一日あたり17件以上にも上ります。

※ここでの「リフォーム工事」とは、「屋根工事」「壁工事」「増改築工事」「塗装工事」「内装工事」の事を指します。

 

この件数の多くは訪問販売業者によるもので、様々な手口が国民生活センターに寄せられています。

 

悪徳塗装業者もプロですので、お客様に即決させようと「本日決めて頂ければ100万円値引きます」などと迫ります。

 

外壁被害「他社様の見積もりも取ってみてはいかがですか?」と提案する塗装会社と、どちらが優良業者かは一目瞭然です。

 

大切な我が家の外壁塗装や屋根塗装を、突然訪問してきた業者のプランに合わせる必要はありません。

 

「我が社で開発した塗料で外壁塗装しませんか?」・・・もはや、使い古された文句の様ですが、未だに「自社開発塗料」に騙される方も跡を絶たないと言います。

 

ほとんどのお客様が外壁塗装の費用相場もわかりませんし、外壁塗装がどの様な流れで進むかさえもご存知無くて当たり前。

 

でも、即決だけはしてはいけません。

 

いくつかの塗装会社を比較しているだけで、自然に知識も付いて、塗装業者を見る目も養われるものです!

 

 

6・不透明な外壁塗装業界を変えたい!という熱い思いを持った業者がそれぞれの地域に必ずいる!

ミヤケン社員集合外壁塗装の達人では、こんな熱い思いを持った塗装業者さんばかりを登録させて頂いております。

 

それぞれの会社紹介ページで会社のリーダーのお話を見て頂ければよくわかると思います。

 

そんな優良塗装店の思いとは裏腹に、昨年だけで全国の塗装業者数は5万社増加したと言われています・・・

 

その中でも選りすぐりの「塗装業者さんの想い」に触れてみてください。

 

7・即決は絶対にせず、相見積もりで複数社を比較してから!

外壁塗装、屋根塗装の「費用」や「プラン」は塗装会社によって本当に様々です。
>一番安いプラン(会社)と高いプラン(会社)では100万円以上違うこともよくある話。

 

・我が家の費用相場はいくらなんだろう?
・どんな塗料が良いのだろう?
・外壁塗装はそもそも必要なのだろうか?

 

この様な疑問や悩みも、複数社から提案を受ける事で、ハッキリしてきます。

 

例え「地元の優良塗装店」がわかっていたとしても、他社と比較するだけで、業者は緊張し、費用もギリギリを提示せざるを得ません。

 

いい加減な見積もりも出しづらい等、外壁塗装業者にとっては都合が悪い事も、外壁塗装を検討されている方にとってはメリットしかありません。

 

「外壁塗装の達人で一括見積もりを行う」と言う事は、「優良業者のみ複数社から無料で見積もりをもらう」という事です。

複数業者への無料一括見積もりはこちらから出来ます!

「外壁塗装の達人」は、外壁塗装に関する相談を承る無料のサービス機関です。
中立的な立場でご回答させていただいております。

totop

Copyright©センターグローブ All Rights Reserved